TOP > クラブミュージック > オレンジ色の夕日を見ながらビーチで聴きたい!夏のおすすめ洋楽R&B・レゲエ5選

2015.08.15(Sat) DJ SHOTA クラブミュージック

オレンジ色の夕日を見ながらビーチで聴きたい!夏のおすすめ洋楽R&B・レゲエ5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の思い出といえば、なんといっても海!
今回は、夕暮れ時のビーチで、好きな人と聴きたい夏のおすすめ洋楽R&B・レゲエを5曲選んでご紹介したいと思います!

tropical3
出典:TBdress

DJ HACKs的!リゾート地で聴きたい夏っぽいR&B・レゲエ5選

tropical2

1.) Let’s Do It Again

アーティスト: J Boog

“THE HAWAII”のような、ハワイアンテイストの気持ちいいレゲエですね!
このようなレゲエのリズムを「リディム」っていいます。
「君のことをもっと知っていきたいんだ、友達以上の関係になりたいんだ」っていう口説き文句的な歌詞はきらいじゃないです。笑
こういう想いをレゲエのリズムに乗せて歌うからこそクールになるというか、イケてるんですよねー!

この曲のアカペラをSigmaの『Nobody To Love』のインストルメンタルに乗せたマッシュアップを、Red Bull Thre3 Style 2014の世界チャンピオン「ESKEI 83」はウィニングセットの中に入れていてオーディエンスはブチ上がっていました!

ちなみに、Sean Paulが歌う『All Night Long』というバージョンちがいの曲もあるのでこちらもチェック!

2.) Summer Love

アーティスト: Stevie Hoang

美メロシンガーとして日本でも一時期話題となったStevie Hoang (スティーヴィー・ホアン)のヒット曲『Summer Love』。
甘いですとても、甘い。Ne-Yoといい、美メロシンガーは声だけで惚れさせてしまうくらい、本当ずるいですよね!
しかしこの曲、こんなにいい曲なのに、歌詞の内容は失恋を引きずってる系の曲なんです。。
「夏がくるたびに君を思い出すー」な感じ、、、ということで、あまずっぱい一夏の思い出がある方におすすめです!笑

3.) I Choose You

アーティスト: Mario

これまた激甘R&B!ギターサウンドが最高に夏らしさを演出しています。
この曲は本当にロマンチックなんですよねー「オレはお前を選んだんだ。」って何度も歌詞に出てきます。
曲のブリッジ部分で、「神様ありがとう、オレは光を見つけたんだ。そうお前さ。」って歌詞が出てきて、本気さが伝わって来るというか、グッときます。

でも実はもっとグッとくる部分があって、あまり知られていないのですが、この曲のイントロ部分のセリフに注目してみてください。
「なあ、聞いてくれ。毎日のように誰かが自分の愛する人を亡くしているんだ。幸い、オレには今お前がいる。たしかにオレは過去にいろんな過ちを犯してきた、でももう言いわけしたくないんだ、聞いてくれ。」
っていう入りがあるんですね。
たしかに、「自分の好きな人が今目の前にいる」この当たり前のようなことがどれだけ幸せで、どれだけ大事にしなきゃいけないことか、教えてくれるような気がします。

4.) Always On My Mind

アーティスト: Da’Ville feat. Sean Paul

今度はレゲエテイストの曲をご紹介!これもサビだけ聴く限りは最高のラブソングですね!
しかし、この曲もまた「オレはお前なしでは生きていけない。。」系の失恋を引きずってる曲。。
恋人と付き合っていて「いつでもオレはお前のことを考えているよ」だったらすごくロマンチックなんですけどね。
失恋を引きずりながら夕暮れのビーチでたそがれるのも、もしかしたら人間くさくていいかもしれませんね。
そういうのはきらいじゃないです。

5.) Sex Baddy (Fuck Buddy)

アーティスト: Roscoe & Fingazz

曲の世界観に浸り切ってしまうのが正解!あまあまなメロウラブソングです。
歌詞が過激なので、英語がわかる方のみ楽しんでみてください、そんな歌です!
タイトルの時点である程度予測できますが、そこはご想像にお任せということで、、、笑
夏に聴きたいすごく好きな曲のひとつです!

まとめ

Trash the dress photo

出典:WIKIPEDIACOMMONS

いかがでしたでしょうか?
美メロソングから、くすぐったくなるくらいキュンキュンな内容を歌っているものまで、いっぱいありましたね!

この夏、あたたかいリゾート地に旅行する方などにおすすめ。
夕暮れ時、オレンジ色の暮れ行く夕日を前に、波の音を感じながら聴いてみてはいかがでしょうか。
そのようなエモーショナルな体験は、人を強くする気がします。
最高のロケーションで、誰かを思い浮かべながら感情に陶酔するのもわるくないですよ!

たぶん自分、紹介していて思ったのですが、ロマンチスト気質があるのかもしれません。笑
またこれからもこういう気持ちのいい夏ソングをご紹介していきますね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事