TOP > クラブミュージック > 有名海外サイトが膨大なデータを分析して発表した世界のDJランキングがおもしろい!<2016年版>

2017.01.19(Thu) DJ SHOTA クラブミュージック

有名海外サイトが膨大なデータを分析して発表した世界のDJランキングがおもしろい!<2016年版>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外トップDJたちのトラックリストを掲載している海外サイト「1001 Tracklists」が、2016年のDJ・プロデューサーランキングを発表しました!
みなさんおなじみの「DJ MAG」のランキングはファンの人気投票によるものでした。
一方こちらのDJランキングでは膨大なトラックリストのデータを分析してどのプロデューサーが支持されているのかを科学的に算出しています。

1001 Tracklistsが発表した10人のプロデューサーは一体どんな顔ぶれなのでしょうか?
DJ MAG ランキングと比較してみてもおもしろいかもしれませんね。

1001tracklist_2016

1001 Tracklistsって?

1001Tracklists ⋅ The World s Leading DJ Tracklist Database ⋅ The Meaning Behind The Music

1001 Tracklists: The world’s leading DJ tracklist database ♫ Best mixes + livesets from clubs and festivals ♫ Hot EDM songs, fresh charts, DJ news & more.

1001 Tracklistsは、DJが世界のフェスやクラブでプレイしたトラックリストやネット上で公開したミックスなどのトラックリストをデータベース化して掲載している海外のウェブサイトです。
ぼくたちユーザーは無料でその膨大なトラックリストにアクセスすることができます!
(ダンスミュージックに詳しいファンが好意的にトラックリストを載せているおかげ)

たとえば、「ULTRA JAPAN 2016でMartin Garrixがあの曲の前にプレイしていた曲って何ていう名前なんだろう?」って思ったとしますよね。
そしたらすぐに1001 Tracklistsのサイトにいって、アーティスト名で”Martin Garrix”を検索。
するとそのアーティストのトラックリストがたくさん出てくるので、”ULTRA JAPAN 2016″をクリックするだけ。

1001 Tracklsitsを見れば、自分の気になっていた曲が簡単に探せてしまうんです!
(その場でShazamして出なかったら、あとで1001 Tracklistsを見てみましょう)

あとは、フェスやクラブなどで海外アーティストが来日する際、「予習のためにどんな曲が流れるのか知りたい!」ってときも便利!
最近そのアーティストが行ったフェスやクラブでのトラックリストを見たらだいたい傾向がつかめます。

1001 Tracklistsのランキングはデータに基づいている!

そんな1001 Tracklistsが、2016年のトップDJ・プロデューサー10人をランキング形式で発表しました!
気になる評価基準は、膨大なトラックリストのデータベースを対象に、”リリースした楽曲がどれだけ他のプロデューサーにサポートされているか“です。

有名DJじゃなくても他のDJたちに楽曲を使われていたら上位に上がってくるし、逆に有名DJでも他のDJたちに楽曲を使ってもらえなかったらこのランキングには入れない、なんてこともあるということです。

ファンの人気投票による「DJ MAG」のDJランキングもひとつの指標ですが、膨大なデータを分析した上で選出しているという点で1001 TracklistsのDJランキングもまたちがった観点からの指標になると思っています。
さっそく見てみましょう!

1001Tracklistsが選ぶ!2016年のトップDJ・プロデューサー

1位: Skrillex

20_skrillex-headshot

出典:
DJ MAG

DJサポート: 1673

サポートされた曲1位: VIP’s

DJサポート: 154

Skrillexの楽曲の中で一番サポートされていた『VIP’s』は、2016年もっともサポートされた楽曲ランキングでも5位に入るほど人気!

サポートされた曲2位: Jungle Bae

DJサポート: 94

サポートされた曲3位: Purple Lamborghini

DJサポート: 82

2位: Axwell

axwell_2016

出典:billboard

DJサポート: 1455

サポートされた曲1位: Barricade

DJサポート: 160

サポートされた曲2位: Mantra (Axwell Cut)

DJサポート: 130

サポートされた曲3位: Belong (Axwell & Years Remode)

DJサポート: 85

3位: Hardwell

20_hardwell

出典: DJ MAG

DJサポート: 1368

サポートされた曲1位: Blackout

DJサポート: 78

サポートされた曲2位: Going Crazy

DJサポート: 73

サポートされた曲3位: Live The Night

DJサポート: 69

4位: Diplo

20_diplo-suit

出典: DJ MAG

DJサポート: 1235

サポートされた曲1位: Jungle Bae

DJサポート: 94

サポートされた曲2位: Lean On

DJサポート: 58

サポートされた曲3位: Believer

DJサポート: 49

5位: Tiesto

20_tiesto

出典: DJ MAG

DJサポート: 1175

サポートされた曲1位: Making Me Dizzy

DJサポート: 75

サポートされた曲2位: Get Down

DJサポート: 70

サポートされた曲3位: What You’re Waiting For

DJサポート: 69

6位: Kryder

kryder

出典:nightout.com

DJサポート: 1136

サポートされた曲1位: La Luna

DJサポート: 124

サポートされた曲2位: Crocodile Tears

DJサポート: 119

サポートされた曲3位: The Chant

DJサポート: 96

7位: Don Diablo

20_don-diablo

出典: DJ MAG

DJサポート: 1126

サポートされた曲1位: Cutting Shapes

DJサポート: 126

サポートされた曲2位: Tonight

DJサポート: 104

サポートされた曲3位: Good Grief (Don Diablo Remix)

DJサポート: 81

8位: Oliver Heldens

20_oliverheldens_7578-copy

出典: DJ MAG

DJサポート: 1095

サポートされた曲1位: Waiting

DJサポート: 159

サポートされた曲2位: WTF

DJサポート: 110

サポートされた曲3位: Space Sheep

DJサポート: 95

9位: Sebastian Ingrosso

sebastian-ingrosso-press-billboard-650

出典:billboard

DJサポート: 1044

サポートされた曲1位: Dark River

DJサポート: 121

サポートされた曲2位: Dream Bigger

DJサポート: 72

サポートされた曲3位: FLAGS!

DJサポート: 67

10位: Eric Prydz

eric-prydz-624x420-1349982567

出典:globaldanceelectronic.com

DJサポート: 943

サポートされた曲1位: In The Reds

DJサポート: 57

サポートされた曲2位: Last Dragon

DJサポート: 46

サポートされた曲3位: Opus

DJサポート: 38

11位〜100位のDJ・プロデューサー

11位: Chocolate Puma
12位: Quintino
13位: CID
14位: W&W
15位: R3hab
16位: Headhunterz
17位: Sander Van Doorn
18位: KSHMR
19位: DJ Snake
20位: MOTi
21位: Armin Van Buuren
22位: Martin Garrix
23位: Promise Land
24位: GTA
25位: Dannic
26位: Jauz
27位: Tom Staar
28位: Dimitri Vegas & Like Mike
29位: Daddy’s Groove
30位: Afrojack
31位: Ummet Ozcan
32位: NGHTMRE
33位: Wiwek
34位: twoloud
35位: Laidback Luke
36位: EDX
37位: Lucas & Steve
38位: Dillon Francis
39位: Henry Fong
40位: Calvin Harris
41位: Valentino Khan
42位: Nora En Pure
43位: Giuseppe Ottaviani
44位: Steve Aoki
45位: Tom Swoon
46位: Nari & Milani
47位: Merk & Kremont
48位: Blasterjaxx
49位: Tujamo
50位: Steve Angello
51位: Walshy Fire
52位: Bassjackers
53位: Sick Individuals
54位: Firebeatz
55位: Corey James
56位: Sean Tyas
57位: Above & Beyond
58位: Eddie Thoneick
59位: Gregor Salto
60位: Arty
61位: Madison Mars
62位: Maor Levi
63位: Tom & Jame
64位: Alesso
65位: Jillionaire
66位: Dave Winnel
67位: DBSTF
67位: Olly James
69位: Robbie Rivera
70位: Jewelz & Sparks
71位: D.O.D
71位: Fedde Le Grand
73位: Jay Hardway
74位: Bruce Karlsson
74位: Mark Knight
76位: Nicky Romero
76位: CamelPhat
78位: Mike Williams
79位: DubVision
79位: John O’Callaghan
81位: Curbi
82位: Noisecontrollers
83位: Florian Picasso
84位: Jerome Isma-Ae
85位: Riva Starr
86位: Datsik
87位: Tom Tyger
87位: TJR
89位: Ferry Corsten
89位: Flosstradamus
89位: AutoErotique
92位: Alex M.O.R.P.H.
93位: Galantis
94位: Chris Lake
95位: Will Atkinson
96位: Thrid Party
97位: David Guetta
98位: Yellow Claw
99位: The Cube Guys
100位: Michael Calfan

まとめ

いかがでしたでしょうか?
DJ MAGのランキングとはだいぶ顔ぶれがちがう、おもしろい結果になりましたね!

“DJ MAGのランキングには載っていなかったけど100位以内に入ってもおかしくないアーティスト”がたくさんいました。
曲がどれだけ売れたかや、どれだけファンがいるかよりも、どれだけ他のアーティストによってかけられたかがベースなので、より実力主義的な面が顕著に出るようなランキングになりました。

またおもしろいのが、Galantisのように『No Money』などの特大ヒットがあってもランキングが後ろの方になっているアーティストもいます。
考えられる理由としては、”マッシュアップでかけるDJは多かったけど原曲ではあまりプレイされなかった”、とかですかね?
あとは曲数も大事で、上位にランクインしているアーティストたちはロングヒットしている曲が多いですね。

みなさんの好きなアーティストは入っていましたか?
「AviciiやZeddがいない!」という声がありそうですが、そういえばフェスでAviciiやZeddの曲って全然聴きませんよね?
マネージメントの関係で、他のDJはかけちゃいけないとかあるんでしょうか。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事