TOP > クラブミュージック > おすすめのEDM > クラブで彼のEDMが流れない日はない!大人気「Avicii (アヴィチー)」のおすすめ代表曲10選

2014.07.25(Fri) DJ SHOTA おすすめのEDM

クラブで彼のEDMが流れない日はない!大人気「Avicii (アヴィチー)」のおすすめ代表曲10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界のDJランキングで2013年に3位、2014年に6位を獲得し、現在世界中に大旋風を巻き起こしている
若きカリスマ天才DJ・プロデューサー「Avicii (アヴィーチー)」についてご紹介します。

avicii1

DJ HACKs Avicii Mix by DJ SHOTA by Dj Hacks on Mixcloud

Aviciiとは?

Avicii (アヴィーチー) は、25歳 (1989年9月生まれ) のスウェーデン出身のDJ・プロデューサーです。
弱冠18歳にして楽曲制作を始め、現在は世界を股に掛けて絶対的な人気を誇っています。
Aviciiのつくる音楽は天才的ですばらしく、いつも驚かされます。
ジャンルでいうと、プログレッシブハウスポップスっぽいEDMが多いアーティストといったイメージでいれば間違いないです。

フェスで聴きたいEDMの王道!Progressive House (プログレッシブ・ハウス) おすすめ定番曲20選

こちらがUltra Music Festival Buenos Aires 2013のステージ映像です。

帽子うしろかぶりといえばAvicii、そして手をあげてパフォーマンスする姿が印象的!

次世代のEDMを次々にリリース!

avicii

EDMの中でも、Aviciiの曲はEDMの概念に捉われない独自の路線を貫いています。
ソウルシンガーやギタリストをフィーチャリングに入れるなど、発想が柔軟で新しいものばかり。

最近では陽気なメロディラインが魅力的なカントリー系のEDMなどなど。
POPSに近いものが多いのでなじみやすいし聴きやすい、激しくもないので聴き疲れしない。

聴いただけでこれはAviciiの曲だなとわかるものばかりです。

世界のDJランキング、2014年は6位に

avicii2

世界的に有名なDJ・クラブ専門誌「DJ Mag」が発表している世界のDJランキング「TOP 100 DJs 2014」では、第6位にランクイン。
ちなみに、2013年は3位、2012年も3位でした。3つランクを下げましたが、圧倒的な人気を誇っていることはたしかです。

2013年9月に発売されたアルバム『TRUE』が世界中で大ヒットしたため、2014年もAviciiは注目の的であり続けました。

2014年10月、初来日ツアー開催決定も健康問題でキャンセルに

avicii3

7月初旬に謎のカウントダウンとともに発表されたAviciiの初来日にして単独でのライブが開催決定。
10月11日(土)に富士急ハイランドコニファーフォレスト特設ステージにて、
10月12日(日)には、愛知県蒲郡市ラグーナビーチにて名古屋公演も決定していました。

生のAviciiが日本で見られるチャンスに、日本のAviciiファン、EDMファンは大興奮。
発表があった日、SNSではAviciiの話題でタイムラインがいっぱいになりました。

しかし、Aviciiには体調不良でUltra Music Festivalをキャンセルするなど、以前から健康問題がついてまわっていました。
その悪い予感が当たってしまい、療養に専念するという理由で2014年9月に年内のツアーを突然全部キャンセルすることを決意。
せっかく決まった来日公演も当然白紙になっていまい、日本のAviciiファンは深く悲しんだとともに彼を心配しました。

療養に専念している間も、2015年にリリース予定の新作アルバムの制作活動に取り組んでいるようです。
早く元気な姿をファンの前に見せて欲しいところです。。

それでは、Aviciiのおすすめ代表曲をご紹介していきます!

Aviciiのおすすめ曲10選

DJ HACKs Avicii Mix by DJ SHOTA by Dj Hacks on Mixcloud

1. Wake Me Up

クラブではなんといってもこの曲「Wake Me Up」の大合唱ですよね!
この曲はダンスフロアを沸かせるキラーチューンで異論はないと思います。

ソウル・シンガーのAloe Blacc (アロー・ブラック) を迎え、ギターサウンドを入れてフォークソング系のEDMに仕上がっています。
海外ではみんなで大合唱しますが、日本人は歌詞がわからない人が多いと思うので、歌詞入りのMovieを載せてみました。
このライブ感あふれる動画を見て、歌詞をある程度覚えて、これからはクラブで大合唱しちゃってください!

2. I Could Be The One (Nicktim)

Nicky Romeroとのコラボで有名なこの1曲も、海外では大合唱曲です!

Do You Think About Me When You’re All Alone?
 The Things We Used To Do We Used To Be
 I Could Be The One To Make You Feel That Way
 I Could Be The One To Set You Free

ここの部分だけでも覚えておきたいです。
夜の野外フェスで静けさのただようこの曲が流れてきたら、かなり鳥肌立ちそうですね。

今気づいたのですが、曲名のあとの「Nicktim」は、Nicky Romeroの「Nick」とAviciiの本名であるTim Bergの「Tim」から来ているっぽいですね!豆知識です。笑

3. Dear Boy

Wake Me Up」「I Could Be The One」に続き、大ヒットしている曲「Dear Boy」。
この曲がAviciiの中で一番好きって人も多いです。和音の旋律が日本人の好みにはあうらしく、大人気です。
個人的にも一番好きで、家の中でも聴きたいくらいお気に入りです。なにか懐かしさのようなものを感じてしまう1曲です。

4. Levels (ID)

『Levels』はAviciiが世界的にその名を知れ渡らせたきっかけとなった曲のひとつです。
頭に残りやすいメロディラインが特徴的で、この曲が聴こえてきたら歓声が上がることもあるくらいマスト曲です。
それにしてもこのMusic Video見てると実際にAviciiのフェスに行ってみたくなりますね!

5. Hey Brother

北イギリスから伝わるブルーグラスというアコースティックな音楽とEDMを組み合わせるという斬新な試みによって生まれた『Hey Brother』。

『Wake Me Up』ではフォークソングとEDMを組み合わせました。
昔ながらの既存の音楽と流行の最先端をいく音楽の融合を見事に成し遂げています。
これは、Aviciiがカリスマと言われる所以でもあります。
呼びかけて語りかけるような歌詞が印象的ですね。

6. You Make Me

スウェーデンのミュージシャン「Salem Al Fakir (サレム・アル・ファキール)」をフィーチャーした1曲。
Aviciiの曲はいろいろな顔がありますが、この曲はDISCOっぽいダンスナンバーに仕上がっています。
聴くだけで踊りたくなってしまう軽快なリズムがイケてますね!

この曲のおすすめRemixがあるので、あわせて紹介しておきます。
Avicii本人も自身のライブセットの中でこのRemixを入れていました!

You Make Me (Throttle Remix)

7. Lay Me Down

『You Make Me』と同じ路線でDISCOっぽいダンスミュージック『Lay Me Down』。
Adam Lambert (アダム・ランバート) と、Nile Rodgers (ナイル・ロジャース)がフィーチャーするという豪華さです。

本当にこの手のダンスアンセムはイケてますよね!これかけてるDJのセンスは好きです。
自然と体が動いてしまいます。横揺れ間違いなしのおすすめ曲です。
ジャンプする縦揺れ盛り上がり曲が続くと疲れるので、こういう曲を挟んでお客さんをコントロールできるDJがいたら惚れます。笑

8. Shame On Me

『Lay Me Down』に引き続き、世界的ギタリスト「Nile Rodgers (ナイル・ロジャース)」がフィーチャーしている曲です。
またもや、AviciiのDISCOっぽいEDMシリーズに追加されるこの1曲。
この曲はAviciiの曲の中では一番テンポが速い曲だと思います。

9. The Nights

泣けるEDMの代名詞になりつつあるこの曲。
お父さんが子供に大事なことを諭すように教える歌詞は、子供の頃を思い出すかのようで涙を誘います。
セカンド・アルバム『STORIES』に収録予定!

10. The Days

Aviciiの新曲『The Days』。
ラルフ・ローレンとタイアップし、プロモーションにこの曲が使われていました。
曲の構成を見るとわかるのですが、サビにあたるHook部分が最後に1パートしかないめずらしい構成です。
完全にポップスを意識していますね。軽快で聴きやすいメロディライン。
いつも新しいダンスミュージックを提案してくる彼のことは、もう天才としか言いようがないのです。

まとめ

Aviciiのおすすめ曲10選、いかがでしたでしょうか。

Aviciiは新たな流行を生み出し続けている若きカリスマEDMアーティストです。
まだまだ若いので、今後さらなるヒット曲がどんどん出てくるかと思うとワクワクしますね!
2015年の年明けには、新しいアルバムをリリースすることを発表しています。
次のアルバムはロック歌手やレゲエ歌手をフィーチャーした曲を用意しているのだそうです。
またもや次世代の新しいEDMが生まれる予感がぷんぷんしています。

このおすすめ10曲を覚えることができたら、クラブで誰よりも盛り上がれること間違いないでしょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事