TOP > クラブミュージック > おすすめのEDM > ULTRA JAPAN出演アーティスト紹介!「Kaskade」のおすすめ代表曲5選

2014.09.17(Wed) DJ SHOTA おすすめのEDM

ULTRA JAPAN出演アーティスト紹介!「Kaskade」のおすすめ代表曲5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kaskade

出典:www.billboard.com

ついに今月ULTRA JAPANが27日、28日に開催されるということで!
今日から主な出演アーティストの紹介をしていきたいと思います。

今回ご紹介するのは、アメリカのDJ・プロデューサーのKaskade (カスケード) です。

Kaskadeとは?

kaskade4

出典:http://www.musicnewsnashville.com/

Kaskade (カスケード) は、43歳 (1971年2月生まれ) のアメリカ人DJ・プロデューサーです。
ファーストシングルをリリースしたのは2001年なので、音楽キャリアは30歳からということみたいですね。

2012年からULTRA MUSIC FESTIVAL MIAMIのヘッドライナーに名前が載るようになり、2013年になって初めてグラミー賞で2つの部門でノミネートされました。
2014年にはForbes誌が発表している世界で稼いでいるDJランキングで8位にランクインしました。なんと1年で17億5000万円稼いでいるそうですよ。

最近のメインジャンルはBig Room系のEDM

Kaskadeのプロデュースする曲のジャンルは、近頃は流行に合わせて主にBig Room系のEDM。
Big Roomとは簡単に言うと、シンセの音でつくられたメロディカルで高揚感のあるハウスやトランスに、エネルギッシュなエレクトロが組合わさったEDMのことを言います。
爽快感のあるキラキラしている感じの曲が多いですよね。そしてドロップ部分はキックがしっかりしています。
元々ハウスのDJなので、もちろんハウスミュージックもかけています。

America’s Best DJ

アメリカの最も人気の高いDJに2011年と2013年の2度にわたって選ばれているほどの実力者です。

そして、世界のDJランキングを発表しているDJ Magでは、2013年に36位にランクインしています。

kaskade2

出典:http://smileradio.net/

レギュラーイベント「Summer Lovin’」

Kaskadeはアメリカのラス・ベガスのMarqueeというナイトクラブで8月の毎週土曜日に「Summer Lovin’」というレギュラーイベントを持っています。
今年は2回ほど昼間のデイタイムからプールパーティーを行っているのですが、その模様がたのしそうなのでみなさん以下のムービーをごらんください。

先日自分もこの時期にラスベガスにいたのであそびに行けばよかったと後悔しています。。

ULTRA JAPAN 1日目出演決定

世界のさまざまな大規模フェスに出ているKaskadeですが、
記念すべきULTRA日本初上陸の「ULTRA JAPAN」の1日目に出演することが決定しています。
実はKaskadeは以前から日本とゆかりがあり、19歳のときに末日聖徒イエス・キリスト教会というキリスト教宗派のミッションで2年間日本に訪れていたそうです。

Kaskadeの代表曲

1. Room For Noise (Kaskade’s EDC Chicago Mash Up)

TiëstoとSwanky Tunesの『Maks Some Noise』という曲をDyroがRemixしたものが原曲になっています。
それにKaskadeがアカペラをのせてMash Upをしたのがこの曲。

2. Young & Beautiful (Kaskade Remix)

Lana Del Rey (ラナ・デル・レイ) の『Young & Beautiful』をKaskadeがRemixしたものです。
Kaskadeの曲は、暗い感じでミステリアスな女性ヴォーカルが似合いますね。

3. Atmosphere

おやすみ前に聴きたいくらいのやさしいヴォーカルとスローテンポなピアノの旋律が気持ちいいです。
ドロップ部分は力強くて、あえて少しテンポが遅い(BPM123)のでおもしろいEDMだなと思います。

4. No One Knows Who We Are

Kaskadeらしい旋律とLightsのきれいなヴォーカルが見事にマッチ!
ドロップ部分のエレクトロはSwanky Tunesらしさがもろに出てますね。

5. Something Something Champs

この曲は元々Kaskadeの『Champs』という曲があって、ヴォーカルをさらに加えたものです。
Kaskadeの曲は、メロディが心地いいものが本当に多いですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
Kaskadeワールドをおわかりいただけたでしょうか。
EDMアーティストっていっぱいいて正直違いがよくわからないケースが多いですが、Kaskadeはしっかり自分の色を出していることが明確にわかります。
曲をすべて聴くと一貫性があることにだれしも気づくかと思います。
そして、Sommer Lovin’の動画を見た方はお気づきの方いるかもしれませんが、フェスでは曲をそのまま流さず、フェス用に曲にアカペラをのせてMash Upにして流すことが多いです。
この気持ちいいメロディのEDMをフェスで聴くと最高なんでしょうね。
ULTRA JAPANに遊びに行く方は予習していってください!

Kaskade
Web: http://www.kaskademusic.com/
Facebook: https://www.facebook.com/kaskade
Twitter: https://twitter.com/kaskade
YouTube: https://www.youtube.com/user/kaskade
SoundCloud: https://soundcloud.com/kaskade

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事