【レポート】渋谷にできた話題の新スポット、CÉ LA VI Tokyoに行ってみた!

2019.12.04

渋谷に最高級のラグジュアリースポットが登場

先日からSNSで話題になっていましたが、渋谷にレストランとクラブを複合させたナイトスポット「CÉ LA VI Tokyo」が2019年12月5日(木)にオープンします。

今回はshibuya mag編集長 So-on がオープン前のレセプションパーティで一足早く雰囲気を体感してきたので、どこよりも早くレポートしたいと思います!

 

CÉ LA VI Tokyoとは

シンガポールの超人気ラグジュアリースポットが日本に!

シンガポールにあるアジア有数の複合施設、マリーナベイ・サンズは世界中の旅好きが一度は訪れてみたいスポット。その最上階に構えるルーフトップバー、CÉ LA VI(セラヴィ)はマリーナ・ベイ越しにアジアの夜景を眺めることができます。CÉ LA VIでは最上級の音楽と最上級の料理、カクテルが提供され、シンガポールに訪れた世界中のセレブが足を運んでいます。

CÉ LA VIはこのシンガポールの他にも香港、台湾、さらにはフランスなどにも展開されています。アジア最大のナイトスポットブランドになっています。

 

最近ではニューヨークからはじまりラスベガス、ロサンゼルスに展開される「1OAK」グループがアジア初となる「1OAK TOKYO」を六本木にオープンし話題になりましたが、それのアジア版というイメージで良いでしょう。

 

渋谷の新スポット「渋谷フクラス」に参入

 

この投稿をInstagramで見る

 

CÉ LA VI Tokyo(@celavitokyo)がシェアした投稿

 

「CÉ LA VI Tokyo」は2019年12月5日にオープンする「渋谷フクラス」の17、18階に出店します。「渋谷フクラス」は、高さ103メートルを誇り、地下4階、地上18階のフロアで構成されています。

「渋谷フクラス」には空港リムジンバスも乗り入れるバスターミナルを設置するため、これまで工事規制や各路線バスの横断で混沌としていた渋谷駅西口前が少し快適になります。

 

CÉ LA VI Tokyoのレセプションパーティに潜入して来た!

12月5日(木)のCÉ LA VI Tokyoのグランドオープンに先駆けて、レセプションパーティにshibuya magチームで出席してきました。ドキドキしながら2階で受付を済ませ、直結のエレベーターで17階に上がると……

入った瞬間に広がるラグジュアリー感

エントランスを通るとバーカウンターを通り抜けて、すぐルーフトップテラスに出ます。CÉ LA VI Tokyo に入った第一印象は「非日常感」の一言。自分の目に映る、何もかも高級感のあるこの空間は本当に渋谷なのか。それを疑うほどの世界でした。

普段はストリート系のラフな服装でいることが多い筆者ですが、この日はたまたまビジネスカジュアル寄りの服装だったのでギリ浮きませんでした。もしスウェットパンツにパーカーで来てたら、と想像するだけでゾッとしました(笑)。

シンガポールのCÉ LA VIの様子を見たところ、女性はドレススタイル、男性はボタンシャツなどカジュアルな感じだけど少しだけカチッとした服装で来た方が良さそうです。

こちらがシンガポールのCÉ LA VIの様子。

 

「シブニワ」の開放感がハンパない!

CÉ LA VIはスカイバーとレストランを併設した「RESTAURANT & SKY BAR」や「CLUB LOUNGE」、カフェの「BAO」屋根の下で夜景を眺めながらチルできるエリアなど、様々なが展開されています。

特に目を引いたのが「シブニワ」と呼ばれる、17,18階のルーフトップフロア。ハンモックやソファが置かれているので、お酒を飲みながらゆっくり過ごすにはピッタリかもしれません。

 

もはやどこから撮ってもインスタ映えの最強空間

「CÉ LA VI Tokyo」は17,18階の高層ビルなので、渋谷の景色を一望することができます。さらにとてもキレイな内装なので、どこを撮ってもインスタ映え。ルーフトップからの景色を見るためだけでも、一度は来た方がいいと思います。

この絶景を前に紳士は美女を連れてシャンパングラスを片手に「この渋谷の景色と君に乾杯」なんて言ったりするんでしょうか。

 

クラブラウンジは本格サウンド

「シブニワ」の奥には「CLUB LOUNGE」の看板が掲げられた空間があります。この「CLUB LOUNGE」のドアをくぐって中に入ると、本格的なサウンドのダンスフロアが視界に広がります。

 

フロアはVIP用のエリアが大きく、踊るスペースはそこまで大きくありません。オープンからクローズまでひたすら音楽で踊り明かす、というよりはお酒や会話を楽しむことがメインになるようなイメージです。

ここでは選りすぐりのDJがラグジュアリー感を演出する音楽を選曲しています。ちなみにオープニングウィークの12月5日(木)は AMIAYA、6日(金)は人気ラッパーユニット AYO & TEO 、7日(土)ソウルから DJ Soulscape が登場します。

 

結論:渋谷に究極のラグジュアリー空間ができたことに感動

 

ここまで「CÉ LA VI Tokyo」の中の様子をレポートしてきましたが、渋谷にここまでのラグジュアリーな空間ができたのかという感動と、完璧な非日常感に心が浮き足立つような、不思議な体験ができました。クラブとしてもバーとしても敷地もかなり広いので、季節ごとに様々なコンテンツが展開されて楽しめると思います。

これからどうなるかとても楽しみです。12月5日(木)にグランドオープンなのでみなさんもぜひ、一度足を運んでみてください!

 

店舗名 CÉ LA VI Tokyo
住所 東京都渋谷区道玄坂1-2-3東急プラザ渋谷17階・18階
[Google Map]
営業時間 BAO by CÉ LA VI     11:00~29:00(FOOD L.O.28:00/DRINK L.O.28:30)
CÉ LA VI CLUB LOUNGE 18:00~29:00(FOOD L.O.28:00/DRINK L.O.28:30)
CÉ LA VI RESTAURANT & SKY BAR
・LUNCH 11:00~15:00(L.O.14:30)
・CAFE  15:00~17:00(L.O.16:30)
・DINNER 17:00~24:00(FOOD L.O.23:00/DRINK L.O.23:30)
ホームページ celavi.com/en/tokyo/