TOP > クラブミュージック > 現役DJが選ぶ!感動する、泣ける切ないEDMミュージックビデオ 5選

2018.09.29(Sat) DJ SHOTA クラブミュージック

現役DJが選ぶ!感動する、泣ける切ないEDMミュージックビデオ 5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一度見たら心が揺さぶられる、脳裏に焼き付く、泣ける…そんな感動するEDMシーンのミュージックビデオをご紹介したいと思います!

泣けるEDM

現役DJが選ぶ!泣ける切ないEDMミュージックビデオ 5選

1.) Happier

アーティスト: Marshmello ft. Bastille
リリース日: 2018/8/17

このビデオをどうしても皆さんに紹介したいがために書いた記事なのです!
まずは最初から最後まで見てほしい、ぼくはこの映画みたいなPVを見てジーンときました。。
もはや音楽が入ってこない。笑
ちょうどぼくも昨年16年間一緒だった愛犬が亡くなってしまったので、より入り込んでしまったんですかね。
小さい頃のエピソードをまた世代を超えて繰り返すっていう長い時間軸がストーリーの深さを演出しているというか… (まじめか笑)

白いヘルメットをかぶったEDMシーンのアイコンにもなりつつあるMarshmello (マシュメロ) がUKの人気ロックバンド・Bastille (バスティル) とコラボした話題曲。
楽曲の構成で言うと、2バース目の終わりから3バース目にいくブリッジと呼ばれる部分が一番好き!

2.) Waiting For Love

アーティスト: Avicii
リリース日: 2015/5/22

今度は泣けるアニメーション。
『Happier』に続いて、動物系はずるいっす笑
小さい頃「フランダースの犬」を見て泣いていた方なんか、この手のビデオにはめっぽう弱いのでは?
ストーリーが戦時中っていうところと、飼い主を助けに行くところと、途中で幼い頃の思い出をはさんでくるところがもうずるい。。

今年亡くなってしまったAvicii (アヴィーチー) が遺した名曲。ビデオとともに語り継いでいきましょう!

3.) Echoes

アーティスト: Henrik B, Niklas Gustavsson, Peter Johansson
リリース日: 2013/5/20

冒頭のシーンから、アメリカの荒野の中でおじいちゃんがせつなそうな目で見つめてるんですよね (展開が気になる!)。
車で前に進んでいくにつれて歳を重ねていくというストーリー設定がおもしろい!
付き合って、結婚して、そして子どもが産まれて、時には夫婦喧嘩もあって、やがてどちらかが先にこの世から去る。
人生でだれもが起こりうるストーリーを描いていて、おじいちゃんになったらまたこのビデオを見返したいなと思ってしまうビデオでした。

EDMブーム初期から詳しい人にはおなじみだけど、実はAviciiが所属していたレーベル「PRMD」から出ている隠れ名曲なんです!

4.) Aftershock

アーティスト: Cash Cash feat. Jacquie Lee
リリース日: 2016/1/29

「あの鍵さえ渡していれば…!!」
切迫した描写がうまく描かれていて、感動というよりは悲しいけどジーンとするビデオです。
皆さんも「あの時ああしていれば、、、今とは状況が変わっていただろうな」って後悔すること何かしらありますよね?
なんか色々考えさせられてモヤモヤしてしまう、これもこれで心揺さぶられるビデオですね。

Cash Cash (キャッシュキャッシュ) って明るいポップな曲が多いイメージだけど、こういう切ない曲もいいですね!

5.) Let Me Feel

アーティスト: Nicky Romero & Vicetone ft. When We Are Wild
リリース日: 2014/10/6

病気の娘を救うために戦うお父さん。
手術にかかるお金が必要なところを、ファイトマネーで埋めようと強敵に挑みます。
最後の終わり方が謎なところが少し惜しい気もしますが、このビデオもジーンとくる!
大切な家族のために毎日頑張っているお父さん、お母さんはこのビデオを自分と重ね合わせてみてはいかがでしょうか?
毎日頑張って働いている意味を再確認できそうです。

哀愁系の泣けるEDMと言われたら、Nicky Romero (ニッキー・ロメロ) のこの曲『Let Me Feel』はマストで入ってくるでしょう!PVも最高です。

まとめ

5本のビデオをご紹介しましたが、いかがでしたか?
Storytelling (ストーリーテリング) のレベルが高くて、一度見たら忘れないような作品ばかりでしたね。
皆さんのお気に入りの泣けるミュージックビデオがあったらぜひ教えてほしいです!






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事