TOP > クラブミュージック > 2015年ベストヒット > これさえ聴けば今年の流行りが丸わかり!2015年上半期ベストヒッツ【POPS編】

2015.07.06(Mon) DJ SHOTA 2015年ベストヒット

これさえ聴けば今年の流行りが丸わかり!2015年上半期ベストヒッツ【POPS編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年上半期にリリースされた楽曲は6ヶ月間で山のようにあります。
今回はその中でも「POPS」のジャンルで、おすすめ曲を10曲厳選してご紹介します!

besthits_pops2

2015年上半期ベストヒッツ【POPS編】

梅雨を引きずりながらも7月に入りました。ついに2015年も半分が過ぎたんですね!
新生活の思い出とともに思い出すあの曲だったり、はたまた結婚式に使ったあの曲など、上半期にリリースされた記憶に新しい曲たちをまとめてふりかえってみるコーナーです。

今回は、ジャンルでいうとPOPS編
このジャンルの曲は、ビルボードチャートにランクインしているものも多いです。
それではDJ HACKsでつくった35分間のミックスとあわせて、10曲チェックしていきましょう!

DJ HACKs Best Pops Mix of 2015 (So Far) by DJ SHOTA by Dj Hacks on Mixcloud

1.) Sugar

アーティスト: Maroon 5

ミュージックビデオを見たことがある方は、この曲は結婚式の曲っていうイメージがあるでしょう!
体を揺らしてダンスをしたくなってしまう心地の良い1曲。

2.) Want To Want Me

アーティスト: Jason Derulo

ジェイソン・デルーロの勢いはとどまることを知りません。
“THE POPS”とでも言うような、ポップで元気の出るような曲になっています♪

3.) I Really Like You

アーティスト: Carly Rae Jepsen

『Call Me Maybe』や『Good Time』など日本でも有名なヒット曲を歌っているカーリーの新曲。
女の子っぽさと耳に残るようなフレーズが幅広い層にウケそう!

4.) Where Are Ü Now

アーティスト: Skrillex & Diplo with Justin Bieber

何かと話題のスクリレックスとディプロのユニット「JACK Ü」と、何かと話題のジャスティン・ビーバーが夢のコラボしたこれぞダンスミュージック。
ミュージックビデオがおもしろい!

5.) FourFiveSeconds

アーティスト: Rihanna & Kanye West & Paul McCartney

コラボでいったらこちらも負けていません。リアーナとカニエ・ウェスト、そしてポール・マッカートニー!
カントリーっぽさも出ていて、ポップで聴きやすいメロディがこの曲のいいところ。

6.) Love Me Like You Do

アーティスト: Ellie Goulding

「あなたの好きなように私を愛して」こんなこと女性に言われたら、世の男性陣はどうしますか?笑
女子ウケまちがいなしの歌詞に、エリー・ゴールディングのきれいな歌声が合わさった名曲。

7.) I Don’t Like It, I Love It

アーティスト: Flo Rida feat. Robin Thicke & Verdine White

パーティーチューンを連発してきたフローライダーによるポップスは、ロビン・シックらとコラボ。
ロビン・シックのヴォーカルが最高な上に、聴き馴染みのあるフローライダーのラップが◎

8.) Here It Is

アーティスト: Flo Rida feat. Chris Brown

意外と知られていない、フローライダーとクリス・ブラウンのスペシャル初コラボ。
夏っぽさすら感じる爽快感満載のポップスに!

9.) Baby’s In Love

アーティスト: Jamie Foxx feat. Kid Ink

DJ SHOTA的イチオシが『Baby’s In Love』というディスコ/ファンクな1曲。
ジェイミー・フォックスといえば、映画『アニー』の主演を務めた俳優でもありますよね。キッド・インクのラップも最高にかっこいい!

10.) Limelight

アーティスト: Just A Gent feat. R O Z E S

そして、これまたイチオシの『Limelight』。このフューチャー感が前面に出ている心地よいリズムが◎
おじいさんとおばあさんのストーリーを描いたミュージックビデオも何かウッとくるものがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。