TOP > クラブミュージック > ケーキを投げちゃう派手な演出が魅力的「Steve Aoki (スティーブ・アオキ)」のおすすめEDM10選

2015.03.10(Tue) DJ SHOTA クラブミュージック

ケーキを投げちゃう派手な演出が魅力的「Steve Aoki (スティーブ・アオキ)」のおすすめEDM10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界最高峰のEDMフェスで大胆かつ奇抜なパフォーマンスを見せ、世界中から愛されているカリスマEDMアーティスト「Steve Aoki (スティーヴ・アオキ)」をご紹介します。

stevaokineon

出典:SoundAndSilence

Steve Aokiって?

steveaoki2

出典:billboard

Steve Aoki (スティーブ・アオキ)は、アメリカ出身のEDMアーティストです。
1977年11月生まれの、現在37歳です。年齢のわりには見た目が若いですね!
アメリカのマイアミ生まれ、カリフォルニア育ち。
現在はロサンゼルスのハリウッドを拠点に活動しています。

スティーブ・アオキという名前を聞いて、アオキということは日本人か?と思われた方も多いと思いますが、その通りです。
両親がどちらとも日本人なので血縁的には日本人ですが、アメリカで生まれたためアメリカ国籍を持つ日系アメリカ人になります。

ケーキを投げたり、浮き輪のボートでステージダイブしたりするパフォーマンスはかなりおもしろいです。

steveaokineon3

出典:thebanginbeats

EDMシーンを盛り上げた立役者の一人であり、”THE ハイセンス”とも言えるくらいセンスの塊のようなアーティストです。

steveaokineon2

出典:boadiversao

Scratch LiveでDJをしているようですね。

steveaokiparco

出典:twitter

PARCOのポスターともコラボしちゃったり!?これが「AOKI JUMP!」です。

Steve Aokiのおすすめ代表曲

Steve Aokiの曲だけを集めた50分間のミックスをつくりました。(全19曲)
彼の魅力が伝わる内容になっていますので、ぜひチェックしてみてください。

DJ HACKs Steve Aoki Mix by DJ SHOTA by Dj Hacks on Mixcloud

それでは、Steve Aokiの代表曲10つご紹介します。

1.) Freak

世界的プロデューサーのDiplo、世界的EDMアーティストのDeorroの2人と夢のコラボを果たして生み出されたのがこの曲。
曲の中で途中Trapのジャンルが入ってきて曲の速さが変わる部分があるなど、おもしろい構成になっています。
「Let’s Get Freak, Hey!!!」はみんなで叫びたいところです。

2.) Boneless

日本にはあまり浸透していませんが、海外ではこれかけたら一番盛り上がるというくらい大人気の「Boneless」。
リズムがおもしろく、かなり耳に残りやすいですね。
このリズムにのって跳ねるようにして踊るのがこの曲の醍醐味。

3.) Rage The Night Away

ラッパーのWaka Flocka Flame (ワカ・フロッカ・フレイム) とを客演ヴォーカルに迎えた1曲。
EDMにラッパーのラップが入ること自体、かなり新しい発想ですよね。
最近は曲の中にトラップの部分を入れるなど、EDMの新しい形を模索しているような動きがみられます。

4.) Turbulence

世界的大ヒット曲「Shots」でおなじみのLil Jonを迎えてのハードエレクトロ曲が「Turbulence」。
ドロップに行くまでの高揚感と「We Are Turbulence!!!」からのドロップ部分がたまりませんね。
“The 重低音”といったイメージで、リリース時から現在までずっと愛されている1曲です。

5.) I Love It When You Cry (Moxoki)

Moxie Raiaのヴォーカルが入った、Steve AokiにしてはめずらしいポップなVocal House (ヴォーカル・ハウス)の1曲。
ミュージックビデオがすばらしいストーリーなので、別記事でも紹介しています。ぜひごらんください。

6.) Cake Face

Steve Aokiのお家芸「ケーキ投げ」がテーマの1曲です。
こんな感じでケーキを投げてるんですねーまさにクレイジーマッドネスです。笑

7.) Pursuit of Happiness (Steve Aoki Remix)

Kid Cudiの原曲をSteve Aokiがリミックスした1曲で、よく彼のライブセットの中に出てきます。
ミュージックビデオのようなクレイジーなパーティーやりたいですね。笑

8.) Born To Get Wild

will.i.am (ウィル・アイアム) とのコラボで大注目の『Born To Get Wild』。
2014年9月30日にリリースしたセカンド・アルバム『Neon Future I』の中にも収録されています。

9.) Free The Madness

BPMが133という、EDMにしてはテンポが速めの1曲。
ミュージックビデオがおもしろいので、一見の価値ありです。

10.) Grindhouse (Steve Aoki Remix)

Steve Aokiが激推しのEDMアーティストデュオ「Botnek」の原曲を彼がアレンジしたリミックス。
ドロップ部分もBotnekらしさを残しつつSteve Aokiの粗い感じのゴリゴリさが出ています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
長い黒髪・ヒゲがトレードマークのスティーヴ・アオキは、フェスでのパフォーマンスが本当におもしろい。
さまざまな方面で活躍するカリスマSteve Aokiを要チェックです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事