TOP > イベント情報 > EDMフェス > EDC JAPANで来日する豪華なヘッドライナーたちを予習しよう!

2017.04.15(Sat) DJ SHOTA EDMフェス

EDC JAPANで来日する豪華なヘッドライナーたちを予習しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界三大EDCフェスの一つ「EDC (Electric Daisy Carnival)」が4月29日(土)・30日(日)に日本初上陸します。
今回は、世界中から集結する豪華なヘッドライナーたちを、最新のフェス動画とともにご紹介したいと思います!

edc_20170407_6

出典:facebook

EDC JAPAN 2017はラインナップがとにかく豪華!

EDC JAPAN 2017のオフィシャルトレーラーが公開されました!
すべてのEDCを運営するInsomniacの隣に、しっかり日本の大企業”GMO INTERNET GROUP”がクレジットされているのがすごいですね。

初開催となるEDC JAPANはとにかくラインナップが豪華!
ロゴではなく統一されたフォントで並べられているので一瞬わかりづらいですが、よく見ていくと「え、このアーティストも出るんだ!」っていう発見がたくさんあります (きっとこう思ったのは僕だけではないはず笑)

Afrojack (2日目) / Armin Van Buuren (2日目) / Axwell ∧ Ingrosso (2日目) / banvox / Daiki / DJ Ruppy / Kaskade (1日目) / Marshmello (1日目) / Martin Garrix (1日目) / Sander Van Doorn (1日目) / Seven Lions (2日目) / Shintaro / Sunnery James & Ryan Marciano (1日目) / TJO / Wataru / 中田ヤスタカ / Yamato / Yellow Claw (2日目)

Baggi (2日目) / Baumer / Bonnie X Cryde / Carnage (2日目) / Chace / Duke Dumont (1日目) / Fatboy Slim (1日目) / Galantis (1日目) / Gryffin (1日目) / Jauz (2日目) / Joyryde (2日目) / Knife Party (2日目) / Louis The Child (1日目) / Moe / Taku-Hero / Zedd (2日目)

A.Mochi / Cut Snake (2日目) / DJ AK / DJ L / Dubfire (1日目) / Licaxxx / Mansun / Midori Aoyama / Nicole Moudaber (2日目) / Sekitova / Tresvibes Soundsystem

この中から特に注目されている8組のヘッドライナーたちを最新のフェス動画とともにご紹介します!

1.) Zedd

zedd_1 (1)

出典:EDC JAPAN

おそらく一番日本人のお客さんが一番盛り上がりそうなアーティストはゼッドでしょう!
ゼッドは本当にワールドヒット曲が多すぎるので、当日は誰でも聴いたことあるって曲がたくさん流れるはずです。
ウルトラの動画を見ながら解説した記事を載せておくので予習にはこちらをどうぞ!

4月19日(水)までにゼッド・プロデュースのヘッドホンを予約購入した方の中から抽選で、来日時にゼッドと会えるファンミーティングに参加できる権利が当たるようです!

2.) Afrojack

afrojack_0

出典:EDC JAPAN

日本ではEXILEや三代目J Soul Brothers率いるLDHのマネジメントに入り、幅広い層に支持されているアフロジャック。
『Closer』や『No Money』などわかりやすい歌モノのマッシュアップを入れながら、しっかりアフロジャックらしさを感じられる攻めを見せているセット。
「最近あまりEDMの新曲を聴いてないから追いつけないんじゃないか…」って方でも、彼の名曲『Take Over Control』や日本で大ヒットしたDavid GuettaとShowtekの『Bad』などかけるので盛り上がれます!

個人的にはThe Chainsmokers & Coldplay – 『Something Just Like This』 のDavid Guetta & Afrojack Remixが聴けるの楽しみ!(まだリリースされてない未発表曲です)

3.) Armin Van Buuren

armin_van_buuren_1

出典:EDC JAPAN

アーミンは以前から自身のルーツであるジャンル”トランス”っていう地に足つけながらEDMのブームに乗ってきましたが、最近はどんどんトランスの世界に回帰してますね!
トランスって言っても、BPMが132くらいの (DJにしか伝わらないと思いますがw) トランスですね。わかりやすく言うと、トランスすぎない、EDMとの中間みたいなトランスが多かったイメージです。
今回トランス勢はあまりラインナップされていませんが、トランス好きも楽しめるはずです!

4.) Axwell ∧ Ingrosso

axwell_ingrosso_1

出典:EDC JAPAN

代表曲『Something New』の最近フェスでかけてるバージョン・NC Editを生で聴きたいですねーこれは感動する。
あとは何と言ってもSwedish House Mafia時代の名曲たちを聴けるのは本当最高。『Don’t You Worry Child』はマストで歌えるようにしておきたい!
彼らのステージはバックスクリーンの独特な映像も照明の暗い感じも世界観があってかっこいいですよね!

5.) Martin Garrix

martin_garrix_2

出典:EDC JAPAN


(オフィシャルの動画がなかったため、ファンが載せた非公式の動画をピックアップしています。削除されてしまう可能性あり)

2016年、世界No.1の座に輝いた20歳のマーティン・ギャリックスがEDC JAPANで来日!
なぜか公式で上がっていたウルトラの動画が削除されているので、非公式の動画をYouTubeで見つけたので載せておきます。

昨年のDJ Magのランキングが出る前に行った7日連続リリースキャンペーンを経て、ほぼ自身の曲だけでフェスセットを構成できるようになってきましたね!
イケメンだし、王道なEDMが多いので誰でも盛り上がりやすいと思います!

直近のニュースでは、以前からMartin Garrixが目をかけてきたBrooksというアーティストと初コラボした新曲をリリースしたのでチェックしておきましょう!

6.) Sunnery James & Ryan Marciano

sunnery_james_ryan_marciano_0

出典:EDC JAPAN

ビッグネーム級のEDMスターとは言えないかもしれませんが、ダークホース的な感じで楽しみなのがサナリー・ジェームス&ライアン・マルシアーノ。
彼らはどんなDJなのかと言うと、動画を見ていただければすぐわかりますが、ハウスをベースとしているけどでも少しEDM寄り?
民族音楽っぽいトライバル・ハウスを得意としていて、完全にリズム感で踊らせるDJです!
こういう音楽ってメインステージに出るような派手なDJスタイルではないですが、結局ずっと踊ってられるのはこっちなんですよね。
ハウスミュージック特有のじわじわ〜と上がってくる感じ、上級者向けかもしれませんがたまりません!

7.) Yellow Claw

yellow_claw_0

出典:EDC JAPAN


(オフィシャルの動画がなかったため、ファンが載せた非公式の動画をピックアップしています。削除されてしまう可能性あり)

イエロー・クローは1月に開催されたelectrox 2017に出演したばっかりでしたが、間を空けずに再び来日!
きっと会場を見渡すと、”Blood For Mercy”や”Barong Family”と書かれたグッズを身につけたりTシャツを着てる人が多いはずです。本当に日本でも大人気なので。

イエロー・クローをあまりよく知らないという方でも安心してください。
もう一度周りを見渡すとYellow Clawの信者的なファンが多いはずなので、周りを見ながら彼らに合わせて盛り上がっておくと一番楽しめるかと (エレクトロックスを見てそう思いました笑)

最近『Los Amsterdam』というアルバムをリリースしたばかりなので、これをチェックしておくと予習にいいでしょう!

8.) Galantis

galantis_1

出典:EDC JAPAN

ギャランティスもEDCで特に注目したいアーティストですね!
彼らのライブはおもしろくて、ただDJするだけでなくドラムパッドのセットもあって、まさに二刀流なんです。
動画を見るとわかりますが、かなり元気でハイエナジーあふれるDJだなって思いますよね?
でも彼ら実は年齢でいうとアラフォーなんですよ、それ聞いたらさらにすごくないですか?

ギャランティスは、AviciiやAlesso, Axwell ∧ Ingrossoと同じスウェーデン出身です。

まとめ

EDC JAPAN開催まで残り2週間を切りました!
だんだん気温も暖かくなっていって、ようやく春の訪れを感じています。
現在行くか迷われている方でもまだチケット購入のチャンスはあります!

まだ間に合う!チケット購入について

チケット購入はこちらから

1日券: ¥15,000
2日通し券: ¥29,000 (¥1,000お得!)
VIP 1日券: ¥35,000
VIP 2日通し券: 売り切れ

年齢制限は18歳以上です。

twitterキャンペーンを実施!

EDC JAPANは最近になってトレーラーを公開し、開催日に向けて我々をワクワクさせにかかっていますが、twitterのキャンペーンなるものがスタートしたようです。詳細は以下の通り。


<キャンペーン実施概要>
EDC Japan公式twitterアカウント(@EDC_Japan)をフォローし、
期間中に対象ツイートをリツイートしていただいた方の中から抽選で賞品をプレゼントいたします。
■対象ツイート
#私をベガスに連れてって
本場【EDC ラスベガス】VIP体験で人生最高の3日間。誰といく?
@EDC_Japanをフォローして一緒に行くフレンドに向けてRTするだけでエントリー完了!
今すぐ参加:insom.co/EDCJP_LV #EDCJAPAN
■キャンペーン期間
2017年4月14日(金)12:00〜4月28日(金)23:59 (日本時間)
■キャンペーン賞品
・3000リツイート以上:EDC Las Vegasご招待(VIPペア)+バックステージツアーをはじめとした限定VIP体験 2組4名
・2000リツイート以上:EDC Las Vegasご招待(VIPペア)2組4名
・1000リツイート以上:EDC Las Vegasご招待(GAペア)2組4名
※キャンペーン投稿のリツイート数に応じて賞品が異なります。予めご了承ください。
■参加資格
・日本国内にお住まいの満21歳以上の方で、twitterアカウントをお持ちの方
・21歳未満の方は応募できません。
・twitterを非公開設定にしている方は対象外となります。
・EDC Japan関係者の応募はできません。
■参加方法
STEP1 :フォロー
EDC Japan公式twitterアカウント「@EDC_Japan」を検索してフォロー。
STEP2 :リツイート
以下のつぶやきをリツイート。
#私をベガスに連れてって
本場【EDC ラスベガス】VIP体験で人生最高の3日間。誰といく?
@EDC_Japanをフォローして一緒に行くフレンドに向けてRTするだけでエントリー完了!
今すぐ参加:insom.co/EDCJP_LV #EDCJAPAN
※すでにEDC Japan公式アカウントをフォローされている方は、STEP2のみで応募できます。
STEP3 :当選確認
当選された方には、EDC Japan公式twitterアカウントよりダイレクトメッセージが届きます。その後詳細についてやりとりをさせていただきます。
※プロフィールの非公開設定をONにされている方は、参加対象外になりますのでご注意ください。
■注意事項
・リツイートは、公式リツイートに限定させていただきます。
・ダイレクトメールを受信拒否設定している場合、当選連絡をすることができないため、応募対象外となります。
・ご応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・ご当選連絡のダイレクトメッセージ記載のご返答締切日までに入力がない場合、当選を無効とさせていただきますので、予めご了承ください。
・ご当選の権利は第三者への譲渡や現金とのお引き換えはできません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。