TOP > クラブミュージック > 日本人プロデューサー・KENTA、自身5曲目となるEDM『Cyclone』をリリース

2015.04.20(Mon) DJ SHOTA クラブミュージック

日本人プロデューサー・KENTA、自身5曲目となるEDM『Cyclone』をリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京の人気クラブ「T2 SHIBUYA」を中心に活躍するDJ KENTAが自身5作目となるシングル「Cyclone」を、8月6日(木)にリリースすることを発表しました。

自身5作目となる『Cyclone』をリリース

いまや東京で一番人気を誇っているといっても過言ではないビッグクラブ「T2 SHIBUYA」。
週末は金土ともに1500人オーバーを動員する勢いのある箱として知られています。
その勢いは週末にとどまらず、平日も毎日ちがうカラーのパーティーが開催されているんです。

IMG_3137

1429369591072

月曜日の人気イベント「T2Monday」の頭を張っているのが、DJ/PRODUCERとして活躍するKENTA (ケンタ)。
週末ではない月曜日にもかかわらず、毎週800, 900人動員のモンスターパーティーをつくりあげることに成功。弱冠24歳という若さにもかかわらず、日本のクラブシーンに頭角を表しています。

1429369692054

そんな彼は、プロデューサーとしての活動も勢力的に行っています。
2015年8月6日(木)、自身5作目となるシングル『Cyclone』をリリース。

kentacyclone

彼はEDMの中でもビッグルーム系にこだわりを持っていて、フェスでアガれるような曲をリリースしています。
「ビッグルームってなに?」と疑問を持たれた方へ簡単に説明すると、曲のビルドアップ部分が壮大で迫力のあるシンセでつくられ、ドロップ部分がハードで重低音が鳴り響くエレクトロで構成されたEDMのことを言います。

EDMを種類別にご紹介している記事がありますので、「他にはどういうEDMがあるんだろう?」と気になった方はぜひ参考にしてみてください。

「EDM好き!」が口癖のみなさんへ!意外と知られていない種類別EDM
EDM元年をふり返る!2014年EDMベストヒッツ特集

そして、海外のアーティストとコラボして楽曲制作を行っているのも、先進的な取り組みだと言えるでしょう。
日本人アーティストもこれからどんどん海外のアーティスト、いや海外のビッグネームとコラボするようになってほしいものです!

KENTAの楽曲一覧

ここで、KENTAの過去にリリースされた楽曲をおさらいしておきましょう。

5th Single 『Cyclone』

4th Single 『LochNess』

3rd Single 『Hell』

2nd Single 『Jumpers』

1st Single 『Bring The House』

KENTA
世界のレーベルから楽曲をリリースし、数々の有名アーティストからサポートされているプロデューサー。
彼は現在、渋谷T2でのレギュラーDJを務めている。他にも新木場ageHa等で活躍している。

都内にとどまらず、積極的に地方に進出する等、幅広く活動している。また、ビッグルーム系EDMのプロデューサーとして2015年1月にJapaRoLLとコラボし、アメリカの大手レーベル『Peak Hour Music』からデビューシングルとなる『Bring The House』をリリース。BeatportのElectro Houseチャートのトップ63位にランクインした。
Danny Avila / Starkillers / Tony Junior / Juicy M / BL3ND / EXODUS / Sidey Samsonなど、彼の楽曲はEDMシーンの有名アーティストにサポートされている。

さらに、Bassjackes / Bright Right / Tomas Gold / ZROQ / Deniz Koyu / Jusin Prime / JapaRoLLなど、世界的有名アーティストとも共演を果たしている。

そんな彼の、魅力的な才能にこれからも目が離せない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事