TOP > クラブミュージック > おすすめのEDM > 【毎週更新】現役DJが紹介する最新おすすめEDM【2017年下半期版】

2017.10.29(Sun) DJ SHOTA おすすめのEDM

【毎週更新】現役DJが紹介する最新おすすめEDM【2017年下半期版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EDMの最新情報を探しているEDMファンの皆さんのために、最新情報を毎週更新するコーナーです。
東京のクラブ・フェスで現役で活動しているDJが、「今週のおすすめEDM」を10曲ずつお伝えしていきます。

これを毎週チェックしている読者の方は、最新のトレンドもばっちし、音楽がさらに好きになることまちがいなし!
*昨今の”EDM”の定義があいまいなため、このコーナーでは”EDM”に捉われない幅広いダンスミュージックをご紹介していきます。

EDM_DJHACKS_2017_2

今週のおすすめEDM (10/27 – 11/2)

1.) Take Her Place

アーティスト: Don Diablo ft. A R I Z O N A
リリース日: 2017/10/27

新生Don Diabloサウンドの第2弾!

前回リリースした『Don’t Let Go』から、フェスやクラブを意識しない音楽を追求したいと公言していたDon Diablo (ドン・ディアブロ)。
現在制作中のデビューアルバムにおそらく収録される予定の次なる新曲『Take Her Place』がシングルカットされました!
ヴォーカルのA R I Z O N Aとのコラボで、美しい世界観の1曲ですね。新しいドン・ディアブロ・サウンドかなりタイプです!!

インスタでAlan Walkerとコラボを匂わせる写真を見ました、これ本当に楽しみ!

Don Diabloさん(@dondiablo)がシェアした投稿

2.) Kids in Love

アーティスト: Kygo ft. The Night Game
リリース日: 2017/10/20

Kygoが11月3日にニューアルバムをリリース!

11月3日にニューアルバム『Kids In Love』をリリースすると発表したKygo (カイゴ)。最近の動きがイケイケですね!
そしてアルバムのリードシングルとなる『Kids In Love』のプロモーション手法がおもしろい!

質問「あなたの初恋を教えてください」

タイトル通り、”恋をしている子どもたち”がテーマなので、いろんなジャンルの著名人に1つの質問を投げかけた動画がSNS上で公開されています!
The Chainsmokers、YouTuberのLogan Paul、さらにはインスタのインフルエンサー・Jay Alvarrezまで。
みなさんの初恋はどんなものでしたか?

Kygoさん(@kygomusic)がシェアした投稿

3.) Forever

アーティスト: Martin Garrix & Matisse & Sadko
リリース日: 2017/10/20

2年連続世界No.1 DJの座に君臨!おめでとう!

世界の人気DJランキング「DJ MAG TOP 100 DJs」で2年連続1位に輝いたMartin Garrix (マーティン・ギャリックス)。
以前からよくコラボしている仲良しなMatisse & Sadkoとの久々の新曲です!
ヴォーカルが入っていない曲でここまで世界観が成立してしまう曲もなかなかないですよね、本当に素晴らしい。

世界No.1になって若くして成功を収めてもおごらないこの笑顔がステキ!

4.) You & Me

アーティスト: Marshmello
リリース日: 2017/10/20

Marshmello、めっちゃいい声してるやん…!!!

Marshmello (マシュメロ) の新曲はまさかの自分で歌っているみたいなんです!
何も知らないで聴いた時はどこかの有名ロックバンドのヴォーカルを起用したのかなと思ったのでびっくりでした!
白いヘルメットをかぶっているのでライブでは歌えないとは思いますが、、、どうにかしてライブしてほしい笑

マシュメロのハロウィン仮装はよく見るとドラキュラのようで!

5.) We Could Go Back

アーティスト: Jonas Blue ft. Moelogo
リリース日: 2017/10/27

先日の来日時に撮影した新曲PVが公開!

先日来日公演が大盛況に終わったJonas Blue (ジョナス・ブルー)、日本にいる期間で撮影した新曲ミュージックビデオが公開されました。
見慣れた景色がいっぱい写ってるので我々日本人からするとうれしいですね!
今回の新曲で驚いたのは、彼の曲には毎回入っていた”Jonas Blue Synth” (本人が名付けていたジョナス・ブルー・シンセという音) がないんですよね!!
でもドラムの打ち込みパターンはジョナス・ブルーらしさが出ていて、新しいチャレンジだったのかなーと勝手に想像してしまいます。笑

6.) I Miss You

アーティスト: Clean Bandit ft. Julia Michaels
リリース日: 2017/10/27

ジュリア・マイケルズの躍進が止まらない!

『Symphony』のヒットで今年注目の的になったClean Bandit (クリーン・バンディット) の最新曲が登場!
Zara Larssonの次にコラボしたのは、新進気鋭の女性シンガー・Julia Michaels (ジュリア・マイケルズ)。
ジュリア・マイケルズはみなさん覚えておいた方がいいです、まもなく世界的スターシンガーの一員になるはずなので!
彼女実は裏方方面のソングライターとして活躍していた人で、有名どころだとJustin Bieberの大ヒット曲『Sorry』をプロデュースしたり。
最近自身もシンガーデビューし、Kygoと一緒に『Carry Me』をオリンピックの舞台で披露したのは記憶に新しい。
今年大ヒットした彼女のヒット曲『Issues』もそうですが、今回のクリーン・バンディットとの新曲でも悲しげな歌が本当にうまい!

セレーナ・ゴメスの曲も書いていて、大の仲良しなんだそうです!

7.) Love Out Loud

アーティスト: Dash Berlin feat. Arjay and Jonah
リリース日: 2017/10/27

Dash Berlinの新曲は秋にぴったりの雰囲気

美メロでトランシーなプログレッシブ・ハウスやヒットソングのフェスティバルミックスでおなじみのDash Berlin (ダッシュ・ベルリン) ですが、今回はハイエナジーではなくややテンポを落とした新曲を出してきました!
聴いた感じ、ギターの音が切なくて秋っぽいなといった印象。秋から冬にかけてヘビロテしたい1曲です!

また日本来てほしい!

8.) On My Way

アーティスト: BUNT. ft. Leah Haywood
リリース日: 2017/9/28

Aviciiのようなカントリーサウンドが気持ちいい

Aviciiの『The Nights』にそっくり!でも嫌いじゃない。
BUNT.は自分の音楽のことを”Folk House”と言っていて、Aviciiサウンドと似ているようで実際はさらにカントリー感を強めたような印象を受けますね。
そしてこのリリックビデオに使われている映像が僕の好きな映像クリエイターのTaylorcut Films監修だったので驚きました!(The Chainsmokersの『Closer』のビデオに出てくる主人公役でおなじみの人)

Taylorcut FilmsとAlyssa Lynch、このカップル本当にステキすぎるのでチェックしてみてください!(音楽とは関係なくなってますけどw)

9.) The Universe

アーティスト: Hardwell
リリース日: 2017/10/13

最近こういうEDMがなかったから逆に求めてた!

最近はスターDJたちがビッグルームやエレクトロ・ハウスから離れている傾向にありましたが、Hardwell (ハードウェル) はEDMスターとしてのアイデンティティを忘れません。
ここのところハードウェルはさまざまなファミリーアーティストとコラボしていたので、今回リリースした『Universe』が単独名義なのが逆に違和感でした笑
ビッグルームを作らせたらハードウェルの右に出るものはいない、と言っても過言ではないほどクオリティの高い曲を作ってきますね!

DJ MAGのランキングが発表されたAmsterdam Music Festival 2017では、同じオランダ出身のレジェンド・Armin Van BuurenとB2Bセットを披露して会場を沸かせました!

Hardwellさん(@hardwell)がシェアした投稿

10.) Never Stop

アーティスト: Thomas Feelman, Teamworx, STV
リリース日: 2017/10/6

カッコいい音も紹介したいということで…

カッケーなと思った曲をご紹介します!
Nicky Romero (ニッキー・ロメロ) とのコラボ曲『Champion Sound』が大当たりしたTeamworx (チームワークス) というデュオの曲が本当にイケてるんです!
『Champion Sound』をリリースしたすぐ後に今度はSteve Angello率いるSIZE Recordsから新曲『Never Stop』を出したんですが、これがまたカッコいい!!
ドロップは完全にTeamworx色に染まってますね、強いアタックで放たれる独特の音が彼らの持ち味。もはや『Champion Sound』と似ている、似過ぎている、でもカッコいい笑

この2人は今後要注目ですよ!

2017年10月・第2週目のおすすめはこちら

次のページへ 1 2 3 4 5 6 7 8
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事