TOP > クラブミュージック > Boseのワイヤレススピーカー「SoundTouch 10」が我が家に来てから生活が楽しくなった

2017.01.12(Thu) DJ SHOTA クラブミュージック

Boseのワイヤレススピーカー「SoundTouch 10」が我が家に来てから生活が楽しくなった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

音楽が大好きなすべての読者さんにプレゼンしたい、“音楽生活必需品”をご紹介したいと思います!
今話題のBoseのインターネット対応ワイヤレススピーカー「SoundTouch 10」をもらったので、使ってみた実際の感想をまとめてみました。

bose_1

Boseのワイヤレススピーカー「SoundTouch 10」

20161215-1e6a3335

1.) 音質がいい!

音響機器メーカー”Bose (ボーズ)”は、ほとんどの読者の方が知っているのではないでしょうか?というくらい、世界的に有名なブランドですね。
ぼく (現在25歳) の両親世代にとっては、「Boseのスピーカーを自分の愛車に積むことこそが、若者のステータスだった」と聞いています (両親談です)。

誰が聴いてもわかるクリアな音質、音の拡がり

「SoundTouch 10」で実際に音楽を再生してみると、普段聴いている時よりも圧倒的に奥行きがあるように聴こえました!
「ではどのくらい高音質なのか?」を説明するのは難しいですが、”誰が聴いてもわかる”という言い方をここではしたいと思います。
“百聞は一見にしかず”ではないですが、ぜひこの臨場感・立体感のある迫力満点のサウンドをまずは体感してほしい!

2.) どこでも聴ける!

スマホでコントロールできて、外にも持ち運べるBluetooth対応のワイヤレススピーカーが今流行っていますが、

「別にスピーカーを外に持っていくことはないし、自宅でいい音で音楽聴きたいなー」

って方に一番ぴったりなのが、この「SoundTouch 10」なんです。
(※もちろん外に持って行こうと思えば持っていくこともできます)

20161215-1e6a3352

大きさはこのくらい!

コンパクトでありながら、小さすぎない!美しいデザイン。
一番ちょうどいいバランスを保っているなと思います。

自宅にお部屋が複数ある場合でも、どこにでも持って行けますし、好きな場所に置いてBluetoothでコントロールできます。
リビングで聴いてたけど寝る前は寝室に持って行って、ベッドに入りながらスマホで操作して曲を選べる、なんてことも可能なわけです!

3.) 曲を選びやすい!

2016年、音楽業界のニュースとして特に話題に上がったのが、世界最大級の音楽ストリーミングサービス「Spotify (スポティファイ)」の日本上陸でしたね。
9月末にやっと日本でのサービスが開始され、その後日本でもSpotifyユーザーが増え続けています。

このような状況を受けて、Boseの「SoundTouch 10」はSpotifyと連携できるようにアップデートされました!

まずは専用のスマホアプリ「SoundTouch Controller」をダウンロードし、基本的にはこのアプリでいろんな操作をします。
アプリ上に表示されたSpotifyのアイコンを押すと、Spotifyが管理する膨大な数の楽曲が出てきて、検索することが可能に。
自分の好きな楽曲やアルバム、プレイリストを選択して、1〜6までの番号に割り振られた場所にドラッグ&ドロップすると…登録されます!

20161215-1e6a3351

そして今度は実際に「SoundTouch 10」の天面にあるボタン1〜6を押してみると、先ほど登録された楽曲やアルバム・プレイリストが読み込まれ再生されるのです!

なんて便利な時代なんだ!!笑
自分の好きな楽曲だけを集めたプレイリストをつくって登録しておけば、スマホを使わなくてもボタン1つで好きな曲メドレーを聴くことができます。

Spotifyと連携していると言いましたが、もちろんSpotifyを使わない方も楽しめます。
他のストリーミングサービスやiTunesなどを使って聴きたい方でも、一般的なBluetoothスピーカーとしてお使いいただけます。
連携するSpotifyのプレイリストをあらかじめ登録しておけば、スマホを使わなくても天面の読み込みボタンを押すだけで、音楽を再生することができるというわけです。

今後はSpotify以外のサービスとの連携も目指して動いているみたいで、どんどん便利になっていきそうです。

DJ目線から見て、オススメしたい理由

20161215-1e6a3349

ここまでは、一般的にオススメされている理由をご紹介してきました。
さあ今度は、“DJ HACKs的にオススメしたい理由”に迫っていきたいと思います!

1.) 音楽を聴く・チェックする習慣がつく!

以前DJ HACKsで、アメリカのロサンゼルスに遊びに行った時の話をしました。

簡単に言うと、LAの人はどこに行くにも車を使い、車で音楽を聴く習慣があるという話でした。
(実際ぼくも空港近くでレンタカーを借りてあちこち回ってました)

車に乗ったらエンジンをかけてとりあえずラジオを流し、HIPHOPや今流行りの曲を聴くんですね。
LAの人たちは音楽が詳しかったり、そこまで音楽にこだわりがなくても最新のヒットチャートくらいはおさえてたりする人が当たり前のように多い!
その理由の一つとして、LA=車社会で、車に乗る時間が長い分、車内でラジオを聴くからなんだと気付きました (何回も同じ曲が流れてくるから嫌でも覚える笑)。

少し話がそれましたが、「SoundTouch 10」を使うようになると同じようなことが起こりそうだなと思いました!

自分の知らなかった音楽に触れるようになった

自分の好きな楽曲だけを選んだプレイリストをずーっと聴いていると…だんだん飽きてきます。笑
新鮮さがほしくて、「なんかいい曲他にないかなー」と思うようになります。

いちいち楽曲を選ぶのがめんどくさい方は、とりあえず世界の最新ヒットチャートやよさげなプレイリストを選んで垂れ流すのが一番!
すると、ランダムで流れてきた今まで知らなかった曲が自分のお気に入りになったり、「世界で今ヒットしている曲はこういうのなんだなー」とわかったりしますよね。

「HIPHOPって世界では人気みたいだけど、よさがいまいちわからないんだよね…」という方も、ビルボードチャートを1位からずっと聴いているとHIPHOPに慣れてくると思います!(自分がそうでした)
しかも音質のいいスピーカーで聴くと、HIPHOP特有の重低音がクリアに出るので、イヤホンで聴くのと全然ちがうように聴こえますからね

「SoundTouch 10」は家で気軽に音楽を再生できるので、音楽を聴く習慣、そして新しい音楽をチェックする習慣が勝手につくと思います。
その習慣がつくとさらに音楽の世界にのめり込むようになり、人生がもっと楽しくなるはず!

2.) いろんな音楽に触れられる→フェスやクラブが楽しくなる!

音楽を聴く習慣がつくと、フェスやクラブも楽しくなると思うのです!

音質のクリアな「SoundTouch 10」で普段から音楽を聴いていると、「さらにいい音響で音楽を聴きたい…!!」と思うようになるかもしれませんね。
そうなったら、家から飛び出してぜひフェスやクラブに足を運んでみてください。

またフェスやクラブによく行っている方も家で普段からいろんな音楽を聴いていると、フェスやクラブで耳なじみの曲がよく流れるようになるので、さらに楽しくなると思います!
いろんな音楽と言っても、ビルボードなどのヒットチャートをおさえておくだけで大丈夫。フェスやクラブの楽しみ方がきっと変わるはずです!

「フェスで聴いたあの曲が忘れられない…曲名何だったんだろう、アーティストは誰だったんだろう」
と一期一会で終わってしまっていた曲も、普段から家で聴いている中でいきなりランダムで流れてくることがあるかもしれない!

家でいろんな音楽を聴くようになると、流行りの音楽など詳しくなります。
詳しくなるとフェスやクラブに行った時に知っている曲が流れるようになり、さらに楽しくなる!という流れを可能にさせてくれるわけです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
Bose社さんから「SoundTouch 10 Speaker」をいただき、実際に使ってみました。
最近ぼくの周りでもこれと同じものを持っているという友達が何人かいて (特に女の子が多いかな?)、以前から気になってはいたんですよね。

“一度使うとやめられない”とはこのことで、現在では”生活必需品”の域にまで達しています!笑
通勤・通学時にイヤホンで音楽を聴いている人は多く見られますが、家でも簡単に音楽が聴けるといいですよね。
それも高音質で聴くことができ、いろんな音楽と触れ合えるようになる。

当サイト「DJ HACKs」もいろんな音楽と触れ合える機会をつくりたいと思って始めたこともあり、このワイヤレススピーカーを使ってみて、ぜひ皆さんにオススメしたいなと思いました。
新しい音楽との出会いや、音楽を探求していくワクワクは人生を豊かにすると思っています!

Spotifyをはじめ、今までの音楽の常識を変えてしまうストリーミングサービスらが台頭してきましたが、”それをどうやって聴くか?”のところまで踏み込んで考えたいですね!
イヤホンだけで音楽を聴いている方には、ぜひこのワイヤレススピーカーの迫力満点のサウンドを一度体感してみてほしい。

「SoundTouch 10」がもたらすライフスタイルが、多くの音楽ファンの人生を楽しくさせるとぼくは思っています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事