TOP > クラブミュージック > おすすめのEDM > 【毎週更新】現役DJが紹介する最新おすすめEDM【2018年版】

2018.07.24(Tue) DJ SHOTA おすすめのEDM

【毎週更新】現役DJが紹介する最新おすすめEDM【2018年版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EDMの最新情報を探している音楽ファンの皆さんに、ヒット間違いなしの最新シングルをご紹介!
世界のダンスミュージックのトレンドを現役DJがわかりやすく解説します。

Spotifyのプレイリストもぜひ一緒にチェックしてみてください!

DJHACKS_EDM2018

今週のおすすめEDM (7/23)

1.) Happy Now

アーティスト: Zedd & Elley Duhé
リリース日: 2018.7.20

Zeddの今年第2作目となる新曲は今までと全然ちがう!?

Zedd (ゼッド) の楽曲の作風もだいぶ変わってきましたよね!
2016年の『Starving』からゆるいテンポの楽曲にも挑戦しはじめ、『Stay』『The Middle』とヒット曲を連発してきました。
今回の新曲はさらにテンポがスローダウン。ゼッドは『Clarity』もそうですけど暗い曲得意ですよね!
「Happy Now? (今幸せ?)」ってタイトルですが、歌詞を見てみるとこの曲のメッセージがわかるので気になる方はこちらをご覧ください↓

日本語で歌詞を見てみよう
【歌詞和訳】Zedd & Elley Duhé『Happy Now』

2.) Never Gone

アーティスト: Said The Sky & Kerli
リリース日: 2018.7.20

Said The Skyのアルバムがリリース

Future Bassが好きな方はもうご存知かと思いますが、Said The Skyのニューアルバム『Wide Eyed』がリリースされました。
今回は「この夏聴きたい!美メロEDM特集」というテーマで5曲選んでみたので、このSaid The Skyのアルバムはこの夏のマストアイテムだとおすすめしたいです。
全然Future Bassが何なのか知らない方もとりあえず1回聴いてみてほしい!本当に曲が美しいんですよね~イントロとか最高にエモーショナル!

Said The Skyさん(@saidthesky)がシェアした投稿

3.) Love U Right

アーティスト: Tritonal feat. Lourdiz
リリース日: 2018.7.20

アップリフティングな美メロナンバー

美メロでおなじみのTritonal (トライトーナル) の新曲、すごくいい曲な上に社会貢献までしているんです。
この曲が再生されたことによって生じるストリーミングアプリでの収入をNational Alliance for Mental Illness (精神障害を持つ当事者とその家族を支えることを目的に1979年に設立された非営利団体) に寄付するようで!
若くして命を落としてしまうロックスターが多かったり、EDMシーンでも今年Aviciiが亡くなったり、音楽業界でも精神面の問題が日々問われていますよね。
というわけでトライトーナルの『Love U Right』をSpotifyやApple Musicで聴いてみましょう!

トライトーナルのインスタにあがってたおもしろい画像もシェアしておきます笑

Tritonalさん(@tritonal)がシェアした投稿

4.) Solid

アーティスト: Jay Hardway
リリース日: 2018.7.20

やさしいメロディのEDM

Jay Hardway (ジェイ・ハードウェイ) のリリースはヴォーカルのない曲が多いんだけど、今回のもすごくよかった!
ヴォーカルがないということはヴォーカルに頼らないでトラックそのものだけで勝負するということなので、曲を作る側からしたらある意味ハードルが高いはず。
でもこの『Solid』って曲はリードとなるメロディがまず美しくてやさしい印象!そして多幸感がありますよね。

これはフェスで聴きたい!

jayhardwayさん(@jayhardway)がシェアした投稿

5.) Make Me Yours

アーティスト: Borgeous & Zack Martino
リリース日: 2018.7.20

Borgeousが今年のMUSIC CIRCUSのヘッドライナーに!

関西最大級の音楽フェス「MUSIC CIRCUS 2018」の第一弾出演アーティストが発表され、一番先に名前があがったのがBorgeous (ボージャス) でした。
他にもHeadhunterzやKungsなどなかなか日本で見れないアーティストがくるので、S級やA級のEDMアーティストはいないかもしれないけどおもしろいメンバーだなと思いました!
そんなBorgeousの新曲がフェスで盛り上がれそうなEDMだったのでぜひ聴いてみてください。

MUSIC CIRCUSさん(@music_circus)がシェアした投稿

今週のおすすめEDM (7/16)

1.) Mama Look At Me Now

アーティスト: Galantis
リリース日: 2018.7.13

Galantisが2曲同時リリース

今週はまずこのトピック、Galantis (ギャランティス) が新曲を2曲同時に出しました!
毎回ちょっとずつテイストを変えながらも、どの曲にも”Hey!”って掛け声などGalantisらしさを出していて新曲にハズレのないアーティストですね。
僕はこの『Mama Look At Me Now』という曲が好きでした。彼らいわく「いつもGalantisのことを信じてくれるみんなへの感謝の気持ちを歌にした」と言っています。

Galantisさん(@wearegalantis)がシェアした投稿

2.) Anywhere

アーティスト: Lucas & Steve
リリース日: 2018.7.13

Aviciiを思い出してしまうようなメロディ

Lucas & Steveの新曲のメロディがポップで最高!Aviciiの曲みたいな旋律じゃないですか?
ヴォーカルが入ってないんですけどこのメロディだけで成り立ってしまう、いい曲です。
彼らは3週間にわたって毎週新曲をリリースするみたいなので楽しみ!

Lucas & Steveさん(@lucasandsteve)がシェアした投稿

3.) Be

アーティスト: SHOTA
リリース日: 2018.7.13

当サイトの現役DJ&ライター・SHOTAのデビューシングルです

実はこれ、ぼくが初めて作った曲です!!!
“DJとして曲を作る”っていうのをずっと目標にしてきたので、その分DJする機会や記事を書く機会が減ってしまいましたが、、、やっとお披露目できることに!
テーマは夏を感じるFuture House、女性ヴォーカルもソウルフルでいい感じに仕上がりました!ぜひ聴いてみてください。

そして「最近巷ではYouTubeが流行っててみんな文字を読まなくなってきてるのでは…DJ HACKsもYouTubeやるべきか!?」と思いまして、DJ HACKsプロデュースの「ORIENTIS RADIO」という番組を始めてみました!

最新の音楽やホットなニュースについて、最近一緒にレーベルを立ち上げたBABY-Tとともにゆる~くしゃべってます。毎週月曜日に更新されるのでこちらもチェックしてみてください!

4.) If I Can’t Have You

アーティスト: SNBRN feat. Harloe
リリース日: 2018.7.13

沖縄のビーチで聴きたいピアノ・ハウス

女性ヴォーカリスト・Harloeの力強い歌声に一目惚れしてしまいました、エモい!
ビーチで聴く音楽って、思いっきり明るい曲もいいですがこのくらい切なさが残るような曲もいいですよね?
SNBRN (サンバーン) のピアノ・ハウスは最高です!

SNBRNさん(@snbrnmusic)がシェアした投稿

5.) Pretender (Matoma Remix)

アーティスト: Steve Aoki feat. Lil Yachty & AJR
リリース日: 2018.7.13

Matomaがトロピカル・ハウスにアレンジ!

Steve Aokiのポップなヒット曲「Pretender」をトロピカル・ハウスでおなじみのMatomaがリミックス!
Matomaを聴きたい季節がやってきましたね~

そいえば最近Steve AokiはBTSの「The Truth Untold (전하지 못한 진심)」という曲をプロデュースしてそれをTomorrowlandでかける宣言をしてました。
今世界で大ヒットしているBTSに近寄っていくあたり、さすがEDM界のビジネスマンですね!

Steve Aokiさん(@steveaoki)がシェアした投稿

今週のおすすめEDM (7/9)

1.) Space For Two (R3HAB Remix)

アーティスト: Mr. Probz
リリース日: 2018.7.6

もしやR3hab毎週新曲出してる!?

新曲をチェックするたびにだいたいR3habのオリジナルorリミックスが出てくるんですが、、、もしや毎週コンスタントに出してるの?ってくらいリリースのペースが早い!
Mr. Probzのセクシーなヴォーカルをうまく活かして曲全体を明るい方向に持っていっています!R3habは本当リミックスのプロや。
偶然にも歌詞の中に「REHAB」って出てくるんですね笑

このファンアートの中にR3habはどこにいるんでしょうか?わかりますか?笑

R3HAB さん(@r3hab)がシェアした投稿

2.) Beautiful (Bazzi vs Hook N Sling Spectrums Remix)

アーティスト: Bazzi vs Hook N Sling
リリース日: 2018.7.6

今キテる20歳のライジングスター、バジって知ってる?

『Mine』という曲が大ヒットしビルボードチャートトップの仲間入りを果たした弱冠20歳のシンガーソングライター、Bazzi (バジ)。
彼が出すリミックスはすべてBazzi vs 〇〇という表記で書かれるんですが、今回はプログレッシブ・ハウスの名プロデューサー Hook N Slingとコラボ!
ちなみにSpectrums Remixというのは、Hook N Slingが楽曲制作する人のための音楽サイト「Splice」で公開しているサンプルパックの名前なんです。
原曲はダークな雰囲気ですが、それをディスコ・ファンクテイストに持っていったこのリミックスもいいですよね!?

原曲はこちら↓

3.) Falling In Love (SOS)

アーティスト: Dannic ft. Polina Griffith
リリース日: 2018.7.6

ダニックらしいサマーチューン

いろんなアーティストの夏ソングがどんどん登場する中でダニックも出してきました。
ファンキーな女性ヴォーカルもよくてドロップがトロピカルっぽい音を使ってるのもよい!
実際にクラブでプレイしたときも盛り上がってますね!

Dannicさん(@dannic)がシェアした投稿

4.) Don’t Stop Believin’

アーティスト: Mashd N Kutcher feat. Addison
リリース日: 2018.7.6

あの名曲の2018年バージョンが登場

曲のタイトルを見て「もしや!?」と思いきや、やっぱりそうでした!
Journeyによる往年の名曲『Don’t Stop Believin’』をオーストラリアの2人組 Mashed N Kutcherがカバーしたようです!
元ネタは絶対みんな聴いたことあるのでは?(glee好きな人とか!)今風なメロディック・ハウスになっていて夏聴きたいやつですね~

マッシュド・アンド・カッチャーといえば、このおふざけ動画でバズった2人組!

5.) Summer Days

アーティスト: A R I Z O N A
リリース日: 2018.7.6

A R I Z O N Aが2曲同時リリース

A R I Z O N Aは3人組のユニットで歌もうたって曲も作ってしまうアメリカの天才バンドなんですが、最近はDon Diabloの『Take Her Place』にヴォーカルとして参加していましたよね。
7月の頭に2曲同時リリースしてきました!彼らのチルなサウンドには毎回やられているのですが、今回のSummer Daysは特にいい!
「お!アリゾナ好きかも!」って思った方、2016年にリリースした『Oceans Away』もすごくいい曲なんでぜひ聴いてほしいです。






2018年6月のおすすめはこちら

次のページへ 1 2 3 4 5 6 7
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事