TOP > クラブミュージック > EDMおすすめ曲 > 【毎週更新】現役DJが紹介する最新おすすめEDM【2017年上半期版】

2017.08.12(Sat) DJ SHOTA EDMおすすめ曲

【毎週更新】現役DJが紹介する最新おすすめEDM【2017年上半期版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週のおすすめEDM (2017/2/25 – 3/2)

1.) Something Just Like This

アーティスト: The Chainsmokers & Coldplay
リリース日: 2017/2/24

The ChainsmokersとColdplayがなんとコラボ!!!(優勝)
ヴォーカルのChris Martin名義ではなく、Coldplay名義でコラボしてることがすごい。。泣
スターダムを駆け上がっていくチェインスモーカーズの躍進にはもはや感動レベルですね!

チェインスモーカーズといえば、デビューアルバム『Memories…Do Not Open』が4月7日にリリースされますね!(すでに先行予約も始まってます)

余談ですが、チェインスモーカーズといえばボックスデザインの統一ジャケットが印象的でしたが、2017年1発目リリースの『Paris』からデザインを一新!ファーストアルバムも『Paris』っぽくて、いい感じのデザインになってますね。

2.) Stay

アーティスト: Zedd & Alessia Cara
リリース日: 2017/2/24

『Closer』をはじめとしてミドルテンポなFuture Popが流行ってきてますが、ゼッドも新進気鋭のポップシンガー アレッシア・カーラとコラボして新曲をリリース!
途中のヴォーカルをディストーション加工している「stay, a minute, Just take, your time, The clock, is ticking, so stay…」のところが鳥肌もの!美しい!
時計のチクタクする音が入ってるのもおもしろいアイデアですよね、ゼッドは本当いいプロデューサーだ。

ゼッドもチェインスモーカーズみたいにビデオにも力を入れるようになってきました!ドローンにハマってますね、わかります!

Zeddさん(@zedd)がシェアした投稿

3.) Slide

アーティスト: Calvin Harris ft. Frank Ocean & Migos
リリース日: 2017/2/24

カルヴィン・ハリスの新曲はまたファンを驚かせるような曲になってます!!
まず最初に驚きなのは、フランク・オーシャンとミーゴスがフィーチャリングには入っていること!!音楽ファンからしたらブチ上がりですね。
そして曲を聴いてみると、超気持ちいいダンスポップになっているじゃないですか、、、最高すぎ。

カルヴィン・ハリスの曲はいつもオリジナリティがあって、他のプロデューサーみたいに変に流行に乗らないっていうか、自分で作り出していっている感が垣間見られますね。

最近のカルヴィン・ハリスのインスタを見ると、急にカラーグレーディング (色彩補正) にハマっているようです。
AdobeのPhotoshopやLightroomを使ってる人は「おっ!」って思いますよね笑

4.) Chasing Colors

アーティスト: Marshmello x Ookay ft. Noah Cyrus
リリース日: 2017/2/24

マシュメロとオーケイがついにコラボ!
昨年オーケイがELE TOKYOに来日出演したときにもプレイされていたと話題になっています。
この2人といえばマネージャーが一緒で、Shaliziっていうんですが、彼がかなりのやり手マネージャーのようなんです。
気づいたらマネージメントのところにTiestoも追加されてましたからね笑

アメリカを中心にでこういうインスタのショートムービー的なのが流行ってますが、このマシュメロのやつは笑いましたw

ティエストのミュージックビデオにYouTuberのヒカキンとはじめしゃちょうが出演したように、アーティストがYouTuberやインスタグラマーとコラボすることが最近多い!

5.) Good Day

アーティスト: Yellow Claw feat. DJ Snake & Elliphant
リリース日: 2017/2/24

イエロー・クローが『Ocho Cinco』以来のDJ Snakeと再びコラボ!
『Ocho Cinco』はDJ Snakeのアルバムリリースのタイミングで発表されましたが、今度はYellow ClawのアルバムにDJ Snakeが参加するという形に。
ドロップではDJ Snakeらしいヴォーカル加工が使われていて、全体的にポップで聴きやすくいい感じ!

セカンドアルバム『Los Amsterdam』をテーマにしたファッションラインが追加されているようですね!

6.) Wave Your Flag

アーティスト: Afrojack ft. Luis Fonsi
リリース日: 2017/2/24

アフロジャックの新曲もミドルテンポ!
もはや最近EDMのプロデューサーの間ではこういうゆるい系の曲を出すという流行りがありそうです。
(アゲアゲなやつはリミックスをしてくれるプロデューサーに任せる作戦)
聴いた時、「歌ってるのは幼なじみのFaisか?」と思いましたがまたちがったヴォーカリストを迎えたそうです。

アフロジャックのインスタが気づいたら初期化?されたのか、写真が3枚になってました(泣)

Afrojackさん(@afrojack)がシェアした投稿

7.) All Over Again

アーティスト: BABY-T & iamSHUM
リリース日: 2017/2/24

日本人プロデューサー、BABY-T & iamSHUM (from FUTURE BOYZ) による今風なFuture Popの新曲!

この楽曲にまつわるエピソードをお話しさせてください。実はですね、、、

このミュージックビデオは20歳の天才ビデオクリエイター Yusuke Okawa がディレクターを務め、ぼくSHOTA (別名義: Shotrok) もカラーリングで制作に加わっています!!!
この曲のデモをBABY-Tさんから初めて聴かせてもらったときに、「すげーかっこいい…これは日本でゲームチェンジャー的ななりそうだ」と思い、自分からミュージックビデオを作らせてくださいと志願。笑

一緒に映像クリエイトチームで動いているYusuke Okawaとともに撮影から編集まで行いました。

ぼくが最近思うのは、日本のクラブミュージックシーンにスターを生み出したいということ。
そのためには形から入ることが大事だと思っていて、海外のスターDJたちと同じことをやってみることだなと思いました。
最近その思いからカメラ・映像の世界も自分で勉強していて、ドローンを使って撮影したり、流行りの映像加工を施したりと新たな領域に挑戦しています。

「最近DJ HACKsの更新が減っていますが、どうなっていますか?」と読者の方から最近問い合わせが来ていますが、ぼく自身は今DJやサイト運営以外にも、曲作り・映像制作といろいろな新しいことに挑戦しています。記事更新はこれからもできるだけ多くやっていくつもりです、温かく見守っていただければと思います!

8.) Messiah (Lido Remix)

アーティスト: Alison Wonderland, M-Phazes
リリース日: 2017/2/24

リドとアリソン・ワンダーランドがコラボ曲を2曲同時リリース!

2人、絵になりますね〜!

リド名義でアリソン・ワンダーランドがリミックスしている『Crazy (Alison Wonderland Remix)』もおすすめ!

9.) Open Your Eyes

アーティスト: Sam Feldt & Hook N Sling
リリース日: 2017/2/24

ビーチを感じる夏っぽい新曲!いやー最高に気持ちいいですね。
ミュージックビデオも今風なエディットが施されていてナイスプロダクションワーク!
Sam FeldtとHook N SlingもDJ役で出演しています!

こんなに気持ちいい曲をつくるSam Feldtもクラブやフェスでは”Put Your Hands Up”系のアーティストなのでギャップがすごい!笑

10.) I Can Cast A Spell

アーティスト: Redondo
リリース日: 2017/2/24

ハウスミュージックにバッチリあう女性ヴォーカルっていますよね。
個人的に海をロケーションとしてドローンを使ったミュージックビデオの雰囲気が好きです!

2017年2月・第3週目のおすすめはこちら

次のページへ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事