TOP > クラブミュージック > EDMおすすめ曲 > 【毎週更新】現役DJが紹介する最新おすすめEDM【2017年上半期版】

2017.02.18(Sat) DJ SHOTA EDMおすすめ曲

【毎週更新】現役DJが紹介する最新おすすめEDM【2017年上半期版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EDMの最新情報を探しているEDMファンの皆さんのために、最新情報を毎週更新するコーナーです。
東京のクラブ・フェスで現役で活動しているDJが、「今週のおすすめEDM」を10曲ずつお伝えしていきます。

これを毎週チェックしている読者の方は、最新のトレンドもばっちし、音楽がさらに好きになることまちがいなし!
*昨今の”EDM”の定義があいまいなため、このコーナーでは”EDM”に捉われない幅広いダンスミュージックをご紹介していきます。

EDM_DJHACKS_2017

今週のおすすめEDM (2017/2/18 – 2/24)

1.) It Ain’t Me

アーティスト: Kygo & Selena Gomez
リリース日: 2017/2/17

カイゴとセレーナ・ゴメスという2大スターのビッグコラボで現在大きく話題となっている1曲!
まだ年は明けたばかりですが、まちがいなく2017年を代表する曲になるでしょう。
映画「Fifty Shades Darker」のサウンドトラックになるみたいですね。

セレーナ・ゴメスのイケイケ具合がすごい、、、と思いきやカイゴのプレイボーイ具合も伺えますね笑

2.) Rich Boy

アーティスト: Galantis
リリース日: 2017/2/17

エド・シーランの最新大ヒット曲『Shape Of You』のリミックスが大プッシュされ始めた中、さらに新曲を立て続けにリリースしてきました!
今回の新曲はいつも通りのアッパーなメロディック・ハウスではなく、BPM 110あたりのポップテイスト。
ギャランティスの曲によく入っている「Hey!」というこどもの声のシャウトを聴くと、なんだかギャランティスっぽいなってなります (あの声のサンプルがほしい笑)。

実はギャランティスの2人はアラフォーです (40歳・37歳)。

3.) In Your Arms

アーティスト: NERVO
リリース日: 2017/2/10

「Where Are U Now」を連想してしまうこの曲はナーヴォの最新曲です。
ナーヴォ、こういう美メロ系もやるんですね〜とてもエモーショナルで心地いい!

ナーヴォの2人が同じヘアウィグをすると、やっぱり双子姉妹なんだよなーって改めて思いますね笑

NERVOさん(@nervomusic)がシェアした投稿

4.) Hit The Road Jack

アーティスト: Throttle
リリース日: 2017/2/6

母親の影響でディスコ・オールドスクールネタが大好きなスロットル、Earth Wind & Fireの往年のダンスナンバー『September』のリミックスが大ヒットしたことでもおなじみ。
今度はレイ・チャールズの『Hit The Road Jack』を大胆にサンプリング!踊れるハウスに仕立ててきています、ナイスワーク!!

Throttle青年、見た目がまじでハリーポッター!

Throttleさん(@throttle)がシェアした投稿

5.) I Feel It All

アーティスト: Stadiumx & Dzasko
リリース日: 2017/3/10

来日公演を終えたばかりのニッキー・ロメロが今年も3月にEP「Nicky Romero presents Protocol Miami 2017」をリリースします!
マイアミ・ミュージック・ウィークではいろいろなレーベルがパーティーを開いたり、EPを出したりするので一段とたのしみですね。
一通り聴きましたが、一番気に入ったこの曲をご紹介!早くフルバージョンが聴きたい。

超満員の新木場アゲハ!!

6.) Warrior

アーティスト: Steve James feat. LIGHTS
リリース日: 2017/2/3

thatoneblondkidsというビデオメーカー/カメラマンがつくったミュージックビデオなんですが、ぼくは彼のつくる映像が大好きでもちろんフォローしているので曲は正直二の次でした笑
けどやはり砂漠での映像がかっこいいからか、曲もすごくよく聴こえてくる!(実際いい曲です笑)

thatoneblondkidsはInstagramですばらしい動画を多く公開しているので、ぜひフォローしてみてください!
(ちなみにThe Chainsmokersと仲が良くて、『Closer』のリリックビデオのドローンの映像は彼が撮っています)

7.) Love Me Now (Ben Dooks’ SDP Bootleg)

アーティスト: John Legend
リリース日: 2017/2/14

バレンタインデーにSoundcloud上で公開された2016年最大のラブソングのピアノ・ハウスアレンジバージョン!
「ぼくがいなくなったら誰がキミにキスをするんだろう、一緒にいられる今キミを愛すよ」という歌詞が結構好きです。

特にこちらの原曲のミュージックビデオを見るとジーンとします。
愛する妻・夫・こども・ペットのわんちゃんなどなど、日頃から大事にしなきゃだめですね。

8.) Say You Won’t Let Go (Kastra & Buzzmeisters Remix)

アーティスト: James Arthur
リリース日: 2017/2/16

Kastra & Buzzmeistersのコンビは今年に入って、エド・シーランの『Castle On The Hill』のキャッチーなフューチャーバウンスのリミックスを手がけました。
このリミックスがですね、いかにも日本のオールミックスなクラブと相性よさそうだなーと思ってぼくはかけ続けています!
そしたら今度は2016年最高のバラード「Say You Won’t Let Go」のフューチャーベースなリミックスを発表してきて、これまたキャッチーでいい感じ。

ヒット曲のリミックスをつくり続けていると名前が覚えられやすいっていうのはありますよね。もっとやってくれ。

あのりゅうちぇるが出演する日本版のミュージックビデオもありますよ!

9.) My World

アーティスト: Disco Fries feat. Dee Roze
リリース日: 2017/1/19

最近イケてる良曲ばかりリリースしているMixmash RecordsのDEEP部門「Mixmash Deep」。
Mixmashといえば、レイドバック・ルークが主宰しているレーベルですね!
この曲を制作したディスコ・フライズってこういうハウスつくるイメージなかったんですが (プログレのイメージ?)、とんでもないクールな曲を出してきました!
ヴォーカルがちょっとサム・スミスにも聴こえる気が!

ディスコ・フライズによる、新手のドナルド・トランプいじり笑笑

10.) Savage

アーティスト: KUURO
リリース日: 2017/1/20

久々に「かっこいいな!」って思うベースハウスが登場しました!
ビートがだいぶ走っているので躍動感をフロアで感じられそうです。

この楽曲のリリース元のレーベル「Monstarcat」は、Tomorrowlandで1つのステージを構えるようです!

今週のおすすめEDM (2017/2/4 – 2/10)

1.) Paris

アーティスト名: The Chainsmokers
リリース日: 2017/1/13

2016年大ブレイクを見せたThe Chainsmokersの2017年1発目のリリースは『Paris』。
ポップで最高にいい曲ですが、同時にもはやクラブやフェスでかかることを完全に意識しなくなったようにも思えます笑
メンバーのドリューは完全にシンガーを目指してますね (業界では賛否両論あるみたいですが…)

リリックビデオはおなじみのRory Kramerが手がけ、出演はInstagramで人気の女性モデル・Alexis Renという豪華コンビ!

クラブでかけるときはこちらのブートレグがおすすめ!Soundcloudでフリーダウンロードです。

2.) Scared To Be Lonely

アーティスト名: Martin Garrix & Dua Lipa
リリース日: 2017/1/26

マーティン・ギャリックスの2017年一発目『Scared To Be Lonely』は、『In The Name Of Love』と同様のFuture Bassテイスト!
Dua Lipaっていう女性シンガーは最近レゲエ・ダンスホールのスターシンガー・Sean Paul (ショーン・ポール) と一緒にリリースをしていて、これから押し出されていくんだろうなという感じがします。
これまたDJにとってクラブではなかなかかけられなさそう?だけどビルボードチャートには入りそう!

3.) Castle On The Hill (Kastra & Buzzmeisters Remix)

アーティスト名: Ed Sheeran
リリース日: 2017/1/20

Ed Sheeranが先日緊急来日し、日本のテレビ番組にも出演していたのでテレビで見たという方もいらっしゃるでしょう。
2017年に入り『Shape Of You』と『Castle On The Hill』の2曲新曲をリリースしたんですが、2曲同時にビルボードチャート入りしてしまう大快挙をみせました。
エド・シーラン人気はものすごい!!

クラブテイストのリミックスをご紹介しましたが、Soundcloudでフリーダウンロードできますのでゲットしてみてください!
ぼくもこの曲大好きでドローンの動画編集で使わせてもらいました。

4.) Falling

アーティスト名: Alesso
リリース日: 2017/2/3

アレッソまでこっちの路線にいくとは!!流行りに乗ってきていますね。
これまたフェスでかかるイメージはまったくない、ゆる〜い1曲ですね!
やっぱりこういう気持ちいい曲の方が売れるし人気チャートにも入るし、アーティスト的にはこっちの方がいいんですかね?

5.) Call On Me (Ryan Riback Remix)

アーティスト名: Starley
リリース日: 2016/9/23

2016年9月にリリースされた曲ですが、今年になってミュージックビデオが公開された影響もあってか、現在Spotifyのトップチャートにランクイン!
リミックスしたRyan RibackはMaroon 5の『Don’t Wanna Know』のオフィシャルリミックスも手がげたりしていて、このままメジャーアーティストのプッシュを受け続ければブレイクもありえそう!?

6.) Starving (Bali Bandits Remix)

アーティスト名: Hailee Steinfeld & Grey ft Zedd
リリース日: 2017/2/3

大人気ポップシンガーのヘイリー・スタインフェルドと、ゼッドが猛烈プッシュしている2人組グレイ、そしてフィーチャリングにゼッドという豪華メンバーによる1曲『Starving』。
もちろんビルボードチャートやSpotifyのチャートにはランクインしているのですが、このタイミングでリミックス集がリリースされました!
Future Houseシーンで定評のあるBali Banditsは最近相当いい動きしてますね〜リミックスシリーズでよく名前見るなーって思います。

同じリミックスシリーズにはゼッドも自身のSNSにあげていたKIIDAのリミックスも収録されています!かっこいい!

Zeddさん(@zedd)が投稿した動画

7.) Side To Side (Slushii Remix)

アーティスト名: Ariana Grande feat. Nicki Minaj
リリース日: 2017/2/3

スラッシーが最近出す曲がどれもエモーショナルなのでツボすぎてやばい!
アリアナ・グランデとニッキー・ミナージュの『Side To Side』をFuture Bassにアレンジしてきました。
スラッシーは今年のエレクトロックスに出てから日本でもさらに人気を集めているようですね!

8.) Coffee Can Money

アーティスト名: Borgeous & MORTEN feat. RUNAGROUND
リリース日: 2017/1/27

最近ゴーストライター疑惑がかけられ業界で話題になってしまったボージャス (楽曲を自分で作っていなかった!)。
たしかに彼の名前でリリースされている楽曲は幅広いというか、いろいろな楽曲つくれるんだなーとは思っていましたが。
逆の発想をすれば、自分で作っていなかったとしても「こういう風にしてほしい」っていうディレクション能力は高いはず (ボージャスの曲はどれも結構ツボ)。

この曲も最高じゃないですか?結局はだれが作っててもいいと思うのです。
ですが、ミュージックビデオもThe Chainsmokersのパクリなように思える!笑

9.) Quit You

アーティスト名: Lost Kings feat. Tinashe
リリース日: 2017/1/27

ロスト・キングスも最高ですね〜あまり有名なDJじゃなくてもいい曲作れればティナーシェのようなメジャーシンガーとコラボできるわけで。
フェスで目立った活躍をするだけがDJじゃないなと思わせてくれます。
日本ではこういう曲をつくるプロデューサーいるんですかね?このイスはまだだれも座ってないと思うので、だれがこの路線で名乗りを上げるのか今年はたのしみ!

10.) Baby

アーティスト名: Bakermat
リリース日: 2017/1/27

DEEP HOUSEが今年も盛り上がりそうということで、ベーカーマットの新曲をご紹介!
ハウスネタの女性ヴォーカルも最高だし、軽快なリズムでずっと踊れる1曲ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事