TOP > DJ初心者入門講座 > DJの鉄板ソフト!Scratch Liveとは?

2014.04.24(Thu) DJ SHOTA DJ初心者入門講座

DJの鉄板ソフト!Scratch Liveとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

sl

みなさんこんにちはDJ SHOTAです。
DJになるための入門講座第2回をお送りします。

第2回でお話しするのはDJになるために必須なDJソフト「Scratch Live(スクラッチライブ)」についての解説です。
DJのことをほとんど知らない人は全く聞いたことのない名前だと思いますが、このソフトを理解することはDJになる上で必ず必要なことです。

スクラッチライブについて何も知らない方でもこの記事を読めばスクラッチライブのことがわかるように開設していきます。

■RANE Serato Scratch Live SL 3 / スクラッチライブ SL3 【並行輸入品】

スクラッチライブの基礎知識

スクラッチライブとは何か?

スクラッチライブは、SERATO(セラート)社が開発したDJ用ソフトウェアです。

皆さんのPCに入っているiTunesのライブラリ上の音楽ファイルを読み込み、それらの曲を利用してDJプレイができます。
豊富な機能が搭載されていて、このスクラッチライブの出現によって多様なプレイスタイルを生み出すこととなりました。

またスクラッチライブには「DVS(デジタル・バイナル・システム)」といって、パソコンに入っている曲をターンテーブルでコントロールできる特徴があります。


ターンテーブルとはレコードを乗せて回転させる機械のことです。
またバイナルとはアナログレコードの一種でターンテーブルに乗せるレコードのことを指します。

普通のバイナルには曲が書き込まれてますが、スクラッチライブで使うバイナルは「コントロールバイナル」といって、そのバイナル自体には曲が書き込まれていません。
なのでバイナルをターンテーブルに乗せただけでは音楽は何も読み込まれず、DJをプレイすることができません。
ではどのようにしているかというと、パソコン上でスクラッチライブを操作してその場でコントロールバイナルに音楽ファイルをプレイしている時だけ書き込ませるイメージです。

スクラッチライブのインストール方法

続いて、スクラッチライブのインストール方法です。

インターフェースをご購入された方

「Rane Scratch Live」に同封されているインストールCDからインストールします。

WEBからダウンロードする方

インターフェイスを購入していない方でもweb上から無料でダウンロードすることができます。

スクラッチライブダウンロードページ

上記のURLはSerato社のスクラッチライブダウンロードページです。

ページ下の「More Manuals & Downloads」の中の「Scratch Live Mac OS X Installer」をクリックします。

sl_dl1

すると、Emailアドレスとそのパスワードを記入する画面が出てくるので、入力します。

その後、英語表記で「スクラッチライブのハードウェアはどのようなものをご使用されていますか?」という質問が出るので適当に答えればスクラッチライブのソフトダウンロード完了です。

まとめ

DJにとって必須なソフトスクラッチライブの概要からダウンロードまでご説明してきました。
次のステップはこちら
【DJ入門その3】スクラッチ・ライブでDJをするために必要な機材

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事