TOP > DJミックスシリーズ > DJ HACKsが選ぶ!2017年上半期ベストヒットソング (PART 2)

2017.08.16(Wed) DJ SHOTA DJミックスシリーズ

DJ HACKsが選ぶ!2017年上半期ベストヒットソング (PART 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年も後半に突入したということで、2017年上半期に流行ったダンスミュージックたちをまとめたいと思います!
チェックしてなかった!という方、今からでも遅くありません。これさえ見ておけばトレンドをばっちし抑えられます。

今回は”PART 2″と題し、30曲を繋いだノンストップDJミックスを作りました。簡単に聴けるのでぜひ聴いてみてください!

DJHACKS_MIX_best2017_2

2017年上半期ベストヒット PART 2

こちらから視聴できます↑

ミックスのテーマは、BPM (曲の速さ) 120台のアップテンポな四つ打ちヒット。EDMからHOUSE MUSICまで今年のトレンドを集めました。
EDMのDJ・プロデューサーの”アゲアゲEDM離れ”が進んでいるものの、四つ打ち系の曲は今なお人気です!

トラックリスト

1.) Clean Bandit – Symphony ft. Zara Larsson (Dash Berlin Remix)
2.) Martin Garrix & Brooks – Byte
3.) Jonas Blue – By Your Side ft. RAYE
4.) Sondr – Live Love Learn ft. Peg Parnevik
5.) Sigala, Ella Eyre – Came Here for Love
6.) Spada – All For You ft. Abi f Jones
7.) Axwell / Ingrosso – More Than You Know
8.) MAKJ & Timmy Trumpet Feat. Andrew W.K. – Party Till We Die
9.) D.O.D – Sixes
10.) Michael Feiner – Bababa
11.) Jax Jones – You Don’t Know Me ft. RAYE
12.) Shawn Mendes – There’s Nothing Holdin’ Me Back
13.) Ed Sheeran – Castle On The Hill
14.) Lucas & Steve ft. Jake Reese – Calling On You
15.) Galantis – Pillow Fight (Galantis & CID VIP Mix)
16.) Hailee Steinfeld & Grey ft. Zedd – Starving (Bali Bandits Remix)
17.) Throttle – Found You (Make Me Yours)
18.) Oliver Nelson – Rhubarb
19.) Mr. Belt & Wezol – Boogie Wonderland
20.) Throttle – Hit The Road Jack
21.) Don Diablo – Save A Little Love
22.) John Legend – Love Me Now
23.) Third ≡ Party – Live Forever
24.) Robin Schulz – OK ft. James Blunt
25.) Kungs vs Cookin’ on 3 Burners – This Girl
26.) AJR – Weak (Cheat Codes Remix)
27.) Disco Fries feat. Jared Lee – Reckless
28.) Maggie Lindemann – Pretty Girl (Cheat Codes x CADE Remix)
29.) Miley Cyrus – Malibu (Tiësto Remix)
30.) Snakehips & MØ – Don’t Leave (Throttle Remix)
31.) A R I Z O N A – Oceans Away (Vicetone Remix)

1.) Symphony

アーティスト: Clean Bandit ft. Zara Larsson

ビルボードやSpotifyチャートにランクインした2017年の四つ打ちヒットと言ったらこの曲!
『Rather Be』で大ヒットした3人グループ (2016年にメンバーの1人が脱退) クリーン・バンディットの新曲です。
ミックスではフェスティバル仕様にアレンジされたDash Berlin Remixを使っています!

2.) Byte

アーティスト: Martin Garrix & Brooks

「DJ Mag TOP 100 DJs」で世界No.1のDJとなった20歳のマーティン・ギャリックス。
Brooksという今注目されているFuture Bounceシーンの若手アーティストとコラボし、キャッチーなメロディラインのアップリフティングなナンバーを発表!

3.) By Your Side

アーティスト: Jonas Blue ft. RAYE

2016年にリリースされた曲ですが、2017年に入ってもチャートに残り続けて人気だったためピックアップ!
今やヒットメーカーとしての地位を築きつつあるジョナス・ブルーはこの曲で人気に火がついたと言っても過言ではないでしょう。

4.) Live Love Learn

アーティスト: Sondr ft. Peg Parnevik

「Aviciiはまだ新曲を発表しないのかー…」と思っていた矢先、Aviciiサウンドに似ているこの曲を見つけてテンション上がったのを覚えています。
このソンダーというアーティスト本人もAviciiやKygoのハッシュタグをつけて公開していたくらいなので、狙いはそのファン層なのでしょう!
しかもUltra Musicという名門レーベルから出ているので、かなり期待されている新人アーティストっぽいです。

5.) Came Here for Love

アーティスト: Sigala, Ella Eyre

日本でもファンが増えてきて今まさに初来日が一番期待されていると言っても過言ではないアーティスト、シガラ。
キャッチーなメロディで夏にぴったりのトロピカルサウンドが持ち味の彼の新曲は晴れた日のドライブに最適!(夏どこ行った?ってくらい雨の日が続いていますが…)

6.) All For You

アーティスト: Spada ft. Abi f Jones

チャートなどには入っていないものの、DJ HACKs的にオススメしたいお気に入りの隠れ良曲です。
癒されるような女性ヴォーカルが最高な上にメロディも◎

7.) More Than You Know

アーティスト: Axwell / Ingrosso

8月5日に日本版シングルコレクションがリリースされたAxwell / Ingrossoのイチオシ曲。
彼らの曲はヴォーカル選びがいつもセンスいいですよね、聴いただけで彼らの曲ってわかる。この曲はもっと日本でも流行っていってほしい!

8.) Party Till We Die

アーティスト: MAKJ & Timmy Trumpet ft. Andrew W.K.

2016年末にリリースされたEDMで、クラブでヒットしているパーティーチューンです!
おじいちゃんおばあちゃんになってもパーティーできるくらい若くいたいですね笑

9.) Sixes

アーティスト: D.O.D

マイアミのウルトラ・ミュージック・フェスティバルで多くのDJがこの曲をプレイして世界的にも人気に。
疾走感のあるドロップは自然に足が動いてしまうほど乗れる!D.O.Dは9月に来日予定です。

10.) Bababa

アーティスト: Michael Feiner

この曲もクラブでヒットしている曲で、ひたすら「バババ」と叫んでいておもしろい!笑
ずっと聴いてると耳に残ってしまうくらい印象的で、だんだん音数が増えていくのがハウスミュージックだなーって思います。

ページ2へ (11曲目〜20曲目)

次のページへ 1 2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事