TOP > クラブミュージック > おすすめのEDM > 【毎週更新】現役DJが紹介する最新おすすめEDM【2018年版】

2018.07.24(Tue) DJ SHOTA おすすめのEDM

【毎週更新】現役DJが紹介する最新おすすめEDM【2018年版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週のおすすめEDM (4/30)

1.) Footprints (Dash Berlin Remix)

アーティスト: Frank Walker ft. Callum Stewart
リリース日: 2018.4.27

Dash Berlinが今年も日本にやってくる

昨年関西最大級のフェス「MUSIC CIRCUS」に出演したDash Berlinですが、今年は東京・お台場で開催されるS2O JAPAN 2018のヘッドライナーとして再び来日することが決定しました。
タイの水かけ祭りでおなじみのS2Oが日本に初上陸するので、「ウルトラみたいなEDMフェス+水かけ祭り=S2O=絶対楽しい!?」と話題になっています!
ウルトラ・マイアミでもプレイしていたフランク・ウォーカーの『Footprints』のリミックスがこのタイミングでリリースされたのでぜひチェック!

本当、かわいいおじさんです。笑

Dash Berlinさん(@dashberlin)がシェアした投稿

2.) Want You To Know

アーティスト: Slushii
リリース日: 2018.4.20

日本大好きSlushiiの新曲でました!

先日プライベートで日本を訪れた際に東京のいろんなクラブでDJしていた日本のことが大好きなSlushii (スラッシー)、彼らしい新曲を発表しました。
ドロップのところの「ハイ、ハイ」って声がかわいい笑
5月1日で21歳になったスラッシー、見た目のわりに若すぎませんか!?

slushiiさん(@slushiimusic)がシェアした投稿

3.) Jigsaw

アーティスト: Jay Hardway & The Him
リリース日: 2018.4.20

EDMっぽいFuture Houseが最高!

使ってる音はEDMに近い、でも全体的なテイストはあくまでFuture Houseって曲が最近増えていますね!
曲作りのスキルが人一倍高いJay Hardway (ジェイ・ハードウェイ) とメロディセンス抜群のThe Him (ザ・ヒム) が初コラボしました。

The Himといえば、Aviciiが急死したあとに『Without You』のリミックスを出していましたのでぜひ聴いてみてください!

The Himさん(@thehimofficial)がシェアした投稿

4.) I’m Not The One

アーティスト: Ravitez
リリース日: 2018.4.20

Afrojackの後継者として名高いRavitezの新曲が夏!

Afrojack (アフロジャック) がフェスに出るときによくサプライズでステージに登場するゲストの一人に「Ravitez (ラビテズ)」がいます。
「誰なんだろう?」って思ってた方いると思いますが、アフロジャックが今推している若手アーティストです (年齢は25歳)。
彼のリリースされたばかりの新曲が今風のポップなハウスで、聴いた感じ夏にぴったりだなと思ったのでぜひチェックしてください!

R ∆ V I T E Zさん(@djravitez)がシェアした投稿

5.) Melody

アーティスト: Lost Frequencies ft. James Blunt
リリース日: 2018.4.27

初来日公演を大成功におさめたベルギーのスターがあのシンガーとコラボ!

4月7日(土)に初の来日公演を開催し、大盛況に終わったベルギーのスターDJ・Lost Frequencies (ロストフリクエンシーズ)。
今回コラボしたのはなんと、10年以上前に大ヒット曲『You’re Beautiful』で全世界を感動させたシンガーのJames Blunt (ジェームス・ブラント)です!
Robin Schulzが『OK』という曲で彼とコラボしたときもめちゃくちゃテンション上がりましたが、今度はLost Frequenciesなのでもう最高!
ハウスミュージックのビートが組まれてはいるものの、アコースティックさがあってカントリーっぽくて、ポップスとして捉えてもおかしくないですよね、最高です(二度目)。

Lost Frequenciesさん(@lostfrequencies)がシェアした投稿

今週のおすすめEDM (4/16)

1.) Anthem

アーティスト: Hardwell & Steve Aoki feat. Kris Kiss
リリース日: 2018.4.13

Steve AokiとHardwellがコラボ!!

Steve Aokiが5週連続でやってるElectro House / Big Roomに立ち返ろうキャンペーン、ついにコラボ相手にHardwellが出てきました!!
このジャケットがもうすでに反則レベル笑 絶対注目しちゃいますね。
アンセムっていうタイトルも意味ありげだなーと思ってしまいます、ブームを再燃させたい2人なのでしょう!

Hardwellさん(@hardwell)がシェアした投稿

2.) Everybody Hates Me (Justin Caruso Remix)

アーティスト: The Chainsmokers
リリース日: 2018.4.13

チェインスモーカーズ最新曲のリミックス集が早くも登場!

初の単独来日公演が決まったThe Chainsmokersの2018年第3弾「Everybody Hates Me」のリミックスEPがさっそくリリースされました!
一番ピックアップされてるのはやはりチェインスモーカーズ・ファミリーのJustin Caruso (ジャスティン・カルーソ)。
初めて名前聞いたって人にとっては「誰それ!?」って思うかもしれませんが、彼は大学生ながらFuture Bassシーンで人気のあるプロデューサーなんです。
それだけじゃなくて、チェインスモーカーズのカメラマンをやってるRory Kramerとは大の仲良し、Matt Komoとも大学が一緒!?という関係値があります。

このリミックスEPのメンツを見ていたら、日本でも人気のあるSteernerが入っていました!
チェインスモーカーズのオフィシャルリミックスを任される人は有名というよりは新進気鋭のイケてる無名アーティストというイメージだったので、ここにSteernerが入ってるのはテンション上がる。

チェインスモーカーズは最近天才ドラマーとツアーを回っていますが、彼らのチームのピアノ担当も相当天才すぎてすげえ。。

The Chainsmokersさん(@thechainsmokers)がシェアした投稿

3.) One Kiss

アーティスト: Calvin Harris, Dua Lipa
リリース日: 2018.4.5

Calvin Harrisの作風がまた戻ってきた

Calvin Harris (カルヴィン・ハリス) の2018年第2弾シングルは、今をときめく歌姫デュア・リパをフィーチャリングしたDeep Houseテイストの1曲!
聴いた感じ、なんだか夏っぽくてこれから流行りそうですよね?
昨年はファンク推しだった彼も2018年はまた方向を変えてリリースしてきました。この曲のジャケットも斬新で面白い!

Calvin Harrisさん(@calvinharris)がシェアした投稿

4.) Source

アーティスト: Lucas & Steve
リリース日: 2018.4.6

昨年の来日公演の映像がPVで使われてます!

今ぐんぐんと人気をつけてきているFuture Houseのユニット、Lucas & Steve (ルーカス&スティーヴ) の最新曲!
最近はCore Music FestivalやBegginingなど、Future House / Future Bounceのアーティストを呼ぶイベントも増えているのでここら辺の音楽が好きな人もきっと増えていることでしょう。
ルーカス&スティーヴはその中でもさわやかなメロディのトラックを作ってるので、最近好きになった方はチェックするといいと思います!

Lucas & Steveさん(@lucasandsteve)がシェアした投稿

5.) Tongue Tied (Axollo Remix)

アーティスト: Dream Hackers ft. Joey Diggs Jr
リリース日: 2018.3.20

深夜に聴きたい、シティーポップ感のあるエモーショナルな1曲

チルな曲を中心にリリースしている「Chill Planet」から、激甘なメロウトラックが出ていたのでご紹介!
Future Bassな原曲をうまくチルなハウスのビートに持っていったのはAxolloという若いプロデューサーです。
彼はOliver Heldensのレーベル「Heldeep Records」からもこういうエモーショナルラインを出していたんですが、本当に最高なので彼の過去曲ディグってみてください!
こちらからフリーダウンロードできます。

今週のおすすめEDM (4/2)

1.) Believe

アーティスト: Don Diablo ft. Ansel Elgort
リリース日: 2018.3.23

Don Diabloがあのハリウッドで大注目の俳優とコラボ

アルバムを出したばかりのアーティストってそのアルバム収録曲を定期的にPVを公開したりして長く引っ張るイメージ。
ですが、今年2月にデビューアルバムをリリースしたばかりのDon Diablo (ドン・ディアブロ) はさらに新曲を出してきました!
ピアノのイントロからもう最高で、味のある男性ヴォーカルとディープなトラックがマッチしていて世界観のある曲だな〜という印象。

シンガーとしてコラボしたのは、アメリカの俳優でDJでもあるアンセル・エルゴート。
YouTubeのディスクリプション欄に2人のショートインタビューがあり、出会いや制作秘話が明かされています。
まとめるとこうです↓

「今から5年前、2013年に知り合った2人はすぐに意気投合。2015年にDon Diabloがこの”Believe”という曲のインスト(歌詞なしバージョン) をAnsel Elgortに送り、Anselはどういう歌を乗せようかしばらく悩んだ。フレディーマーキュリーのソングライティングのような、アリーナアンセムとしても成り立ち、かつ深い意味も込められているような歌にしたかった。やがて長い年月をかけて完成し、2018年3月というタイミングでやっとリリースができうれしく思ってる。」

Don Diabloさん(@dondiablo)がシェアした投稿

2.) Coming Home

アーティスト: Tiësto & Mesto
リリース日: 2018.3.30

Tiestoの次なるコラボ相手はMesto

定番の”Tiesto & ◯◯”シリーズ、今度のコラボは4月7日 (今週土曜日) に初来日するMesto (メスト) でした!
彼のFuture Bounceサウンドに虜になっているファンは多いですよね、メロディもあってしっかりバウンスできるエッジの効いたドロップが最高です。
今年のウルトラの名場面の一つ、ティエストがEd Sheeranの「Perfect」のマッシュアップをプレイしてる時に婚約した彼女をステージ上にあげたシーン。
有名DJの彼女ってこういう特権あるんですね!笑

Tiëstoさん(@tiesto)がシェアした投稿

3.) Pika Pika

アーティスト: Steve Aoki & Loopers ft. Vinnie Jones
リリース日: 2018.3.30

Steve AokiがBig Room / Electro Houseにカンバック!

タイトルが”ピカピカ”っていう、なんともユニークな曲を出してきたSteve Aoki (スティーヴ・アオキ)。
5週間に渡って5組のアーティストとコラボする「5OKI」っていうキャンペーンで、Big Room / Electro Houseサウンドに戻るというテーマがあると本人が明かしています!
たしかに前回出したQuintinoとのコラボ『Mayhem』なんかもろスタジアムアンセムって感じでしたもんね。このビデオもかなりおもしろい!

EDMシーンの今年のトレンドの一つに”Return to Big Room Sound”というのが本当にあるみたいです!
ベースハウスで今勢いに乗ってるLoopersとコラボするあたり、やはりアオキのセンスが光るな〜。

4.) Down For Anything

アーティスト: Sam Feldt & Möwe ft. KARRA
リリース日: 2018.3.30

サム・フェルトの新曲、トロピカルで良すぎる!

こちらのトロピカルな新曲、これは今年の夏に聴きたい曲リストに確実に入っちゃうほどオススメの1曲。
サム・フェルトも大好きなんですが、KARRAの声がドストライク!
「Möwe」って”モウ”とか”ムー”って発音すると思ってたんですが、調べたらドイツ語で”ムーザ”に近い感じでした。詳しくはこちらの発音の仕方のサイトで!

このトロピカル・ハウス・マフィアのメンバーに入りたいですね。

Sam Feldtさん(@samfeldtmusic)がシェアした投稿

5.) Find Your Wings

アーティスト: Slushii
リリース日: 2018.3.30

Slushiiが5曲の新曲を収録したEPを発表

Slushii (スラッシー) が新EP『Find Your Wings』をリリース!
ウルトラのセット個人的にはすごくよかったので見てみてください。

2018年3月のおすすめはこちら

次のページへ 1 2 3 4 5 6 7
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事