TOP > クラブミュージック > おすすめのPOPS > アメリカの国民的コメディ番組から生まれた「Ew!」(=”うぇっ!”という意味) って曲がおもしろい!

2014.11.05(Wed) DJ SHOTA おすすめのPOPS

アメリカの国民的コメディ番組から生まれた「Ew!」(=”うぇっ!”という意味) って曲がおもしろい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ew!3

出典:hulu

今回は、クラブミュージックではないですが、アメリカのおもしろいエンタメ番組についてです。
そのエンタメ番組のコメディコーナーから生まれた「Ew!」という曲がおもしろいので、ぜひみなさんにご紹介したいと思います。

アメリカのNBCが放映している「The Tonight Show Starring Jimmy Fallon」という番組をご存知でしょうか?

The Tonight Show Starring Jimmy Fallon Website

The Tonight Show Starring Jimmy Fallonって?

The Tonight Show

Wiki: The Tonight Show

The Tonight Showとは、1954年からアメリカNBCで放送されている深夜トーク番組シリーズのことです。
なんとこの番組は今日に至るまで60年も続いている長寿番組なんです。
放送開始から司会者が何度か替わってきましたが、2014年2月からJimmy Fallon (ジミー・ファロン) が務めています。

司会者 ジミー・ファロン

tonight-show-jimmy-fallon

出典:DailyNews

ジミー・ファロンは、アメリカの人気テレビ司会者で、映画に出演する俳優でもあり、歌手でもあり、コメディアンでもあり、プロデューサーでもあるという、多才なタレントです。
トークもおもしろいし、コントもできるし、本当におもしろい!

この番組は月・火・水・木・金の平日の深夜に放送され、彼が司会を務めて、女優・俳優から歌手までいろいろな豪華タレントを毎回ゲストに迎えるスタイル。
日本でいう、以前放送されていたフジテレビ「いいとも」の深夜バージョンみたいな感じですね。

ダニエル・ラドクリフがスゴイ特技を披露!

ew!4

出典:NBC

個人的におもしろかったのがこれ。
映画『ハリー・ポッター』シリーズの主演ダニエル・ラドクリフの知られざる特技を披露しているシーン。

彼にこんな特技があったなんて!
A,B,C…Zまで、すべてのアルファベットの頭文字を使ってだんだんテンポが早くなっていく高速ラップを披露!

こちらからYouTubeのチャンネルに飛ぶことができるので、もっと見たいと思った方はぜひチャンネル登録してみてください。
ぼくもこれから毎日見て、爆笑しながらこれを機に英語を勉強しようと思ってます!

YouTubeチャンネル「The Tonight Show Starring Jimmy Fallon」

コメディコーナー「Ew!」

この番組のコメディコーナー「Ew!」もまたおもしろいんです。
若者がよく使う”Ew!”って言葉、どういう意味かご存知でしょうか?

“Ew!” = 「うぇーー!!」「げぇーー!!」

基本的に「うわっ!気持ち悪っ!」って思った時に使います。あまりいい言葉ではないです。笑

Jimmy Fallonが演じるのはSaraという女の子で、”Sarah”じゃなくて”Sara”よってやたら言ってます。笑
この「Ew!」から生まれた曲がこちらです。

Ew! / Jimmy Fallon feat. will.i.am

Black Eyed Peas (ブラック・アイド・ピーズ) のwill.i.amがなんと女の子の格好で登場、フィーチャリングアーティストを務めています!

ew!1

出典:PopWatch

さっそくiTunesでこの曲ダウンロードしました!
DJでこの曲を流す人はおそらく誰もいないと思いますが、ぼくは使っていきたいです。笑
ちなみにBPMでいうと、130です。
最近流行っているMeghan Trainorの『All About That Bass』とかと一緒に使ったらいいかと思ってます。
All About That Bass / Meghan Trainor

大人気歌姫テイラー・スウィフトも出演!

そしてなんとTaylor Swift (テイラー・スウィフト) も過去にゲストで出演しています!

ew!2

出典:NBC

テイラーほどの大人気歌手がこんなに体張ってブサイクな格好できちゃうあたりが、海外ってなんでもありでいいなって思います。笑

動画の3分50秒あたりの、”Breaking Up”からの、”Getting Back Together”のところがおもしろかったです。
(Taylor Swift『We Are Never Ever Getting Back Together』の歌をかけて言ってます。)

アメリカのコメディって、こういうところで笑いをとってくるからスマートですよね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
動画を見た方にはわかると思いますが、結構おもしろいでしょう?
英語がわからなくてもおもしろいですこの番組。

こういう海外のコメディ番組を見ては、つくづく海外の陽気な文化がうらやましいと感じてしまうんですよねー。
同じように感じる方もいるかと思ったので、紹介させていただきました。

この番組を知るきっかけは「Ew!」のMusicVideoでしたが、知ることができてよかったです!
クラブミュージック以外の海外文化を紹介するのもたまにはありかなと思ってます。
むしろ、みなさんも何かオススメのコメディ番組がありましたら教えてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事