TOP > クラブミュージック > おすすめのPOPS > いまやポップス界の新女王との呼び声も高い!「Ariana Grande (アリアナ・グランデ) 」の代表曲

2014.05.17(Sat) DJ SHOTA おすすめのPOPS

いまやポップス界の新女王との呼び声も高い!「Ariana Grande (アリアナ・グランデ) 」の代表曲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ariana-grande-break-free

出典:http://images.j-14.com/

こんにちわ!DJ SHOTAです。

今回は期待の新人女性アーティスト、というよりもうすでにポップス界の女王というべきかもしれない、
Ariana Grande(アリアナ・グランデ)について紹介します!
男性女性両方から愛される美貌と、次世代のマライア・キャリーと言われるほどの歌唱力。
日本の女性でもアリアナのことを好きな人はかなり多いはずです。
いまや、知らなきゃ恥ずかしい女性アーティストになっています。

さまざまな新人賞を総なめにするほどの影響力。かわいくて歌うまい、さすがです。

それではアリアナ・グランデの代表曲をあげていきます!

Ariana Grandeの代表曲

Break Free

EDMアーティスト、Zeddとのビッグコラボで話題となった『Break Free』。
Music Videoが映画『スター・ウォーズ』を意識した仕上がりになっていますね。
アリアナの胸からロケットが出ているのがおもしろいです。笑

Problem

世界中のヒットチャートで1位独走していたアリアナのヒット曲『Problem』。
なんと、リリース後の初週にして40万ダウンロード越えを記録、最年少記録(20歳)を更新しました!
しかもフィーチャリングしてるのは新鋭女性ラッパーのIggy Azalea(イギー・アゼリア)!
本当今話題のアーティストとコラボするのがうまいです。

The Way

かわいいの一言に尽きます。笑
フィーチャリングしてちゃっかりイチャイチャしてるMac Miller(マック・ミラー)がうらやましすぎます。
この曲を境に、アリアナは注目され始めましたね。
歌詞もキュンキュンしてる女の子という感じで、めちゃめちゃかわいいです。

Baby I

恋する女の子の気持ちを歌っています。
あなたのことがすべてだけど、そう言おうと思うと言葉が複雑になっちゃうーって曲です。
アリアナの衣装にも注目です!まさに女の子の憧れ。
女の子のファンが多い理由がよーくわかります。かわいいですもん。

Right There

HIPHOPアーティストのBig Sean(ビッグ・ショーン)とのコラボ曲!
“Right There”というのは、私はすぐそばにいるわよという意味です。
ちなみに、このMVの中に出てくる恋人風の紳士役はかの有名なアーノルド・シュワルツネッガーの息子のパトリックです。

Popular Song

UKポップスの代表格であるMIKA(ミーカ)とのコラボ!
そんなMIKAとコラボしたアリアナ・グランデ。
軽快なリズムでポップなこの曲は女子ウケ間違いなしです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
かわいいしスタイルいいし歌うまいし。売れるべくして売れている女性アーティストですね。
今後がかなりたのしみな女性アーティストNo.1であると言えます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事