TOP > クラブミュージック > hip hop,R&Bおすすめアーティスト > “チューズデイ”で大ブレイク!HIP HOP界で話題のマコネンこと「ILoveMakonnen」の人気の秘密

“チューズデイ”で大ブレイク!HIP HOP界で話題のマコネンこと「ILoveMakonnen」の人気の秘密

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HIPHOPシーンで現在話題になっているラッパー、マコネンをご存知でしょうか?
今回は、『Tuesday』というDrakeとのコラボ曲で大ブレイクした「ILoveMakonnen (アイ・ラブ・マコネン)」をご紹介します!

makonnen1

出典:TheStreetWorldIz

ILoveMakonnenとは?

makonnen2

出典:billboard

ILoveMakonnen (アイ・ラブ・マコネン)、本名はMakonnen Sheranといいます。
1989年6月13日生まれの現在25歳。

出身はアメリカのカリフォルニア州ロサンゼルスで、13歳のときにアトランタに移りました。
彼はアフリカ系アメリカ人、インディアン、アイルランド人、ベルギー人、ドイツ人、中国人の混血というめずらしいバックグラウンドの持ち主です。

彼のおばあさんはプロのオペラ歌手で、彼の音楽人生は祖母からの影響を大きく受けているそうです。
ラッパーのYoung JeezyやGucci Maneに強く惹かれ、19歳の頃に曲づくりに挑戦し始めました。
自身の曲はMySpaceというSNSにアップしていて、それが彼のキャリアのスタートでした。

マコネンの音楽キャリア

makonenn3

出典:BOI1DA

マイク・ウィルとの出会い

曲づくりを始めた2009年から3年後の2012年、アメリカの有名プロデューサーでもありラッパーでもあるMike Will Made Itと意気投合しました。
しかし、その後マイク・ウィルの方が多忙を極め、だんだん疎遠になってしまったとか。

それから2年後の2014年、再びマイク・ウィルがマコネンにアプローチし、曲制作が始まりました。
ここからマコネンのサクセスストーリーともいえる激動の2014年が始まることになります。
ソニー・デジタルというレーベルのプロデューサーを紹介されたことがきっかけで、ソニー・デジタルからサポートを受けることとなり、さっそく『Don’t Sell Molly No More』をリリース。
そこからソニー・デジタルがアトランタのほかのプロデューサーにマコネンを売り込む運びとなりました。

Miley Cyrusがインスタでシェア、いいね数はなんと21万越え

mileycyrus1

出典:TRACETV

2014年7月に、『Don’t Sell Molly No More』や『Club Goin’ Up On a Tuesday』などを収録したEP『ILoveMakonnen』をリリース。
のちにアメリカの大人気トップシンガーのMiley Cyrus (マイリー・サイラス) の目に止まり、彼女のインスタグラムでシェアされ、なんとLIKE (いいね) 数は驚愕の21万超え、、、

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事