TOP > クラブミュージック > Zedd本人が選んだ!彼のお気に入りの12曲って一体? 〜Zeddのルーツを知る〜

2015.05.26(Tue) DJ SHOTA クラブミュージック

Zedd本人が選んだ!彼のお気に入りの12曲って一体? 〜Zeddのルーツを知る〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年5月19日(火)にセカンドアルバム『TRUE COLORS』をリリースしたZedd (ゼッド)。
ノリにノッている彼の、”実際に好きな曲”ってどんな音楽なのか気になりませんか?
今回、Sportify上で本人が発表しているお気に入りの12曲によるプレイリストをご紹介します。

zedd12playlist2

出典:YouEDM

Zeddが選んだお気に入り曲はこちらの12曲!

zedd12playlist1

出典:YourEDM

ゼッドが、海外音楽ストリーミング配信サービス「Sportify」にてお気に入りの12曲をセレクトしたプレイリストを公開しました。
このプレイリストを聴くことで、ゼッドが普段どのような音楽が好きなのかだけでなく、曲に対してどのようなことを考えているのかも読み取ることができそうですね。
今のゼッドがどんな曲に影響を受けているのかも、何かヒントが得られそう!

1曲1曲に「なぜこの曲がお気に入りなのか。」という理由までつけて解説していますので、そちらもあわせてごらんください。

1.) One More Time

“This was the first electronic song that I ever liked. I was never into electronic music as a kid but something in this song made me fall in love with the genre — so I’m pretty thankful I heard this song because otherwise I wouldn’t be making electronic music and that would be bad.”
 「ぼくが一番初めに好きになったエレクトロニック・ミュージックがこの曲なんだ。小さい頃はエレクトロニック・ミュージックなんか興味なかったけど、この曲がぼくのすべてを変えたね。この曲に出会ってなかったら今リリースされている楽曲をつくっていないわけで、、、なんてことを考えると、この曲との出会いにはとても感謝しているよ。」

2.) Bohemian Rhapsody

アーティスト: Queen

“I’ve loved this song since I was a little kid. It’s probably in my top two or three songs ever. As an artist, when you’re stuck and don’t know what to do, listen to this song. It’s going to give you inspiration every single time.”
「ぼくが小さい頃からずっと好きな曲。いや、下手したら今までの人生でトップ2か3に入るほどかな?アーティストのキミがもし何か行き詰ってしまうことがあったら、この曲を聴いてみるといい。その都度、キミに何かインスピレーションを与えてくれるはずだから。」

3.) Runaway (U&I)

アーティスト: Galantis

“I recently discovered Galantis. For some reason they weren’t on my map before and this song I particularly love. I could listen to it a million times a day.”
「ぼくが最近知ったギャランティスというアーティスト。この曲は特に大好きで、1日に何度も何度も聴いちゃうよ。」

4.) Happy Little Pill”

アーティスト: Troye Sivan

“Not a lot of people outside of America seem to know about Troye and I think he deserves a lot of attention. Usually I find people [to work with] because I hear a song and there’s one thing about it that attracts me — when I heard ‘Happy Little Pill,’ his voice was so silky and smooth and I had to ask him to work with me.”
「アメリカ人以外のほとんどの人は彼のことをあまり知らないのでは?でもトロアイ・シヴァンは多くの注目を集めているように思うよ。とてもなめらかできれいな彼の声を聴いて、すぐ気に入ったんだ。そうなった時はいつもそのアーティストに「一緒に曲をつくらないか?」って聞くことにしている。」

5.) Dangerous (Oliver Remix)”

アーティスト: Big Data

“To me, this is one of the best sounding productions in the world. I’m extremely impressed with how its put together. And I loved the original, but I heard the remix first, actually, and fell in love pretty quickly.”
「ぼくが思うに、世界で一番よく作られた楽曲のひとつがこの曲だと思う。このリミックスから学ぶことはとても多いからね。もちろん原曲の方も大好きだけど、リミックスを先に聴いてしまってからはもうそれはそれはぞっこんだったよ。」

6.) Stop The Train

アーティスト: John Mayer

“I love John Mayer. I’ve met him a bunch of times and we actually wanted to work together on my album but it did not work out. But I really love this song; the cords are just amazing and inspirational.”
「ぼくはジョン・メイヤーのことが本当に好きなんだ。彼には何度も会っているし、一緒にアルバムに収録する楽曲をつくりたいねって話してはいたけど残念ながら実現できなくて。。でもこの曲はとてもお気に入りの1曲のひとつだね。」

7.) Bright

アーティスト: Echosmith

“This song is the first time I really paid attention to Echosmith. I heard ‘Cool Kids’ on the radio before but I didn’t really know who it was. And then I heard ‘Bright’ and loved her voice so much so I looked them up and kind of started geeking out about them. Sydney has one of the most beautiful voices I have ever gotten the chance to work with.”
「この曲がきっかけで、エコスミスを注目するようになったね。彼らの曲『Cool Kids』をラジオで聴いたことはあったけど、それが誰の曲なんて気にもしなかった。そんな中でこの曲を聴いたとき、彼女の声がスーッと入ってきて、彼らのことを調べてみたんだ。シドニーという街はとんでもない才能を生んだね。」

8.) Protocol

アーティスト: Leon Else

“Protocol is one of those songs that not a lot of people know but [Leon’s] a really talented dude. I heard this song randomly on some radio station in the middle of the night and just fell in love.”
「この曲は誰もが知っているわけではないものの、とてもよく作られた楽曲の代表例だよね。ある日の深夜に何かのラジオ番組でこの曲をたまたま耳にしたんだけど、すぐにお気に入りの曲になったよ。」

9.) The Alphabeat

アーティスト: David Guetta

“This is probably David Guetta’s most underrated song. It was my inspiration for the ‘Breaking A Sweat’ remix I did for Skrillex — and for a lot of other songs because I think it’s brilliant. And it’s not like I heard it and then immediately made ‘Breaking A Sweat’ but at some point when writing a song you realize which songs might sound similar or maybe you picked up on something you heard somewhere. Creating a song, truly, is always a combination of everything you’ve listened to in your life. Your brain just picks all of those puzzle pieces and puts them together to make something — I realized how much this song influenced me after I did that remix. There were a lot of parallels, not sonically, but the emotion is the same.”
「この曲はもしかしたらデイヴィッド・ゲッタのもっとも過小評価されていた曲かもしれない。ぼくがスクリレックスの曲をリミックスした『Breaking A Sweat (Zedd Remix)』は実はこの曲からヒントを得ていたんだ。この曲はとてもすばらしいからね。曲をつくるってことはまさに、自分が今までの人生で聴いた音を組み合わせていることにすぎないわけで。自分の脳が今まで耳にした音を、パズルのピースのように集め、はめ込んでいってやがて新しい曲が完成する。『Breaking A Sweat (Zedd Remix)』はあくまでこの曲からヒントを得てつくった”ちがう曲”、でも曲に宿る精神のようなものは一緒だと考えているよ。」

10.) Younger

アーティスト: Seinabo Sey

“This is a beautiful song, it’s a really interesting mix of genres that I can’t actually quite name. And her voice is absolutely incredible.”
「この曲はとても美しい。うまい名前が思い浮かばないけど、ジャンルとジャンルの組み合わせがとてもおもしろいと思う。それに彼女の声が驚くほどすばらしいんだ。」

11.) Faded

アーティスト: ZHU

“This is one of the first songs that got me into the deeper end of house music where each element of the song has a lot of space and is so excellently produced.”
「この曲に出会ってから、ハウス・ミュージックの奥深くまで知るようになった。この曲ができている要素のひとつひとつに奥行きがあり、とてもよく作られた楽曲だよ。」

12.) Get Low

アーティスト: Dillon Francis & DJ Snake

“Dillon Francis and DJ Snake are two of my great friends and I think they’re super talented. This song in particular is my favorite song from Dillon’s album [Money Sucks, Friends Rule]. I think it’s super energetic and a really nice mix of genres — I don’t even know what you’d call it but it’s just really always stuck in my head.”
「ディロン・フランシスとDJスネークとは特に仲のいい友達で、彼らはとても才能にあふれたアーティストだと思う。この曲はディロン・フランシスのアルバムの中で特に好きな曲なんだ。曲からエネルギーをすごく感じるし、このジャンルをなんていうのかわからないけど、このジャンルとジャンルをかけあわせたようなテイストが妙に頭に残るね。」

まとめ

いかがでしたでしょうか?
比較的新しい曲から往年の名曲まで、さまざまなジャンルの、さまざまなテイストの12曲だったかと思います。
これを聴いてゼッドの世界観を少しばかりのぞいてみることができたのでは?
それにしても、小さい頃から彼は音楽がすごく好きだったようですね。
往年の名曲は、いつまでたっても名曲のまま色褪せないエネルギーがあります。

みなさんもこの機会に、今までの人生で聴いた曲の中で自分の好きなものをチョイスし、自分だけのプレイリストをつくってみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事