TOP > クラブミュージック > おすすめのEDM > パンダがトレードマークのEDMアーティスト「Deorro (デオロ)」のおすすめ代表曲7選

2014.11.18(Tue) DJ SHOTA おすすめのEDM

パンダがトレードマークのEDMアーティスト「Deorro (デオロ)」のおすすめ代表曲7選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DJ MAGという世界のクラブ・DJ専門サイトが毎年10月に発表する世界のDJランキングをご存知でしょうか?
2014年のランキングではHardwellが2年連続No.1に輝いたことで話題となりました。

DJ MAGのランキングはファン投票によって決められるものであり、いくらヒット曲をその年に連発したとしても必ずしも上位に食い込めるわけではありません。
名前が売れ、確固たる根強いファンを獲得しつづけているランキング上位の常連がいます。
また逆に、圧倒的な数のファンを味方につけなければ、いくら有名だとしても順位は下がってしまいます。

2015年のランキングでは、初ランクインにしてなんと19位という下克上的な異例の初登場を果たしたEDMアーティストがいます。
今回は、パンダがトレードマークのEDMアーティスト Deorro (デオロ) をご紹介します。

DEORRO1

出典:Andrea Fiamberti

DJ HACKs Deorro Mix by DJ SHOTA by Dj Hacks on Mixcloud

Deorroって?

deorro3

出典:bpm Supreme

Deorro は、アメリカ出身のEDMアーティストです。
読み方は「デオロ」です。

本名はErick Orrosquieta (エリック・オロスキータ) と言います。
ラストネームがめずらしいなと思ったら、両親がメキシコ人だそうです。
名前の「orro」の部分は本名からきているっぽいですね!
以前は「TON!C」という名前で活動していました。

1991年8月生まれの23歳
私と同い年のようです。正直もっと上かと思ってたのでびっくりしています。笑

DeorroのDJキャリアは14歳の頃から始まります。
そしてロサンゼルスで育った彼は、17歳の頃に自分の曲の制作活動を始めました。

2012年にChuckie (チャッキー) の『Make Some Noise』という曲のリミックスをつくり、Beatport TOP 50に見事ランクイン。
そこでビッグネームのSteve AokiやLaidback Lukeに注目されるようになりました。

2013年にはHardwellが主宰を務めるレーベル「Revealed Records」から『Yee』をリリースすると、世界各国の音楽チャートにランクインする大ヒットを記録し、トップDJの仲間入りを果たしたのです。

トレードマークのパンダ!

Deorroといえば、パンダのマークですよね!

deorro2

出典:YouTube

Deorroは、PandaFunk (パンダファンク) というクルーに所属しています。

deorro6

出典:PicPhotosNet

パンダファンクは、Deorroと、ZooFunktion(ズーファンクション)、Whyel(ワイエル)らのレーベルです。
パンダのマークが描かれているDeorroのステージ衣装のように、アパレル製品も扱っているアパレルブランドでもあります。

かわいいキャップやTシャツなど種類が多く、個人的に欲しいくらいです!

2014年世界のDJランキング 初登場にしては最高の19位にランクイン!

Deorro4

出典:Your EDM

2014年、世界のDJランキング「DJ MAG TOP 100 DJs」にて念願の初ランクイン。
初登場にしてさらに19位を獲得してしまうという大大大快挙!

今回初登場の中では一番高い異例の19位に食い込むことができました。
前年はランキング圏外だったのにいきなり強豪をおさえて20位以内に入り込むとはさすがですね!

驚きなことに、Deorroはtwitterですべてのファンにリプライをしているそうです。
これほどの有名人だとその数も多いはず。。
ファンを大事にしている姿勢が、このランキングの結果に反映していそうですね。

*DJ MAG TOP 100 DJs 解説ページ
世界のDJランキング!DJ MAG TOP 100 DJs 2014

2014年、突然のDJ活動引退

SiriusXM's "UMF Radio" Broadcast Live From The SiriusXM Music Lounge At The W Hotel In Miami - Thursday, March 27

出典:Club Killers

絶好調のDeorroですが、ショッキングなことに2014年5月18日にDJ活動の引退をtwitter上にて表明しました。

理由は、DJツアーで世界を飛び回る生活をしていたら家族と過ごす時間がなかなか作れなくなったので、DJをやめて家族と過ごしたいと思うようになったからだそうです。

Deorroは23歳にして2人の子どもがいるお父さんなんですね。
お子さんもまだ幼いでしょうから、父親としては子どもたちと過ごす時間は特に大切にしたいに決まってます。

今後は、スタジオ・ワークにもっと専念したいという思いも語っています。
巨額な収入が得られるDJツアーよりも大好きな音楽制作を優先したということから、音楽にかけるアツい思いが伝わってきますね。

そして、自らのクルーであるパンダファンクの活動にもっと時間を割き、若い才能を伸ばしたいそうです。
パンダファンクのツアーのときは帯同してDJするかもというようなことも、またほのめかしているそうです。

それではいってみましょう!Deorroのおすすめ代表曲7選です、どうぞ!

Deorroのおすすめ代表曲7選

おすすめ代表曲をいっぺんに聴けるように30分のミックスをつくりました。
この30分の中に以下で紹介する7曲すべて入っています。ひとつひとつYouTubeを開かなくてももう大丈夫です。

DJ HACKs Deorro Mix by DJ SHOTA by Dj Hacks on Mixcloud

1. Dechorro

2. Rambo

3. READY!

4. Yee

5. Freak

6. Flashlight

7. Five Hours

まとめ

いかがでしたでしょうか。
Deorroのだいたいのイメージはおわかりいただけましたでしょうか。

Deorroの曲っておもしろい新しい音が多いですよね!
他のEDMの音とはまたちがい、Deorroの曲だとわかるくらい、音が特徴的でかわいいです笑

まだまだ将来これからといった時に、突然のDJ活動引退を発表しファンを驚かせることとなりました。
でも音楽制作は続けるみたいで、これからもDeorroの曲を聴くことができるのでひと安心ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事