TOP > クラブ紹介 > LA在住の日本人女性DJが語る!ラスベガスのおすすめナイトクラブ・ベスト5

2015.10.20(Tue) DJAlice クラブ紹介

LA在住の日本人女性DJが語る!ラスベガスのおすすめナイトクラブ・ベスト5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラスベガスのナイトクラブ事情を、LA在住の日本人女性DJが解説!

lasvegas_alice

DJ HACKsをごらんの皆さん、お久しぶりです、DJ Aliceです。

私は現在、アメリカに渡ってカリフォルニアを拠点に音楽活動をしています。週末になると、ほとんど毎週エンターテイメントの聖地・ラスベガスで過ごしています。
ラスベガスといって想像できるのは、数々の世界最高峰のエンターテイメントですよね。
高級ホテルの中のカジノ、シルクドソレイユなどのミュージカルショー、数々のショッピングモール、そして一流のナイトクラブ。24時間眠らない街、とはまさにここのこと (アメリカではめずらしく、外でアルコールを飲んでも許されてしまうという街です)。
2016年に日本初上陸するEDC(Electric Daisy Carnival)の話題できっと日本では盛り上がっていると思いますが、本家EDCの開催地はアメリカ・ラスベガスです。

日本でもウルトラを見てダンスミュージックが好きになった方大勢いらっしゃると思うので、次のバケーションにラスベガスを選ぶのもいいと思います。ぜひ本場のシーンをどんどん体感していってほしいです。

今回は、クラブカルチャーの最先端をいく街・ラスベガスのナイトクラブや音楽事情についてお話しさせていただきます

ラスベガスでは、EDMシーンのビッグネームたちが毎日どこかしらにいる!

lasvegas_hakkasanlineup

出典:vegas24seven.com

さて、ラスベガスのナイトクラブシーンが実際どうなのかというと、世界のEDMフェスに出るようなビッグネームや全世界で人気を誇るシンガー・ラッパーがどこのナイトクラブでも毎週末出演しているイメージです。
たとえば、Tiesto, Calvin Harris, Steve Aoki, Avicii, Zedd, David Guetta, Diplo, Skrillex, Alessoなどの皆さんがよく知るEDMアーティストが毎日どこかしらでDJをしている状況です。かと思えば、Chris BrownやLil Jon、Snoop Doggなどもゲストで出演していたり。
さすがエンターテイメントの聖地だけあって、世界中から観光客が日々訪れます。ですので、どのナイトクラブも毎日異次元なにぎわい方をしています。にぎわっているというレベルはもちろん、日本のどのナイトクラブとも比べようがないレベル(クラブの大きさからもうすでに別格)。ちなみに、アメリカでは木曜日の夜から週末扱いなことが多いんです。

ベガスのナイトクラブは基本、高級ホテルの中にある!

lasvegas_door

出典:allvegasreviews.com

ラスベガスのナイトクラブはどこも、皆さんがハリウッッド映画や海外ドラマでよく見るいかにも”THE ラグジュアリー”なホテルの中にあります。ほとんどのクラブが宿泊者はルームキーを見せれば入場できることが多いので、ホテルを選ぶときは自分の好きなクラブを基準に選ぶのもオススメです!(ちなみにこれは宿泊者でも知らないことが多い秘密の情報❤

ラスベガスのおすすめナイトクラブ・ベスト5

lasvegas_Hakkasan

出典:traveltips4life.com

とはいっても、あれだけ華やかなホテルで埋め尽くされた街で、どこのホテルにどんなクラブが入っていて、どんな音楽がかかっているのか、せっかくなら最先端のナイトクラブの中でも今HOTなスポットを知っておきたい、、、という皆さんに、

毎週末ラスベガスで過ごす私、Aliceが今リアルタイムに流行っているナイトクラブ・ベスト5をご紹介します♪

1.) HAKKASAN (@MGM Grand)

lasvegas_hakkasan2

出典:ministryofsound.com

最初に「ラスベガスといえば!」の定番人気クラブを2つご紹介。

まずは、私の中で一番尊敬している世界最高峰のDJ Tiesto (ティエスト)がレジデントを務める、聖地「Hakkasan (ハッカサン)」!

HAKKASANが入っているホテルは、「MGM Grand」。

とにかく毎日、超有名DJに会える!

ここは、ラスベガスの中でも特に一番派手で、安定な人気を誇るナイトクラブ。Tiestoの楽曲のミュージックビデオにもよく出てきますね。
世界のビッグフェスに出演するような超有名DJ・プロデューサーたちが毎週末このクラブではゲストで出演しています。週末にTiestoが見られる確率はだいたい90%くらい。あのTiestoがほぼ毎週います。あとはCalvin Harris (カルヴィン・ハリス) やMartin Garrix (マーティン・ギャリックス)、Hardwell (ハードウェル) などもDJしてるね。

大きなフロアを囲むように周りにVIPルームがあって、どこにいてもDJブースを眺めやすいような作りになっています。かかっている音楽についてですが、メインフロアはパーティーの最初から最後までEDM / HOUSE。ゲスト級の有名アーティストたちのプレイ時間は、だいたい1時半とか2時くらいから。そして、3時すぎくらいまでDJしています。

メインフロアの他にもHIP HOPフロアが地下にあるのと、2階はVIPルームになっていてフロア全体が見渡せる作りになっているよ。

DJ中の演出も一流のエンターテイメント!

音響はどこのクラブもすごくパーフェクトなんだけど、ここはDJ中の演出が特にすごくダイナミック!ライトニングはもちろん、バルーンや紙吹雪など、”音楽を聴きにきた”というよりも”ライブショーに参加している“かのような気分になります。まさにエンターテイメントの聖地だからこその時間を過ごすことができます❤

ちなみにあとで詳しくお話しますが、MGMにはプールがついているクラブ「Wet Republic」も入っています。時期にもよりますが、春・夏にべガスに行くなら昼はプールパーティーが定番の過ごし方

2.) XS (@Wynn)

lasvegas_XS

出典:traveltips4life.com

次に紹介したいのは、安定の人気クラブ「XS (エックスエス)」。

XSが入っているホテルは、ラスベガスでも最高級の「Wynn (ウィン)」。

だいたいここで毎週定番でいるアーティストはSkrillex (スクリレックス) とKaskade (カスケード)。あとはAvicii (アヴィーチー) やZedd (ゼッド) も最近よく出演してるね。日本の皆さんもよくご存知の通り、Aviciiは年内のXSでのギグもキャンセルしてしまったみたいだけど。

べガスの夏の定番はナイトプールパーティー

毎晩のように大盛り上がりのXSは、箱の大きさでいうと他のクラブに比べてそこまで広いわけじゃないの。でもDJブースの後ろ側に「Encore Beach Club」っていう大きなプールクラブがあって、パームツリーやプール全体がライトアップされて、べガスならではのラグジュアリーな雰囲気が楽しめます。ちなみに、夏の間は毎週日曜日にナイトプールパーティーが定期的に開催されていて、プールの方のみオープンしています(通常のフロアは閉まっているの)。ビーチサンダル、ビキニで入場してプールの 中でお酒を飲んだり踊ったりできます。日本ではまず考えられないよね。笑

日曜日も毎回ステキなアーティストが出演しているよ♪ちなみに私が前回行ったときはArty (アーティー) のショーケースでした。プールの日はダンスフロアも小さめで、DJブースがすごく近いから迫力があっておすすめ!!金土の週末はプールが閉まってるんだけど、間違いなくいつも盛り上がってるからXSはぜひ一度行ってみて!これがラスベガスのクラブだって堪能してほしいです!

3.) OMNIA (@Caesar Palace)

lasvegas_omnia

出典:electronic.vegas

今紹介した2つはすごく定番のクラブだけど、次に紹介するのは、Alice的・最近のHOTスポット2つです。

2015年の6月に新しくできたクラブで、今もっとも注目されていていつも大行列のOMNIA (オムニア)。

OMNIAが入っているホテルは、Caesar Palace (シーザース・パレス)。

ラスベガスのクラブはとにかく並ぶ!並ぶ!並ぶ!

OMNIAはできて間もないのにいつ行っても他の店より並んでるし、ダンスフロアに人が入りすぎちゃって入場規制がかかってしまうことも。すっごく天井が高くて、音響もかなりダイナミック。ここにいくと出たあと私耳がおかしくなるの。それくらい。笑

ここは、Martin Garrix (マーティン・ギャリックス) やAfrojack (アフロジャック)、Krewella (クルーウェラ)、NERVO (ナーヴォ) など、Progressive Houseで有名なアーティストが毎週出演しているイメージ。

DJブースを囲うように大きなスクリーンがあって、映像の演出もすっごくインパクトがあります。ダンスフロアから見るDJブースは後ろの映像もあいまって、言葉にできないほどうっとりしてしまうような、感動的な空間にいる気分になります。フロアのバックには大きなダンスステージがあって、アクロバットのようなプロダンサーによるダンスがまたすごくインパクトがあって。フロアにいなくってもうしろにいても楽しめます。
OMNIAでの有名アーティストのプレイ時間はだいたい2時からですが、2時にはもうフロアに入れないことの方が多いです。やはり今注目のクラブだけあって、予想を超えるほど並びます。なのでぜひ早めに入場することをおすすめします!

4.) Drai’s Beach Club & Night Club (@The Cromwell)

lasvegas_drais

出典:purepeople.com

私が今一番お気に入りのクラブ「Drai’s (ドライズ)」。

Drai’sが入っているホテルは、The Cromwell (ザ・クロムウェル)。

ラスベガスのエンターテイメントやホテルがすべて集まる一番大きいストリートである、The Strip (ザ・ストリップ) のちょうど真ん中くらいに位置するHOTスポット。噴水ショーで有名なベラッジオのほぼ真向かいですね。ここが私の今一番お気に入りのクラブなんです。

ラスベガスの代表的ヒップホップ・クラブ

ラスベガスのほとんどのクラブがEDMやHOUSEのジャンルメインの中、Drai’sは数少ないオールナイト・HIP HOPクラブ。2015年のレジデントに選ばれているアーティストは、Chris Brown (クリス・ブラウン)、Trey Songz (トレイ・ソングス)、The Weeknd (ザ・ウィークエンド) の豪華すぎる3人。週末はこれくらい世界レベルのラッパーやシンガーが集まります。Drake (ドレーク) やSean Kingston (ショーン・キングストン) などもよく出演してますね。

アメリカではヒップホップが大人気!

他のクラブのゲストがほぼDJの中、Drai’sは基本的にシンガーやラッパー。世界の音楽チャート「ビルボード」を見ている人はよくわかっていると思いますが、アメリカではHIP HOPが大人気。
日本でいう「三代目やEXILEが好き❤︎」って子たちが、アメリカでは「Chris BrownやTrey Songzが好き❤︎」みたいな感じ?

Drai’sのゲストは超大物級アーティストなだけあって、出演時間が大幅に押すことはしょっちゅう。お目当のアーティストが出てくるまでに待ちくたびれそうになります。笑 でも、Chris Brownのショーなのにサプライズで他のアーティストも飛び入り参加してダンスショーなどをみせてくれたり、他では味わえないようなレアなステージがよく見られるのも魅力的!
HIP HOP好きにはまったく飽きないくらい、ここのDJのプレイは幅広くて楽しい!90’sから最新曲、西側から東側のHIP HOPまで、本当におしゃれなDJをするのでつい音に酔ってしまいます。

ちなみにここ、名前にビーチクラブってついている通り、昼間はビーチクラブもかなり有名で大人気!!ここも日によっては夏場ナイトプールパーティーをやっているの。ここもDJブースとダンスフロアは中だけど、開放感があってプールとつながっているからクラブの中からラスベガスの夜景を一望できちゃう
ラスベガスに行って初めてHIP HOPを好きになったという日本の友達もいるくらい、本場で聴くHIP HOPはものすごい迫力です!HIP HOP好きはぜひ行ってみてね❤

以上、2つが最近のHOTスポットでした。

5.) The Light (@Mandalay Bay)

lasvegas_thelight

出典:ign

最後に紹介したいのは、いろいろある中で迷うのだけど、、、私のお気に入りの「The Light (ザ・ライト)」。

The Lightが入っているホテルは、Mandalay Bay (マンダレイ・ベイ)。

女の子におすすめしたいベガスのナイトクラブ

ここは他のクラブとは少し離れたところにあるのと、日本ではあんまり聞かない名前のクラブだと思うけど、ぜひ女の子におすすめしたい。内装もすっごくきれいで開放感があって、壁も天井も全体を使っての演出がすっごくステキ!

一言でいうと、おしゃれ。笑

言い過ぎかもしれないけど、シルクドソレイユを見ているかのような、夢の中にきた心地がする空間。
Alesso (アレッソ) やIngrosso (イングロッソ)、Disclosure (ディスクロージャー) やHOOK N SLING (フックン・スリング) などが毎月DJしています。私の住んでるカリフォルニアの女の子たちに「べガスのクラブでどこが好き??」って聞くと、「The Light!」って答える子が多いから、これからもっともっと盛り上がってくとおもう❤

以上が私Aliceがオススメするクラブ5つでした。

プールパーティーやビーチクラブについて少しお話させてもらいましたが、ラスベガスの夏はプールパーティーが本当に定番。だって35度を余裕で超えるくらいすっごく暑いから。笑
ホテルのプールでもDJがいて音楽を楽しみながらプールサイドで飲んだりゆっくり過ごしたりもできちゃうけど、今ではビーチクラブといって朝の11時から有名アーティストがプールサイドでDJをするパーティーがラスベガスの新しい定番になっています。普通のナイトクラブにプールを加えたようなものですね。

afrojacksteveaokiwetrepublic2015

たとえば最初に紹介したMGMの「Wet Republic」も、TiestoやCalvin Harrisがよく出演しています。しかもかなりロングセットでプレイしているの。昼間っから良い音にひたりながら楽しい時間を過ごせるなんて贅沢すぎる!!

lasvegas_encorebeach

出典:NALUDA

あとは、Wynnのおとなり「Encore Beach Club」がおすすめ。比較的新しくってラグジュアリーなプールクラブ。Wet RepublicがHakkasanとだいたい同じアーティストが出演しているように、Encore Beach ClubはXSとラインアップが似ています。

もうひとつ有名なビーチクラブが、4番目に紹介したDrai’sですね。夜はオールナイトでHIP HOPパーティーが開催されているんだけど、昼はEDMのアーティストが多いの。だから昼と夜で全然ちがった雰囲気を贅沢に楽しめるよ❤
ビーチクラブに関しては、どこもきれいでおしゃれで盛り上がっていて正直甲乙つけがたい、、、ので好きなアーティストが出るかによって行き先を決めるのがいいかな!

最後にオマケで、私のようなHIP HOP好きの皆さんにもべガスナイトを楽しんでもらえるように、HIP HOPのクラブを軽くご紹介。

・The Cosmopolitan (コスモポリタン) というホテルのクラブ「MARQUEE (マーキー)」

lasvegas_marquee

出典:brentonhophotoblog.com

・Mirage (ミラージュ) というホテルのクラブ「1 OAK (ワン・オーク)」

lasvegas_1OAK

出典:traveltips4life.com

・Venetian (ベネチアン) というホテルのクラブ「TAO (タオ)」

lasvegas_tao

出典:vegashotelescapes.com

HIP HOPが強めのクラブです❤

まとめ

以上、私がオススメするクラブとリアルなラスベガスのクラブ事情でした。
ラスベガスは本当に、どこも音響はパーフェクト、音もでかいし、空間や演出に凝っているし、出演するアーティストも毎週末世界最高峰レベル。なので、正直きっとどこに行っても楽しめると思います。笑
ただ、ラスベガスはどこもすごく並ぶのと早めに入場しないと規制がかかることもあるので、一晩でいくつかのクラブを回るっていう日本ではよくあるスタイルがなかなかできないです。好きなアーティストがかぶっちゃった日には、どちらかを諦めなきゃいけなくなっちゃうんだけどね。。。。

でも、それもべガスのナイトライフの醍醐味かもね。
簡単に行き来できるようなクラブがひとつもないのも、世界レベルの空間を演出してるからだと思う。

日本ではオリンピックに向けて外国人観光客も楽しめる世界レベルの新しいクラブがこれからどんどんできそうな予感だけど!
ベガスのクラブを一度体験してみるとクラブに対するイメージも変わるかも!
ぜひ皆さん、次のバケーションの参考にして下さい❤

THANK YOU!

ALICE
Instagram
Mixcloud
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJAlice
オーストラリア、カナダなどグローバルな文化下で育ち、幼少期よりピアノや歌を中心とした生活を送る。 バイリンガルならではのストーリー性やリリックMIX、独自の世界観を生かしたDJ PLAYは、華やかなだけでなくフィメールDJの中でも異彩を放つ。 世界に発信していくエンターテイナーとして注目を集める国際派DJ。
関連記事