TOP > DJ機材 > Denon DJ、SERATO対応のインターフェイス「DS1」を発表

2015.01.23(Fri) DJ SHOTA DJ機材

Denon DJ、SERATO対応のインターフェイス「DS1」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NAMM 2015は、音響機器ブランド「Denon DJ」が、SERATO DJに対応したコンパクト・オーディオ・インターフェイス「DS1」を発表しました。

dennon4

出典:DJWORX

Denon DJによるオーディオ・インターフェイス「DS1」

denonn3

出典:BAX-SHOP

DJ用のソフトウェア「Scratch Live」や「SERATO DJ」を使っているDJの方多いと思います。

SERATOのソフトでターンテーブルやCDJを使ってDJプレイを行う際、オーディオ・インターフェイスが必要ですよね。
DJじゃない方にもわかるように説明しますと、ミキサーとターンテーブルの間にオーディオ・インターフェイスをかませることによって、パソコンでコントロールしながらDJプレイを行うことが可能になるのです。
黒い箱のような形をしたインターフェイスにはUSBケーブルが伸びていて、それをパソコンにつないではじめて、ミキサーと2つのプレーヤーとパソコンが連動するというイメージです。

普通はRANE社のオーディオ・インターフェイスが主流で、Scratch Live1〜4まで現在リリースされています。
多くのDJスタイルには必要不可欠のインターフェイスに、Denon DJから新たなモデルが登場しました。

スマートフォンサイズでコンパクト

dennon1

出典:Serato

Denon DJのDS1は、RANEのオーディオ・インターフェイスよりもコンパクトになっています!
それもスマートフォンサイズだというので、相当持ち運びに便利ですよね。

denon5

出典:DJWORX

見た感じ、USBケーブルを挿すところは1つのみ。

USBケーブルが2本挿せるRANEのScratch Live 4に比べると、これに少し不便を感じる方もいらっしゃるかと思います。
しかし、最近クラブのPAさんから教わったことですが、来日する外タレはScratch Liveの4ではなく、3を希望する人が圧倒的に多いそうです。
機材トラブルを避けるためでしょうか?
ひとつのパソコンにひとつのオーディオ・インターフェイスといったスタイルが主流なんでしょうか。

SERATO対応

dennon2

出典:Serato

“Serato DVS Interface”と機材の表面に記されていますが、これはセラート対応のインターフェイスですよということです。
DVS = Digital Vinyl System (デジタル・バイナル・システム)というのは、先ほども述べた通り、ターンテーブルやCDJでコントロールできるシステムってことです。

SERATO DJ, Scratch Liveを使ってDJしている方にはかなりホットな情報でしょう。
これからインターフェイスを買おうと思っていた方にとっては、考えてみるのもありかもしれません!

まとめ

RANE社のSLシリーズ以外のオーディオ・インターフェイスが発売されるということで、DJ業界ではびっくりのニュースでした。
あとは性能と値段についての詳細が、みなさんの気になるところでしょうか。

2015年春頃に取扱店にて発売される予定です。

ソース: DJ WORX

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事