TOP > クラブミュージック > おすすめのPOPS > おすすめPOPS紹介 #1 〜Break Free / Ariana Grande ft. Zedd〜【SiCK! POPS#1】

2014.08.27(Wed) DJ SHOTA おすすめのPOPS

おすすめPOPS紹介 #1 〜Break Free / Ariana Grande ft. Zedd〜【SiCK! POPS#1】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

pops_send1

SiCK!」というコーナーでは、EDM / POPS / HOUSE / HIPHOP / R&B / REGGAE / TWERK / TRAPなど、さまざまなジャンルの音楽を新しいもの中心に紹介していきます。

クラブでは耳にするけど、あの曲の名前がわからないといったモヤモヤを経験したことがある方、少なくないはずです。
ShazamとかSoundHoundを使って検索しても出てこないときってありますよね。
そんなモヤモヤを解消するのに少しでも役立てられればなと思っています。

また、新旧問わず、なつかしい曲も紹介していきます。
流行は移り変わりやすいので、もうクラブで流れなくなってしまった曲がいっぱいありますよね。
そんな曲を呼び起こしてみるのもいいかと思って、始めました。

SICK = かっこいい、イケてる」という意味です。
そんなイケてる音楽を紹介していきます。

それでは、Ariana Grandeの『Break Free』という曲をご紹介していきます!

Break Free / Ariana Grande ft. Zedd

breakfree3

出典:http://article.wn.com/

Ariana Grandeの待望の新曲『Break Free』です!

EDM界のスター、Zedd(ゼッド) とのビッグコラボが実現し、アナウンスされたときから話題になっていました。

breakfree2

出典:http://thissongissick.com/

微妙に2ショットになってます。笑
breakfree4

出典:http://zumic.com/

この曲のMusic Videoもおもしろいんです。
このように映画「スター・ウォーズ」を意識した感じになっています。最初のシーンなんかはまさに。

breakfree1

出典:http://zumic.com/

宇宙でエイリアンと戦うアリアナ、かわいくてセクシーです!

breakfree5

出典:http://www.idolator.com/

この自分の胸からロケット2発を発射するシーンはちょっと笑いました。笑

breakfree6

出典:http://www.jibuntsu.com

スタイルよすぎです!女性のあこがれですね。

breakfree7

出典:http://headlineplanet.com/

まとめ

いかがでしたでしょうか。
アッパーなヴォーカルと、EDM要素も含まれていて、パーティーチューンとして流行りそうなナンバーですね!
8月27日(水)にリリース予定のアルバム『My Everything』に収録されています。

なんとこのアルバムの18曲目には、日本のバイオリニストである葉加瀬太郎がコラボした『Baby I』のスペシャルバージョンも入っています。
このアルバム、アリアナ好きは必ずチェックですよ!

[amazonjs asin=”B00LFN01I2″ locale=”JP” title=”My Everything -Deluxe-“]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事