TOP > イベント情報 > EDMフェス > EDC JAPANはこんなに楽しめる!EDCの美しい世界観を演出する3つのキーワード

2017.04.11(Tue) DJ SHOTA EDMフェス

EDC JAPANはこんなに楽しめる!EDCの美しい世界観を演出する3つのキーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界三大EDCフェスの一つ「EDC (Electric Daisy Carnival)」が4月29日(土)・30日(日)に日本初上陸します。
世界中から豪華なヘッドライナーたちが集結するため話題となっていますが、今回は音楽以外の面で注目すべきEDCの魅力をご紹介します!

edc_20170407_15

ラスベガスのEDCの公式トレーラーが公開!

EDCはアメリカ・ラスベガスで毎年開催される世界最大級のダンスミュージックフェスです。
本国のオフィシャルトレーラーが先日公開されましたので、EDCの雰囲気を再確認するためにもまずはこちらをチェック!

EDC運営側のコメント「エレクトリックな空の下でまた会いましょう!(See YOU Under the Electric Sky!)」
なんておしゃれなメッセージなんでしょう。
たしかにEDCって、たくさんの電飾に囲まれたイルミネーションのような世界というイメージがあります。

edc_electricsky

また、トレーラーの最後にも「All Are Welcome Here (ここではどんな人でも皆受け入れられる)」という言葉が出てきます。
まさにEDMフェスの精神「PLUR」を大事にしていますね!
(PLUR: Peace [平和] / Love [愛] / Unity [団結] / Respect [尊敬])

EDCのここに注目したい!ベスト3

edc_20170407_3

4月29日(土)・30日(日)にEDCの日本版「EDC JAPAN 2017」が初めて開催されます!!
先ほどのトレーラーを見たあとでEDCが日本にやってくるのを楽しみにしているのはぼくだけじゃないでしょう!

トレーラーというのは、そのフェスの世界観を伝えるもの
この約6分間のトレーラーでEDCが何を伝えたいかを考えながら見ていくと、おもしろいことに気づきました。

フェスといえば巨大なステージでお客さんたちが盛り上がっている様子が注目されがちですが、実際はそれ以外の部分の描写が多かったんです。
それこそがEDCの大事にしている世界観であるはず、今回はそこにフォーカスしてみましょう!

1.) エンターテイメント性の高いダンサー・パフォーマー

edc_20170407_8

前からずっと思っていたのですが、EDCってこういうピエロのようなダンサー・パフォーマーが多い!
まるでサーカスにいるかのようなワクワクした気分になります!

edc_20170407_9

非現実的な空間を演出するのはモニュメントだけではなく、空間にいる人たちも重要なのです (ディズニーランドもそうですね)。
太鼓隊も女性だけではなく、男性バージョンも!

EDC_dancer_1

ジャック・スパロウ?笑

edc_dancer_2

アメリカのEDCでは名物である”BOOMBOX”ステージの上で踊るダンサーたち。

edc_dancer_3

もちろんピエロみたいなダンサーだけでなく、こういうかっこいいパフォーマーもいます!

edc_dancer_4

EDCの”All Are Welcome Here”=「すべての人が受け入れられる」精神が伝わってくる1枚。笑

edc_dancer_6

2.) EDCの名前にも入っている電照菊

edc_daisy_1

EDC=Electric Daisy Carnival
直訳すると「電照菊のカーニバル」となりますね。

名前についてるくらいなので、EDCは電照菊がキーワードになります!
ネオンの電照菊が美しすぎて、うっとりしてしまいます (フォトジェニック!)

edc_20170407_11

巨大なステージの真ん中にも実はでっかい電照菊がありました!

edc_20170407_6

このキャップかっこいい!EDC JAPANでも販売されるのでしょうか?
帽子何かぶっていこうか迷っている方は、当日にグッズ売り場で現地調達もありだと思いますよ!

edc_daisy_2

3.) フェスの一番の主役=お客さんのファッション

EDC_JAPAN_2017

ヘッドライナーのところをご覧ください。
“YOU”と書いてあるのは、「お客さんが一番の主役です」という意味です。

フェスでしか着れないおしゃれファッションをするのも楽しいですよね!

edc_you_2

そして撮影大会!会場はフォトスポットだらけなので、インスタグラマーは大興奮間違いなし!

edc_20170407_10

こちらは仮装大賞並みにハードルが高い、、、けどEDCのコンセプトにめちゃくちゃ合っている、、、ありだと思います笑

edc_you_1

「フェスでプロポーズなんて破天荒!?」ではありません、世界ではもはやフェスの名物となっていますよ!

edc_you_3

“YES”の言葉のあとでその場にいるみんなでカップルの婚約をお祝いして盛り上がるのも素晴らしいことじゃないですか!
まさにPLURの中の愛と団結の象徴ですね。

4月に入っても最近ではまだ冬のように寒い日もあるくらいですが、4月末はきっと暖かくなっているでしょう。
今からフェスで何を着ていくかワクワクしながらショッピングするのもありですね!

まとめ

以上、EDC JAPAN 2017でここに注目したら楽しめる!という内容をご紹介しました。
フェスというのは音楽だけではなく、その空間で起こるすべてのことの体験だと思っていて、新しい楽しみ方を見つけるのもまた一つの楽しみなんです!
このような巨大でド派手なフェスは1年に何回も開催されないので、EDC JAPANはマストでいきたいフェスですね!

まだ間に合う!チケット購入はこちらから
▶︎ EDC JAPAN 2017 オフィシャルサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。