TOP > クラブミュージック > EDM元年をふり返る!2014年EDMベストヒッツ特集

2015.01.03(Sat) BABY-T クラブミュージック

EDM元年をふり返る!2014年EDMベストヒッツ特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DJ HACKSをご覧の皆様、こんにちわ。DJ BABY-Tです。
2015年から新しくスタートするゲストライターシリーズの記念すべき第1弾を、引き受けることになりました。
今回は特別に、2014年EDMシーンの“BABY-T的総決算”を記事とさせていただきます。

BABYT_2015tan

2014年のEDMシーンふりかえり

2014年は、ここ日本でもEDMというムーブメントがだいぶ根付いたのではないかなと、個人的にも大きく実感しております。
まずはULTRAelectroxを始めとする巨大FESが、とてつもない人気を博しましたね。
それと合わせて、世界中で人気となっているランニングFES (ELECTRIC RUN / ELECTRO DASH) などでもEDMでFESシーンを楽しむ瞬間がハイライトとなっていました。

前述のelectrox、そしてELECTRIC RUNでもFESTIVAL DJとして実際PLAYさせてもらいましたが、その人気の高さを実感した次第です。
2015年も1月4日に千葉県・幕張メッセで開催されるelectroxにてPLAYさせてもらいますが、2014年以上の人気の高さが実証されることでしょう。

electricrun20152

出典:facebook

そんなわけで、2015年間違いなくその人気を加速させるであろうEDMの’BABY-T的2014年EDM総決算’を行ってみようと思います!!!

実はEDMはムーブメントの総称なので、ジャンルそのものを表す言葉ではありません。細かく話すと、PROG.HOUSE / ELECTRO HOUSE / DUBSTEP / TRAP などなどがあり、その中でもまた細かく派生している次第で。。。
ただここではそれを追求するのもちがうと思うので、みなさんにわかりやすく特別に『~系EDM』という別称をつけて説明していこうと思いますね!

BOUNCE系

DROPが投下されると同時にJUMPせざるを得ない、エナジー全開のEDMです。

バウンス系EDMを代表する有名アーティスト
▶︎ R3HAB / VINAI / DEORRO

★ Bounce Generation / TJR & VINAI ★

★ Flashlight / R3hab & Deorro ★

★ Burnin’ / Calvin Harris & R3hab ★

★ Karate / R3hab & KSHMR ★

★ How We Party / R3hab & VINAI ★

ほらどうでしょう?みんなもう踊ってません?ww

NASTY系

ShowtekUmmet Ozcanが一躍その独特なシンセリードで火をつけた、ちょっとNASTY(いい意味で下世話)で今一番ここ日本では好きな人が多いと思われるEDMですね。

ナスティ系EDMを代表する有名アーティスト
▶︎ SHOWTEK / UMMET OZCAN

★ Booyah / Showtek ft. We Are Loud & Sonny Wilson ★

★ We Like To Party / Showtek ★

★ Space Jungle (Showtek Edit) / Eva Shaw★

★ Bad / David Guetta & Showtek ft. Vassy ★

★ Overdrive / Calvin Harris & Ummet Ozcan ★

★ Raise Your Hands / Ummet Ozcan ★

かっこいいですね~~俺も大好きです!!!

王道POPS系

今のEDMシーンの火付け役達が投下するみんなで歌って踊れるEDMがこちら。やっぱこういうのがみんな一番良かったりするんだよね。w

王道ポップス系を代表する有名アーティスト
▶︎ ZEDD / AVICII / CALVIN HARRIS / DAVID GUETTA

★ Find You / Zedd ft. Matthew Koma & Miriam Bryant ★

★ The Nights / Avicii ★

★ Outside / Calvin Harris ft. Ellie Goulding ★

★ Summer / Calvin Harris ★

★ Lovers On The Sun / David Guetta ft. Sam Martin ★

2014年を代表するHITとなったCalvin Harrisの『SUMMER』に、先日リリースされたDavid Guettaのアルバムに収録されてる『S.T.O.P』なんか最高すぎて泣けました。w

HOUSE派生プログレ系

BEATPORT TOPヒット常連の少し中上級なEDMラバーの人がこぞって愛すのが確実にこの辺。
俺も大好きで、よくかけます。

ハウス派生プログレ系を代表する有名アーティスト
▶︎ AXWELL ^ INGROSSO / STEVE ANGELLO / Kryder & Tom Staar

★ Apocalypse 2014 (Kryder & Tom Staar Remix) / Arno Cost & Norman Doray ★

★ Jericho / Kryder & Tom Staar★

★ Can’t Hold Us Down / Axwell ^ Ingrosso ★

★ Salute / Sunnery James & Ryan Marciano ★

★ Feels Like Summer / Kryder & Still Young ft. Duane Harden ★

★ Tear The Roof Up / Alesso ★

この辺って、一曲全部聞いてやっと成立する感じが”音楽”って感じする。

BIG ROOM ELECTRO HOUSE系

これぞフェスの常連!!!
BIG HITが証明する、FESといえば!と想像されるようなわかりやすい展開の”THE EDM”

ビッグルーム・エレクトロハウス系を代表する有名アーティスト
▶︎ HARDWELL / AFROJACK / MARTIN GARRIX / Dimitri Vegas & Like Mike / W&W

★ Don’t Stop The Madness / Hardwell & W&W ft. Fatman Scoop ★

★ Turn Up The Speaker / Afrojack & Martin Garrix ★

★ Tremor / Dimitri Vegas & Martin Garrix & Like Mike ★

★ King Cobra & Yves V vs. Don Diablo ★

★ Big Foot / W&W ★

★ Thunder / W&W ★

EDMって感じがしますね~~~。w

泣きの哀愁系

前述のようなハードな音を作るアーティストも、メローに攻めたいときもあるもんです。
両手を広げて聴きたい、泣きのEDM

泣きの哀愁系を代表する有名アーティスト
▶︎ ALESSO /AXWELL ^ INGROSSO / AFROJACK / AVICII

★ Dare You / Hardwell ft. Matthew Koma★

★ Heroes / Alesso ft. Tove Lo ★

★ Ten Feet Tall / Afrojack ft. Wravel ★

★ Illuminate / Afrojack ft. Matthew Koma ★

★ Dear Boy ft. Avicii ★

★ Something New / Axwell ^ Ingrosoo ★

★ I Lived / OneRepublic ★

★ If I Lose Myself (Alesso Remix) / OneRepublic ★

CLUBでもFESでもラストに聞きたい、まだ終わらないで!と叫びたくなる瞬間に聴きたいですね。

お祭り騒ぎサンバ系

トライバルHOUSEにも近いEDMがこちらですね。
個人的には、BIGROOM系のEDMがCLUBで中々かけづらい中こちらのEDMは相性もいいのかな~なんてかけながら思ってる次第です。はい。

お祭り騒ぎサンバ系を代表する有名アーティスト
▶︎ Gregor Salto / WIWEK

★ Samba Do Mundo / Gregor Salto ft. Saxsymbol & Todorov★

★ On Your Mark / Gregor Salto & Wiwek ★

★ Salute / Wiwek ★

★ Ground Shake / Wiwek ft. Stush★

★ Back In The Jungle / Marco V ★

★ Devotion / Bingo Players ★

FUTURE HOUSE系

“現行HOUSE最新系EDM”がこちら。
今年の後半は完全にBOUNCE系とFUTURE HOUSE系の勢いが凄かったですね。
気持ちいいDROPとBASSが特徴の未来系EDMです。

フューチャーハウス系を代表する有名アーティスト
▶︎ OLIVER HELDENS / DON DIABLO / Tchami

★ Gecko / Oliver Heldens & Becky Hill ★

★ Koala / Oliver Heldens ★

★ Anytime / Don Diablo ★

★ Back In Time / Don Diablo ★

★ When The Beat Drops Out (Don Diablo Remix) / Marlon Roudette ★

★ Take You There (Tchami Remix) / Jack U ★

★ Go Deep (Tchami Remix) / Janet Jackson★

2015年予想!もっともくるであろうEDMは、Future House!?

BABY-T的、最も2015年に”クる”であろうEDMはHOUSE回帰の流れもあってFuture House系EDMです。耳の早い人は絶対CHECKしとくべし。

あとはとにかく個人的にもゴリ推ししてるBASS HOUSEというジャンルにも是非皆さんには注目してもらいたいんですが、これはまた今度の機会にでもお話しさせて下さい。。。

まとめ

とまぁ、こんな感じでざっくりわかりやすくまとめてみましたが、皆さんいかがでしたでしょうか??

近年のEDMはリリース量、細かい派生ジャンルなどなどまだまだ紹介しきれない程にあるので、それぞれ皆さんが好きだな~と思ったアーティストの曲から調べて、どんな人と共作してるのか、どんなタイプの曲があるのかっていうのを知っていくとよりEDMという”ムーブメント”を楽しむ事が出来ると思いますよ!!!

なお、2014年のダンスミュージック特大ヒットをドカンと10分間に90曲以上も詰め込んだメガミックスを作成しました。
こちらからご覧いただけるので、2014年をふりかえるのにお役立てください!

▶︎ Song Of The Year 2014 DANCE BEST MIX Mixed By DJ BABY-T

以上、DJ HACKsのゲストライターシリーズ第1弾「2014年EDM特集」をBABY-Tがお伝えしました。

編集後記
DJ HACKsをごらんのみなさん、DJ SHOTAです。
2015年から新しくスタートしました「ゲストライターシリーズ」、いかがでしたでしょうか?
記念すべき第1弾は、今一番ノリにノっている日本人DJのひとり、BABY-Tさんにお願いをさせていただきました。
BABY-Tさんは、28歳という若さで、全国のクラブシーンからフェスシーンまで、幅広く活躍されています。
エレクトリックランで唯一のフェスティバルDJに、burn World DJ Contestでジャパンファイナリストに。
そして、きたる日本最大級のEDMフェス「エレクトロックス」へ2年連続での出演が決定しています。
BABY-TさんのすごいところをDJ SHOTA的に3つ挙げますと、(1)DJプレイのスキルが抜群に高いこと、(2)プロ意識が誰よりも高く、スター性・カリスマ性があること、(3)DJながら、誰よりも世間に発信しているDJであること です。
3点目について言及しますと、彼のアメブロは芸能人と並ぶほどの多くのアクセスを集め、毎日ブログを更新し音楽の情報やシーンの現状を読者の皆さんに伝えています。
ダンスミュージックシーンのことを誰よりも真剣に考え、誰よりも音楽そのものを愛しているなとその姿勢を見て思わされるのです。

今回、2014年のEDMをふりかえるという大役を託させてもらいましたが、とてもわかりやすい良記事を書いていただきました。
エレクトロックスに遊びに行かれる方、またEDMファンの方は必見の記事になっています。
BABY-Tさん、ありがとうございます!!

いつも私ばかりが書いているので、知識量も多く文体も異なるゲストライターの記事は愛読者の皆さんには新鮮だったことだろうと思います。
これからも日本トップDJの方をゲストライターに招き、みなさんにダンスミュージック情報をお伝えしていきます。
次回のゲストライターシリーズをおたのしみに!!

<ゲストライター情報>

DJ BABY-T

FOLLOW
▶︎ Facebook
▶︎ Twitter
▶︎ Ameba Blog
▶︎ Youtube
▶︎ Soundcloud

BABYT_2015tan

プロフィール

彼にとって「音楽」は幼少期から常に人生で最も大切な一つの要素として存在していた。
日々に溢れるジャンルレスな音楽の粒達が必然的に彼をDJという職業へと導いていった。
自然と培われた本物の感性と持ち前のストイックな姿勢が彼の才能を爆発させるのに時間がかかるはずもなく、10代で国内外数多くのビッグアーティストと共演を果たす。

さらに20代前半には発売したMIXCDが軒並みチャートにランクインするとその人気の高さはとどまることを知らず、REMIXを担当したMATT CAB FEAT.VERBAL(m-flo)のTOUCH THE SKYがiTunesにて配信されDJ REMIXとしては異例のR&B TOP SONGランキング8位をマークするなどプロデュースワークでも実力の片鱗を見せた。

数々のステージを経験し、現在27歳の彼は年間現場数250本を超え、総数20万人の前でプレイしている現状は”今日本で最も踊らせているDJ”の1人と言えるであろう。

2014年に入り、幕張メッセで開催された日本初のEDMフェスティバル【 electrox 】 へ出演,
コカコーラ社主催【 burn WORLD DJ CONTEST 2014 】ではジャパンファイナリ スト選出、そしてこの夏注目度No.1のランニングイベント【 ELECTRIC RUN 】の出演、さらになんといっても夏木マリ演出「印象派NEO」の舞台に出演とフォロワー の話題の中心に常に彼の存在はあった。

“眩い才能で輝く新世代のカリスマ”

今や渋谷だけでなく日本を飛び越え、ハワイや台湾といった全世界に拡がり観るもの全てを魅了し続けている。
2014年今、最もオーディエンスを熱くさせるDJがBABY-Tである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
BABY-T
2014年1月に幕張メッセにて開催された日本初のEDMフェスティバル【 electrox 】への出演を筆頭に、5月に開催された【 burn WORLD DJ CONTEST 2014 】ではJAPANファイナリストへ進出、さらに夏木マリがプロデュースする舞台【印象派NEO】にて夏木マリ、西島千博ともDJとして共演するなど幅広く活動している。 さらに日本初上陸となったナイトランニングイベント【 ELECTRIC RUN 】においては20000人のクラウドを前に唯一DJとして出演を果たす。 そのスキルフルなDJテクニックでジャンルの壁を軽々と飛び越えストーリーを紡いでいくオンリーワンなプレイスタイルは、日本のみならず、ハワイや台湾といった全世界に拡がり観るもの全てを魅了し続けている。 今、最もオーディエンスを熱くさせるDJがBABY-Tである。
関連記事