TOP > クラブミュージック > おすすめのEDM > 次世代の若きイケメンEDMアーティスト「Danny Avila (ダニー・アヴィラ)」のおすすめ代表曲5選

2015.07.24(Fri) DJ SHOTA おすすめのEDM

次世代の若きイケメンEDMアーティスト「Danny Avila (ダニー・アヴィラ)」のおすすめ代表曲5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

若い次世代のEDMアーティストといったら、みなさんは誰を思い浮かべますか?

19歳のMartin Garrixだけじゃないんです。
EDMシーンのビッグネームたちからサポートを受ける期待のアーティスト、Danny Avila (ダニー・アヴィラ)をご紹介します。

dannyavila3

出典:facebook

Danny Avilaって?

dannyavila15

出典:facebook

Danny Avilaは、スペイン人EDMアーティストです。
1995年生まれで、現在は20歳。ぴちぴちのハタチです。
スペインの首都マドリードで生まれました。

2010年にKapitalというスペインのクラブで初めてDJデビューしました。
当時15歳の彼は中学生、中学生が大人の遊び場のクラブでDJをするんですよ!?
両親同伴という形でクラブでDJをしていたハードウェルの逸話もそうですが、ヨーロッパは恵まれた国が多いですね。

2012年には、イビザの有名ビッグクラブ「Pacha」と「Space of Ibiza」の最年少レジデントになり、大躍進を遂げました!
このとき弱冠17歳。もはやクラブシーンにおいて世界が認めるスーパースターですね。

どうして彼がこんなに有名になれたかというと、どうやらお父さんが有名クラブのオーナーなのだそうです。
もちろん彼のDJとしての実力と端正なルックスもありますが、お父さんのプッシュとプロデュースも上に登りに登りつめた要因となったようです。コネは大事。

dannyavila16

出典:mixing.dj

そしてこんなにイケメンに育ちました。もはや笑顔がアイドル級。
女子のみなさん、Danny Avila、いかがでしょうか?

dannyavila6

覚えやすい特徴を挙げるならば、


1.) 黒のタンクトップ・ノースリーブTシャツをよく着ている
2.) 髪型がアシンメトリーで前髪が長い
3.) 髪型の流れが全体的に片側に流れている

こんな感じでしょうか?とにかく見た目のこだわりが強そうなDanny Avilaです。

dannyavila12

出典:facebook

世界三大EDMフェスのひとつ「ULTRA MUSIC FESTIVAL」には、2013年から出演しています。
他にも世界のビッグフェスからオファーを受け、活躍の幅を日々広げているわけです。

dannyavilahakkasan

出典:edmsauce

同じく2013年には、MGMグループが経営するアメリカ・ラスベガス最高峰の高級クラブ「HAKKASAN」の最年少レジデントDJとして契約。
ここのレジデントになるのはかなり難しく、他にはCalvin HarrisやTiesto、Steve Aokiなどのビッグネームが毎週末のようにごろごろ名を連ねているクラブです。

Danny Avilaをフォローする
◼︎facebook
◼︎twitter
◼︎Instagram
◼︎Soundcloud

Danny Avilaのここがすごい!

dannyavila4

出典:facebook

1.) Tiestoをはじめ、ビッグネームたちに支持を受けている!

dannyavilatiesto

出典:Panama America

TiestoやHardwellが認めた若きアーティストとしても知られ、EDMシーンのビッグネームたちに猛プッシュされています。
動画を見てもわかる通り、ティエストのツアーを一緒に回ったりするくらいですからね。

2012年、当時彼が17歳の時、イビザのオープニングパーティーでDJをした動画がこちら。
今や世界No.1 DJの座に君臨しているハードウェルからも評価を受けています。

2.) 若くてイケメン!男女ともにファンも多い

dannyavila13

出典:flowmagazine

まるでアイドルかのようにイケメンなDanny Avila。
One Directionの中にもし彼が混じっていたとしても、特には違和感ありませんね?笑

弱冠20歳という若さで、曲をつくり、世界中のフェスやクラブでDJをして回る毎日。
19歳のMartin Garrixとは1歳差で、彼とよく並べられることも多いようです。

dannyavila11

出典:facebook

女性ファンのみならず、男性からの支持もアツい、今勢いのある次世代のEDMアーティストなのです。

3.) 派手なライブ・パフォーマンスで観客の心をすぐつかむ!

dannyavila9

出典:facebook

Danny Avilaといえば、曲の一番盛り上がるところで、ジャンプ&空中パンチをするイメージがあります!
お客さんの心をつかむのもうまくて、とにかくパワフルなDJスタイルなんですね。
ロックやメタルのアーティストのように激しいパフォーマンスも。

そしてその勢いはブースの中だけにとどまらず、オーディエンスにダイブまでしてしまいます!
写真を見る限り、結構な高さじゃないですか?

dannyavila8

出典:facebook

オーディエンスたちのところに飛び込んで行って祭り上げられているDanny Avila、若いっていいですね!

dannyavila7

出典:facebook

Danny Avilaのおすすめ代表曲5選

それでは、Danny Avilaのおすすめ楽曲を5曲ご紹介していきたいと思います。

1.) Rock The Place

アーティスト: twoloud vs Danny Avila

トゥーラウドとのコラボによってできあがったビッグルーム系EDM。
このヒット曲で初めて彼を知った、というEDMファンも多いのでは?

2.) BOOM!

アーティスト: Danny Avila & Merzo

この『BOOM!』という曲は、とにかくEDMフェスのメインステージ仕様の壮大なビッグルーム系EDMです。
Danny Avilaのライブパフォーマンスがよくわかるミュージックビデオになっています!

3.) Pump This Party

アーティスト: Danny Avila & Merzo

『BOOM!』と同様に、Merzoとの共同制作によってできたビッグルーム系EDM。
重低音がしっかり効いているドロップが魅力的で、この曲もフェスで聴きたい感じですね!

4.) Plastik (Acid Mix)

アーティスト: Danny Avila

Danny Avila単独名義の楽曲『Plastik』。原曲をさらに”アシッド風”にしたバージョンになっています!
「ビッグルーム系EDMだけがDanny Avilaじゃないぞ!」というかのように、かっこいいハウスをリリースしてきましたね。

5.) Close Your Eyes

アーティスト: Danny Avila & Kaaze

Danny Avilaの最新曲『Close Your Eyes』。
今度はきれいめプログレッシブ・ハウスをリリースしてきました!これはヒット曲になりそうな予感です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
Danny Avilaは次世代のEDMアーティストとして、Martin Garrixとともに注目されることの多いアーティストです!
若くてかっこいい、才能にも恵まれている。女子ウケはまちがいなし、さらには男子ウケすらもいいでしょう。

そんな彼が、2015年も来日します。

dannyavila2

出典:twitter

7月24日(金)に去年と同様、東京のT2 SHIBUYA (渋谷) にスペシャルゲスト出演します!
多くのEDMファンでごった返す一夜になりそうなので、見に行きたいという方は早めにお店に入ることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事