TOP > クラブミュージック > HIPHOPおすすめ曲 > 現役DJが選ぶ!BEST HITS 2016 〜HIPHOP・R&B編〜

2017.01.12(Thu) DJ KENMAKI HIPHOPおすすめ曲

現役DJが選ぶ!BEST HITS 2016 〜HIPHOP・R&B編〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

41.) Father Stretch My Hands Pt. 1

アーティスト: Kanye West ft. Kid Cudi
リリース日: 2016/6/7

42.) All Night

アーティスト: Chance The Rapper ft. Knox Fortune
リリース日: 2016/5/13

43.) Goosebumps

アーティスト: Travis Scott ft. Kendrick Lamar
リリース日: 2016/9/3

44.) Bounce Back

アーティスト: Big Sean
リリース日: 2015/10/31

45.) All There

アーティスト: Jeezy ft. Bankroll Fresh
リリース日: 2016/10/28

46.) Caroline

アーティスト: Aminé
リリース日: 2016/5/9

47.) Key To The Streets

アーティスト: YFN Lucci ft. Migos & Trouble
リリース日: 2016/2/23

48.) Wat U Mean

アーティスト: Dae Dae
リリース日: 2016/3/4

49.) No Shopping

アーティスト: French Montana ft. Drake
リリース日: 2016/7/16

50.) Lockjaw

アーティスト: French Montana ft. Kodak Black
リリース日: 2016/5/27

まとめ

例年通り、50曲を選ぶのはなかなか難しかったです。あいかわらずDrakeとFutureは問答無用で本当どの曲も大人気でしたね。しかしA$AP RockyやA$AP Fergが所属するA$AP MOBだったり、Fat Joe率いるTerror Squadだったり、DesiignerやFrench Montana、Young M.A.などのニューヨーク勢が2016年のHIPHOPシーンを大いに盛り上げてくれた気がします。

なんと言ってもここ日本で「HOT97 SUMMER JAM」が開催されたのが2016年大ニュースでしたね!日本のHIPHOPシーンにとって歴史的な1年でもありました。あの瞬間を体験できて本当にうれしかったのを覚えています。2017年も楽しみで仕方ありません!
なにはともあれ、今年もDJ HACKsをの愛読者さんたちに素敵な音楽の出会いをお届けしていきたいと思っています!

次のページへ 1 2 3 4 5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ KENMAKI
DJ KENMAKIは2002年にCLUB DJとして活動を開始するや瞬く間に関西を中心に脚光を浴びる。 国内外問わず、様々なビッグアーティストとの共演は彼にとって大きな経験となり、着実に実力とキャリアを築いていく事になる。 そしてそんな状況にも奢る事無く、更なる目標を掲げ2009年に東京へ進出。 またそれに照準を合わすかのように2009年と2011年にMIXCDを全国展開し、更に新たなファンを獲得する事に成功。 大都会のスピーディーかつポリティカルな環境をもってしても彼の勢いは止められず、「今最も成長している都内のDJ」として多くのCLUB関係者の間で注目されている。 東京を中心に全国規模で年間250本以上、数多くのCLUBのResident DJをこなすDJ KENMAKI。 2011年、2012年には海外アジア台湾でのDJ Playも成功させている。 2013年、2014年は徹底的にCLUB Playに特化したSTYLEで現場からの信頼と熱い支持を得る。同年2014年には世界的にも有名なRecord Pool ”DJ CITY JAPAN”のMix Cloud企画の第一弾DJとしてPick UPされ、MixCloud内で”HipHop,Rap部門””TRAP部門”で世界1位を獲得。そのMixの反響も凄まじくMixCloudのOfficial TumblrとTwitterでNewsとしてもPick UPされた。 若手からトップDJへ。もはやそれは手が届く距離にあると言っても過言ではない。
関連記事