TOP > クラブミュージック > 夏の海で聞くのにピッタリ!ノリノリなReggaeton(レゲトン)を代表する4人のおすすめアーティスト

2014.08.18(Mon) DJKAITO クラブミュージック

夏の海で聞くのにピッタリ!ノリノリなReggaeton(レゲトン)を代表する4人のおすすめアーティスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

reggeton

DJ HACKsをご覧の皆さんこんにちは!DJ KAITOです!

みなさんReggaeton(レゲトン)はご存知ですか?今日は夏にぴったりの音楽”レゲトン“を紹介したいと思います!

レゲトンとは?

ザックリといってしまえばスペイン語のレゲエにヒップホップや、サルサ(salsa)、プレーナ(plena)等の中南米やラテン系の音楽が混ざった物ですね。
プエルトリコのクラブから世界に広まって行ったそうです。そして2004年にプエルトリコ人の母を持つラッパーのN.O.R.E.(ノリエガ)が「Oye Mi Canto」を大ヒットさせ「レゲトン」は世界的認知を得ました。

レゲトンに関して少し興味深い事を一つ紹介します、レゲトンの歌詞は過激な物も多いです、レゲトンのダンスもすごい過激です、それによりキューバでは政府直々にレゲトンが禁止されたらしいです、理由は「攻撃的で、性的でひわいな歌詞」らしいです、政府直々にお達しが来る事からもレゲトン人気の凄さがわかりますね!笑

とりあえず長々と説明してもピンと来ない人もいると思うので今からレゲトンのアーティストと、そのアーティストのお勧めのレゲトンを紹介したいと思います!

レゲトンミュージックとアーティストの紹介

とりあえず!文章で見てピンと来なくてもレゲトンを実際聞いてみましょう!「聞いた事ある!」って曲もあるかもしれませんし、聞けばハマること間違い無しです!

1. N.O.R.E(ノリ)

上記でも紹介したレゲトンを世界に発信したと言われるアーティストですね、元々はCapone-n-Noreagaで活動してたらしいんですが相方が服役になったのでソロ活動を開始したら大ヒットを連発して本格的にソロで活動する事に。

Oye Mi Canto

上記で紹介した世界にレゲトンを認知させたノリの代表曲ですザ・レゲトンなミュージックですね、強烈なベース音ですがレゲエ特有のゆったりとしたメロディーが心地いいですね。

2. Don Omar

この人もプエルトリコ出身のレゲトンを代表するアーティストです、「Danza Kuduro」や「Conteo」は映画ワイルドスピードでも使われているので知ってる人も多いと思います。

Danza Kuduro ft. Lucenzo

少しキャッチャーな感じもしますがレゲトンに分類されています

Conteo

Taboo

3. Daddy Yankee

レゲトンならこの人は外せませんね、代表曲の「Gasolina」はスペイン語ながら全米で大ヒットを記録しました。
山本”KID”徳郁さんはこの曲を登場テーマ曲にしてた時期もありますね!
また千葉ロッテマリーンズの井口資仁選手が2009、2010年のオープン戦で登場テーマ曲に「Impacto」を使用していました。

Gasolina

impacto

Daria

自分はレゲトンの中で一番この曲が好きです、強烈なベース音とキック音で凄いノレる曲ですが哀愁漂うメロディーが何とも言えない感じに引き込まれます。

Limbo

4. Shakira

世界的な歌手シャキーラは知ってる人も多いと思います、2010年のFIFAワールドカップのテーマソング「Waka Waka (This Time for Africa)」を歌っている、下でも紹介する「La tortura」や「Hips Don’t Lie」は大ヒットを記録したことや、刺激的なダンスをする事で知られています。

Hips Don’t Lie

La tortura

まとめ

みなさん最後まで記事を読んでいただきありがとうございます、今日紹介したレゲトンと言われるジャンルはどうでしたか?

日本でも少しずつ人気は出てきていますがまだまだ認知されていないません。
でも今日記事を見ていただいて興味を持った方もいると思います。
これからまだレジャーを楽しむ方々は車の中やBGMなどでレゲトンをチョイスすれば盛り上がること間違い無しです!
今日の記事をきっかけにレゲトンの世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJKAITO
高卒と同時に中国の大連に渡り18歳でDJとしてのキャリアをスタート 大学在学時は大連のNo.1インターナショナルクラブで唯一学生でレジデントを勤め、様々な国のDJと共にプレイし、枠にとらわれない幅広い選曲でフロアーにいる様々な国のオーディエンスの支持を得た異色の逆輸入DJ。 現在は日本に帰国し日本での活動の場を模索中
関連記事