TOP > クラブミュージック > おすすめのEDM > 【毎週更新】現役DJが紹介する最新おすすめEDM【2018年版】

2018.07.24(Tue) DJ SHOTA おすすめのEDM

【毎週更新】現役DJが紹介する最新おすすめEDM【2018年版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週のおすすめEDM (6/25)

1.) Born To Be Yours

アーティスト: Kygo & Imagine Dragons
リリース日: 2018.6.15

Kygoのトロピカル・ハウスきた!

6月15日にリリースされた Kygo と Imagine Dragons の新曲『Born To Be Yours』がトロピカルサウンドで夏にぴったり!
メインヴォーカルの Dan Reynold が妻の Aja Volkman と離婚したニュースで話題となっていたImagine Dragonsですが、Kygo との相性ばっちりだな~。
リリックビデオもおしゃれで新しいし、最近の Kygo の勢いは群を抜いていますね!

ちなみにこの曲のアートワークは映像業界では有名なデジタル・アーティスト、Beepleが作ってます (音楽以外に映像をかじってる自分は彼の大ファン笑)。Beepleの作るCGがめちゃくちゃかっこいいので見てみてください!

beepleさん(@beeple_crap)がシェアした投稿

2.) Just Don’t Know It Yet

アーティスト: MOTi feat. BullySongs
リリース日: 2018.6.15

Galantisの曲が好きな人はドンピシャだと思う

MOTi は本当いろんなタイプの曲が作れますね、サウンドプロデューサーとしての腕が一流って話は他のEDMアーティストも言ってるくらい有名です。
この曲を歌っているBullySongsは、Don Diablo と Steve Aoki の『What We Started』や Armin Van Buuren の『Freefall』のヴォーカルとしてもおなじみなんですけど、男性らしい声が特徴的だっただけにこの曲はなんかちがうぞ!
聴いた感じ、Galantis の曲によくありがちな声ですよね?ピアノハウスの感じも似てるので Galantis 好きな方はぜひ一番にチェックしてみてください!

MOTiは体格いいけどあんまり運動得意じゃなさそうなイメージがなぜかあります。笑

MOTiさん(@motiofficial)がシェアした投稿

3.) Seven Seas

アーティスト: Maurice West
リリース日: 2018.6.22

KSHMRの世界観を受け継ぐEDM

KSHMR のレーベル「Dharma Music」から新たにリリースされたMaurice West (モーリス・ウェスト) の新曲が KSHMR の世界観そのもの!
このビデオでも表現されているように、”七つの海”を航海するかのようなアドベンチャー感のある力強いEDMになってますね。

Maurice Westはこれから売れそうなビッグルーム系EDMのアーティストなので、こっち系のEDMが好きな人はぜひこれを機に覚えておくといいかも!

Maurice West ,’さん(@mauricewest)がシェアした投稿

4.) Switch

アーティスト: Blasterjaxx & Bassjackers
リリース日: 2018.6.22

名前が似てる?ありそうでなかったコラボが実現

Blasterjaxx と Bassjackers、EDMが流行り始めた時は名前似すぎて見分けつかないなーと僕も思ってたんですよね。笑
ビッグルーム系の音圧MAXなフェスティバルEDMを作る2組がついにコラボを果たしました!
最近こういうちょっと前の王道EDMもなかなか聴く機会が減ってしまったので、逆にレア感あっていいのでは!?
「メロディはいらないからとにかく重低音カモン!」って時とか、とにかく気分を上げたい時におすすめです!

Blasterjaxx、2人とも腕にタトゥーがっつり入ってて日本だと温泉入るの厳しい系ですが、なんでしょうこの色気。かっこいいですよね。

Blasterjaxxさん(@blasterjaxx)がシェアした投稿

5.) You Mean The World

アーティスト: Streex feat. Nick Thompson of Hit The Lights
リリース日: 2018.6.15

ロック好きな日本人と相性がいいのでは?

Streex (ストリークス) っていうアーティストが大好きなので紹介させてください!(以前からこのコーナーではプッシュしてますが笑)
バンドサウンドとEDM / Future Bassを織り交ぜた彼らのスタイルは唯一無二で、ミュージックビデオもアニメでおもしろいんですよね。
しかもThe Chainsmokersの『Closer』やEd Sheeranの『Castle On The Hills』などの有名曲をカバーして彼らのユニークなテイストにアレンジするシリーズも結構よくて、これもぜひみなさんに聴いてほしい。
そんな彼らが新曲を出しました!曲すごくいいんですが、、、よく見るとこのアートワークは世の男子のなんというか、、、下ネタですね。。笑

表現が自由、アメリカのアニメって感じですね笑

Streexさん(@streexofficial)がシェアした投稿

今週のおすすめEDM (6/11)

1.) The Island – Pt. I (Dawn) [Skrillex Remix]

アーティスト: Pendulum
リリース日: 2018.6.8

Skrillexが久々に出した新曲はまさかのFuture Bass!?

UK・ロンドンのエレクトロニック・ロック・バンド、Pendulum (ペンデュラム) が活動を再開したニュースは今年話題となりましたが、7年ぶりにPendulum名義でリリースされるアルバム『The Reworks』もすごい反響がありそう!
その収録曲の中から、なんとSkrillexが参加するリミックスが公開。これがまたFuture Bassテイストでファンも驚き!
ネットでは賛否両論あるみたいですが、SkrillexにとってもPendulumにとっても新しいサウンドに挑戦したということに変わりはないでしょう。

Skrillexさん(@skrillex)がシェアした投稿

2.) One More Day (Nicky Romero Remix)

アーティスト: Afrojack x Jewelz & Sparks
リリース日: 2018.6.8

Nicky Romeroがプログレッシブハウスに回帰!

Nicky Romero (ニッキー・ロメロ) がニューリミックスを公開しました。
曲の速さがドロップに向かってだんだん速くなっていく構成になってますね!
プログレッシブ・ハウスに戻ってきましたね〜

あれ、2人ともパジャマ?笑

Nickさん(@afrojack)がシェアした投稿

3.) Just Got Something

アーティスト: Codeko
リリース日: 2018.6.8

オースティン・マホーンとコラボしたあのアーティストのサマーソング

Austin Mahone (オースティン・マホーン) とコラボしたシングル「Say Hi」がSpotifyで600万回再生を突破!
ポップなダンスミュージックヒットを出して勢いに乗っているCodekoのニューシングルは夏に聴きたいサマーバイブス満載の1曲。
リリックビデオもユニークでおもしろいですよね!

CODEKOさん(@codekomusic)がシェアした投稿

4.) Public Enemy

アーティスト: Yellow Claw & DJ Snake
リリース日: 2018.6.8

“オチョシンコ”ぶりにYellow ClawとDJ Snakeがタッグを組む

6月22日にリリース予定のYellow Claw (イエロー・クロー) のサードアルバム『NEW BLOOD』から、また新曲がシングルカットされましたが、、、
今回タッグを組んだのはなんとDJ Snake (DJスネイク) です!ベースミュージックアンセムとなった『Ocho Cinco』に続くコラボが実現。
聴いてみたらやはりまたBPM 150ノリの倍速トラップでしたね。「Click and clack, let’s go!」のフレーズを覚えたらこの曲で楽しく盛り上がれそう!

おもしろいのが、曲のクレジットのところにSkrillexの名前がありました!!どこを手伝ったんだろう?
(Jim TaihuttuとNils RondhuisはYellow Clawのメンバーです)

Yellow Claw DJ Snake – Public Enemy Lyrics Genius Lyrics

それにしてもジャケットがかっこよすぎる!

Yellow M.F. Clawさん(@yellowclaw)がシェアした投稿

5.) Remember Who You Are

アーティスト: Firebeatz
リリース日: 2018.6.8

Firebeatzがキャッチーなメロディをお届け!

オランダの2人組ユニット・Firebeatz (ファイヤービーツ) の新曲めっちゃいいじゃん!
聴いてて元気になれるというか、キャッチーなメロディがいい感じに乗れるというか。

Firebeatzといえば、同じく美メロプログレ系の2人組・Dubvisionとのスペシャルユニット「METAFO4R」でEDCに出演、さらにはTomorrowlandにまで出演が決定したそうです!
EDCでは他に、Kayzo & Ookay & Yultron & Dotcom (Marshmelloの中の人) のスペシャルユニット「THE BINCHES」が出たり、おもしろいコラボがたくさん見れました。

METAFO4Rさん(@metafo4r)がシェアした投稿

今週のおすすめEDM (6/4)

1.) Happier (Tiësto AFTR:HRS Remix)

アーティスト: Ed Sheeran
リリース日: 2018.6.1

エド・シーランのアルバム収録曲をティエストがエモーショナルアレンジ

2017年にリリースされたアルバムの中で一番印象的だったエド・シーランの「÷」から、収録曲『Happier』のDeep Houseなリミックスが発表されました!
手掛けたのはダンスミュージックシーンの皇帝的存在であるTiesto (ティエスト)。
アルバムを出したあとのプロモーションがやはり大事で、収録曲を時期別で区切って小出しに話題性を作っていくやり方、さすがポップスターだなと思います!

ティエストの新曲『Jackie Chan』のダンスビデオかっこいい。

Tiëstoさん(@tiesto)がシェアした投稿

2.) IDWK

アーティスト: DVBBS & Blackbear
リリース日: 2018.6.1

コーチェラで初披露されたあの未発表曲がついにリリース

「EDMブームで人気を集めたDVBBS(ダブズ)って最近何してるんだろう?」と思ったら、こういうエモい新曲を出してました!
しかもコラボしてるアーティストが、すごい。Blackbearっていうコーチェラにも出ていたアーティストです。
「だれ?」って感じだと思いますが、この記事がおもしろいので読んでみてください。無名だけどファンがたくさんいる、新時代の成功タイプ。
ビルボードやYourEDMなど海外大手メディアも現在大プッシュしてますのでチェックしておくといいかと!

タイトル『IDWN』は”I Don’t Wanna Know”(あなたのことを知りたくない)の略。
「彼女が自分のほかにどんな男性と関係を持っているのか、誰を愛しているのか?気になるけどでも知りたくない。自分だけだと信じたい。」っていう複雑な恋愛感情のようですね。

blackbearさん(@bear)がシェアした投稿

3.) Unity (HockeyLoverz Anthem 2018)

アーティスト: CAJOR ft. Wiep
リリース日: 2018.6.1

オランダのあるフェスのテーマソングが美メロでかっこいい!

おすすめの新曲紹介どれにしよっかなーってディグってたら (1日ずっと曲掘りしてました笑)、たまたま見つけたこの曲。
美メロなプログレッシブ・ハウスで万人ウケは間違いなし、と思ったら映像も何やらいい雰囲気。
<HockeyLoverz>っていうオランダのフェスがあるみたいで、映像の中には実際にホッケーをやってる若者が出てきます。

こちらがそのフェスのアフタームービーなんだけどすごい楽しそう!
ホッケーと音楽フェスを掛け合わせるって、オランダはおもしろいフェスがいっぱいあっていいですね~

4.) Haiku

アーティスト: MYLK
リリース日: 2018.5.29

海外大手レーベルから出た日本人女性トラックメーカーの新曲

海外レーベル「MONSTERCAT」のニューリリースを見ていると、水色とピンクの髪が印象的なMYLKというアーティストを発見!これはもしや日本人か!?
と思って調べたところ、なんとイギリス・マンチェスターを拠点に活動するYuki Kuriharaさんという日本人女性トラックメーカーでした!
自分で歌ってラップもするみたいで、この曲もおそらく本人が歌ってますね。アップリフティングなかわいいハウス!

やっぱり海外からの日本ってアニメのイメージが強いのでしょうか?日本人で評価されるにはこのくらい個性的なほうがよさそう!

MYLK // Yukiさん(@mylkofficial)がシェアした投稿

5.) Stay

アーティスト: Ben Gold & Sivan
リリース日: 2018.6.1

かっこいいトランスに出会った

DJ HACKsではあまりトランスのジャンルの曲を紹介することがあまりないのですが、かっこいい新曲を発見したのでピックアップしてみました!
カップルが主人公のミュージックビデオも世界観に入り込める感じでつい見ちゃう。
こういう高揚感を誘うトランスをフェスで聴きたい!(この曲の一番盛り上がるドロップで花火が上がるイメージ笑)

Armin Van Buurenがやってるレーベル「ARMADA MUSIC」のラジオで、Ben Gold本人がこの曲をプレイしたいみたい!

bengoldmusicさん(@bengoldmusic)がシェアした投稿

2018年5月のおすすめはこちら

次のページへ 1 2 3 4 5 6 7
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事