【DJ小ワザ講座】初心者DJ必見!DJがスマホに入れておくべきアプリ

2020.03.07

DJをやるときに知っていたら”ちょっとだけ”便利な情報を紹介する「DJ小ワザ講座」。

現役DJの So-on が不定期的に更新中。

 

今回はDJが持っておくべきアプリを紹介します!

 

①Shazam(シャザム)/SoundHound(サウンドハウンド)

画像出典:SoundHound

曲名が分かる便利アプリ

 

このアプリは飲食店やテレビ、クラブで流れている音楽の曲名を知りたい時ってありますよね。

そんな時はShazamを立ち上げて、画面に表示されるボタンをタップするだけで、曲名を当ててくれます。

 

これはクラブで活動しているDJはほぼ全員持っているアプリです。

 

Shazamをダウンロードする

 

そしてSoundHound(サウンドハウンド)はShazamと同じ内容のアプリですが、探したい曲がShazamで見つからなかった時はこちらを立ち上げてみましょう。

Shazamでも拾える曲は多いですが、4年近く使っている感触だと、ShazamとSoundHoudは少しだけ得意分野が違うので、両方持っておくと心強い気がします。

 

SoundHoundをダウンロードする

 

スマホの容量があまり無い人はどちらか1つあれば良いと思います。

 

②音楽ストリーミングアプリ

画像出典:Onyrix / Dino Olivieri

DJをやる以上マストで入会しましょう

 

DJは「音楽をどれだけ知っているか」が重要です。

 

いまの時代は音楽もストリーミング。月額で聞き放題できるのです。

リミックスやマッシュアップの意外性も問われるので、専門のジャンルだけではなく、流行りの音楽からクラシックスまで網羅した音楽ストリーミングサービスに登録しておきましょう。

 

DJ HACKs的にオススメなのは

・Spotify

・Apple Music

・Amazon Music

・AWA

・LINE MUSIC

ぐらいでしょうか。

 

くれぐれも、Music FMのような違法で音楽をアップロードしているサービスは使わないでください。

 

③BPM Counter

タップするだけでBPMが分かる

クラブやテレビで流れている曲を聞いて「この曲のBPM、どれぐらいなんだ…」と気になって仕方なくて夜も眠れなくなることがあるでしょう(クラブで寝るのは絶対NGです)。

 

そんな時は、BPMを測ってくれるアプリを立ち上げてみましょう。

これはアプリを立ち上げて音楽のリズムに合わせて画面をタップするだけ。

完璧なBPMを出すのは難しいですが、例えばBPM128の曲なら126~130ぐらいまでの小さい誤差で分かると思います。

 

Google Play

iOS

 

 

④DJM-REC (iPhoneのみ)

DJプレイを振り返ってみよう

 

プロスポーツ選手は試合後に、自分たちの試合の映像を見て「何が良かったのか」と「何が悪かったのか」を振り返るそうです。

DJもスポーツ選手と同じように、自分のプレイを録音して、振り返ってみましょう。

 

この「DJM-REC」はPioneer DJのアプリで、DJM-900nxs2にUSBケーブルを繋ぐと音がキレイに録音できます。

DJミキサーが違う機種の場合、外部の音も入ってしまいますが、DJブースに置いてプレイしていれば十分に音を録ることができます。

 

それに、録った音声はMixcloudをはじめとしたサービスにそのまま共有もできます。

 

DJM-REC

 

⑤Mixcloud / Soundcloud

上手いDJから学ぼう

 

MixcloudとSoundcloudは必需品。

アーティストがアップした楽曲を無料で聞くことができるサービスです。

 

特にSoundcloudはオリジナル曲やリミックスが多いので、良いアーティスト、曲と出会うためには絶対持っていて欲しいツールです。

最近でも「サウンドクラウド・ラッパー」と呼ばれる、Soundcloudで人気になったことで有名になるラッパーもいるほど。

 

MixcloudはDJ MIXが多いです。人気DJも定期的にMIXを作ってアップしているので。DJとしての技術を上げておきたい場合は必須。

 

⑥KUVO

先輩から学ぼう!

KUVOではKUVO機能を利用しているクラブでその日にかかっていた曲のリストを見ることができます。

誰が、何時ごろにプレイしていたのか見れるので、選曲を見てその日のフロアの盛り上がり度合いを想像したり、繋ぎのアイデアを盗んだり、色々な用途で使えます。

 

KUVO

 

⑦Whosampled

画像出典:Pinterest

曲のご先祖様をたどるアプリ

 

音楽に詳しくなればなるほど「この曲、何かの曲をサンプリングしてる気がする…」ってなることがあるはず。

そんな時はWhosampledで探しましょう。

 

この「Whosampled」を使えば、どの曲をサンプリングしているのか、一目で分かります。

また、その曲がサンプリングされている場合もすぐ分かります。

 

※サンプリング=他の曲のメロディや歌詞の一部を引用して曲を作ること

※元ネタ=サンプリング(引用)した時の引用元の曲

 

例えばDon Diabloの「AnyTime」の「House time is any time…」のところ(34秒あたり)は

 

この部分(1分7秒あたり)をサンプリングしているという情報が載っていました!

 

⑧TuneIn Radio

世界の流行りをキャッチしよう!

 

DJは流行りの音楽をいち早くキャッチして、プレイを通じてお客さんに発信していくべきだと僕は思っています。

そのためには海外のラジオを聞いて「いまアメリカやイギリスでは何が流行っているか」を常にキャッチしておく方法がオススメです。

ラジオなら歩きながらでも聞けるし、通信容量も動画ほどはかかりません。

 

「TuneIn Radio」は無料で色々な国のラジオ局にアクセスできる便利なアプリです。

 

個人的にオススメの放送局は「.977 Today’s Hits」。

日中はひたすら最新のヒット曲とクラブでウケそうな懐メロばかり流れています。

Googleの出資も受けているサービスなので怪しさも無いです。

 

TuneIn Radio

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

もし持っていないアプリがあったら、ぜひインストールしてみてください!

 

また、DJ HACKsのLINE公式アカウントがあるので、ぜひ友だち登録を!

BABY-T さんと So-on が毎週3曲ずつピックアップして、解説付きで最新のヒット曲や注目の新曲を紹介するコーナーを毎週木曜日に配信しています。

それ以外にもイベントの招待企画や、記事リクエストなど、色々やってます。

 

友だちに追加するにはLINEのアプリを開いて

[ホーム]→[検索]で「djhacks」を入力してください!

 

もしくはこちらから↓

https://lin.ee/rLw5CN7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DJ小ワザ講座、過去の記事はこちら↓

DJ小ワザ講座