TOP > クラブミュージック > ずっと気になってた!読み方のむずかしいDJ・アーティスト

2016.03.28(Mon) DJ SHOTA クラブミュージック

ずっと気になってた!読み方のむずかしいDJ・アーティスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラブミュージックを聴いてる時、
「このアーティストの名前、なんて読むんだろ?」
って思われた経験、みなさん1度はあるでしょう。

今回は、読み方のむずかしいDJ・アーティストの正しい読み方をご紹介します!

why

出典:http://studyhowtobuildselfesteem.com/

「このアーティスト、なんて読むの?」

1.) Wiwek

wiwek2016

出典:http://schedule.sxsw.com/

読み方: ウィウェックウィーウェック

まず初めに多くの人が気になってるのがこの人ですよね!
ジャングルテラーでおなじみの、Wiwekです。

そのまま読むと「ウィウェック」なのですが、
誰かが「ウィウェックじゃなくて、”オイワック”って読むんだよ。」と言いだしてからは
「え、これでオイワックって読むのか?」と思ってました。

なぜ”オイワック”だとする説が浮上したのか説明すると、
元々Wiwekは、「Oui’Wack」という名前で音楽活動をしていました。

Jungle Wars / Oui’Wack

2012年7月にリリースされた楽曲ですが、この頃からトライバルなハウスミュージックを作っていたんですね!

その後、Oui’WackからWiwekという名前に表記を変えたため、
「Wiwek = オイワック (Oui’Wack)」にちがいな、いというのがこの説の根拠です。

しかしです。
Wiwekがラジオで自己紹介している時、また他のアーティストがWiwekのことを言ってるときは「ウィーウェック」というように聴こえます。

wiwek_t2

2016年4月1日(金)、Wiwek来日です!

2.) DVBBS

dvbbs2016

出典:livenation

読み方: ダブス

「DVBBS…?! 子音ばっかで発音できない、、、」

“V”→”U”にすると、”DUBBS”となり、ダブズと読めます。

DVBBSは昔、3人組のボーイズバンドだった!?

dubbs

出典:TRC

これは驚き!
だれしも過去がありますよね。
芸人コンビだって、今組んでいる相方が最初の相方じゃなかったなんてことはめずらしくありません。

昔はDUBBSという、読みやすい名前で活動していたようです。そのときの動画がこちら。

若い!というより、髪が短い!笑
DVBBSといえば、ウェービーで長い髪の毛をヘッドバンギングして振り回しているイメージですが、当時はその特徴すらありませんでした。

dvbbs_wmf

2016年5月22日(日)に三重県・ナガシマスパーランドで開催される「WIRED MUSIC FESTIVAL」で来日!

3.) KSHMR

KSHMR

出典:weraveyou

読み方: カシミアキャシミアカシミール

これまた子音だけで何て読むんだって感じですよね。
KSHMR = Kashmir。

KSHMRというステージネームが初公開されたのは、自身のファーストシングル「Kashmir」からです。

正確には”Kash-Mir”という発音ですが、日本人の我々にはカシミアが一番近い発音なのではないでしょうか。

electrox 2016ではナレーションが「カシミール」と言っていました (4分40秒)。

おそらくこの映像のナレーションを担当したのは日本の制作チームだと思うので、いかにも日本語読みにする必要があったのでしょう。

自身のミックスショー「Welcome To KSHMR」での最初の自己紹介のところでは、カシミア、キャシミアと聞こえます。

KSHMRは『Like A G6』をプロデュースしていた!

Far East Movementの名曲『Like A G6』のプロデュースをしたのは、Cataracsというグループ。
Cataracsは、KSHMRがプロデューサーとして、もう1人はDavidというシンガーとして2人で活動していました。

この頃から、すでに類稀なる音楽性の片鱗を見せていたKSHMR!

4.) MØ

mo_vimeo

出典:VIMEO

読み方: ムー

本名はKaren Marie Aagaard Ørsted Andersen。
「名前長っ!」って思ったら、やはりヨーロッパのデンマーク人でした。

2015年を代表する世界的大ヒット曲『Lean On』のヴォーカルを務めたことでおなじみですよね。

Lean On / Major Lazer & DJ Snake feat. MØ

というクレジットを見るたびに、「MØって何て読むんだろう?」って思ってました。

Øという文字は、デンマーク、ノルウェー、フェロー諸島で使われています。
彼女は以下のインタビューで、”Mooo”と読むと明かしています。

あの『Dear Boy』を歌っていた!?

これも意外と知らなかったという方多いと思うのですが、日本で大人気のクラブアンセムであるAviciiの『Dear Boy』を歌っているのは彼女なんです!

本名のKaren Marie Ørstedという名前でクレジットされています。
実は『Lean On』がリリースされる前から皆さんは彼女の歌声を聴いていたのです!

5.) MAKJ

makj2016

出典:http://www.bandsintown.com/

読み方: マックジェイ

分けて読むと、Mack Jay。
本名は、Mackenzie Johnsonです。

ぼくは名古屋のフェスのときにMAKJと同じ車で移動したことがあるのですが、
最初の挨拶では「Hi, Im Mackenzie」って言われました。

マッケンジーからMAK、ジョンソンからJをとって、MAKJになったようです!

ウルトラではトランプ批判!?

アメリカ出身のMAKJにとって、アメリカ大統領選は自国の政治のトップを決める選挙なのです。
世間をにぎわせている大統領候補のドナルド・トランプ氏に対して、「F*ck you, Donald Trump」とマイクパフォーマンス!笑笑

makj_musiccircus

2016年5月8日(日)に大阪・泉南タルイサザンビーチにて開催される「BLUE by MUSIC CIRCUS」にて来日!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
これをチェックしておけば、明日から自信持ってその名前を口に出せるようになるでしょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事