TOP > イベント情報 > アジア屈指のパーティーアイランドで有名なフルムーンパーティーが日本でも開催!

2017.05.29(Mon) DJ SHOTA イベント情報

アジア屈指のパーティーアイランドで有名なフルムーンパーティーが日本でも開催!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨーロッパのパーティーアイランドといえば、スペインのイビサ島やクロアチアのパグ島
では、日本から比較的近いアジアのパーティーアイランドといったら皆さんはどこが思い当たりますか?

きっと多くの方がタイの「パンガン島」をイメージするかと思います。
なんて言ったって、満月の夜にビーチで開催される「フルムーンパーティー」があまりにも有名で、世界各地からトラベラーたちが訪れ一晩中踊り明かすクレイジーなイベントなんです!

今回は、そんなフルムーンパーティーがここ日本・東京でも開催される!というニュースをご紹介したいと思います。

full moon koh phangan593

出典:marxtermind.com

パンガン島のフルムーンパーティーとは?

fullmoonparty_1

出典:KRABI Tourism

DJ HACKsではこれからの夏に向けて世界各地のパーティーアイランドをフィーチャーしたいなと思い、前回はイビサ島に匹敵するほど盛り上がっているクロアチアのパグ島をご紹介しました。

そして日本からも行きやすいアジア屈指のパーティーアイランドとして忘れてはならないのが、タイのパンガン島ですね!

koh-phangan-thailand-1

出典:Geziyorsan

なんて美しい島なんでしょう。タイの離島は本当に最高。

自然が美しすぎるタイの離島: パンガン島

パンガン島、タイでは”Koh Pha Ngan”と呼ばれています (“Koh”は「島」という意味)。
当たり前にパンガン島と言っていますが、実はパ・ンガン島だったんですね、はい笑

ko-Pha-Ngan

首都のバンコクやリゾート地で有名なプーケットやパタヤとも離れています。
バンコクの空港から飛行機で1時間かけてサムイ島に行き、そこからフェリーで20分くらいするとパンガン島に着きます。

ドローンで撮影されたパンガン島全体が見てわかるYouTube動画を載せておきます!

満月の夜、大自然のリゾート島がパーティーアイランドに変貌

sunrisephangan_fullmoon_01

出典:Sunrise Resort

昼間はリゾート地として穏やかな時間を過ごせるパンガン島も満月の夜は一変、パーティーアイランドへと変わります!
そもそもパンガン島に行く人はだいたいがフルムーンパーティーに参加する目的で来ていると言っても過言ではないほど、パンガン島の代名詞になっています。

full-moon-party-3

パンガン島のフルムーンパーティーは“世界でもっともクレイジーなビーチフェスティバル”とも呼ばれるくらいですが、写真からカオスさが伝わってきます楽しそう!笑

百聞は一見にしかず!実際のパーティー映像を動画で見る

こちらのYouTube動画は結構尺が長いんですが、その分いろいろな様子が見てわかります。

1.) みんなネオンの光るペイントを塗っている

by www.phanganist.com

ネオンパーティーなのか!?というくらい、みんな顔や体に蛍光色のペイントを塗っていて服装も蛍光色が多い。
そして参加者はフレンドリーで、みんな心から楽しみに来ている様子が伺えますね!

2.) 音楽はトランスが多い!?オールジャンルのダンスミュージックが流れる

fullmoonparty_phangan

そして気になるのは”フルムーンパーティーではどんな音楽が流れているのか”ということですよね。
動画を見ていてジャンル的にはビートの速いトランスが多いように感じましたが、EDMやHIPHOP、POPSも流れていて流れる音楽的には日本のオールミックスクラブに近いような雰囲気なのかなと思いました!

お客さんも音楽を聴きに来ているというよりは、本当に騒ぎに来ているといったような感じ。
自分の知らない曲が流れてもノリノリで楽しんでいます!

フルムーンパーティーはいつやってるの?

満月の夜が来たらフルムーンパーティーやるぞということで、なんと毎月開催されています!!
詳しい日程については、パンガンウォーカーというサイトをご覧ください。

そしてびっくりなのが、パンガン島のパーティーはフルムーンパーティーだけじゃないんです。
毎月半月の夜に開催されるハーフムーンパーティー、さらには毎月新月の夜に開催されるブラックムーンカルチャーというパーティーなどもあるので、パンガン島に行けたのがフルムーンパーティーの時期じゃなかったとしてもだいたい何かしらのパーティーに当たると思うので楽しめるはず…笑

日本でもフルムーンパーティーが開催決定!

S__5038100>ここがすごい!本家のフルムーンパーティーと同じ日に開催

パンガン島での6月のフルムーンパーティーは、6月9日(金)予定です。
この日が満月になるという予報から、開催日が決められたわけですが…

日本の「FULL MOON RAVE 2017」も同日の6月9日(金)に開催されます!
しかも金曜日という、パーティーするには最高の日取りに満月がちょうど重なるなんて奇跡的ですよね。

開催場所は東京・新木場ageHa

場所は東京・新木場ageHaにて、全5フロア開放の特大フェスティバルになるようです!
野外エリアで真夜中に騒げるロケーションって日本にはあまりないですが、ageHaならいける。

東京のageHaでパーティーをしている同時刻には、タイのパンガン島で世界中から集まった観光客が騒ぎまくっているのを想像してみると、一段と楽しめるかも!?笑
そのうちパンガン島の中継なんかも見れるようになったらおもしろいかもしれませんね。

パンガン島のフルムーンパーティーでDJ経験のあるDJ KAYAがプロデュース

djkaya

日本で初めてフルムーンパーティーを大々的に開催するにあたって心強いのが、本家・パンガン島のフルムーンパーティーでDJをしたことのあるDJ KAYAさんが総合プロデューサーを務めていること!
(以下の動画はKAYAさんが実際にプレイした際のものです)

初めて出演したフルムーンパーティーでプレイした時に観客を盛り上げすぎて、またお代わりのブッキングをもらった伝説もあるほど!

何度もタイのパンガン島に足を運んでこのパーティーを体感している方が仕掛けているというのなら、説得力はばっちしですよね。
あとはどのくらい本場のパーティーと近づけられるかに期待したいです!

音楽ジャンルはトランス・サイケがメイン

fullmoonrave2017_2

パンガン島のフルムーンパーティーの動画を見ても、音楽はトランスやサイケが多いイメージでした。
日本のフルムーンパーティー「FULL MOON RAVE 2017」のラインナップを見てみると、日本のトランスシーンの重鎮たちが勢揃い!
トランス全盛期を経験したトランスファンにはたまりませんね。

ARENA フロア

S__5038109

こちらがこのフルムーンパーティーのメインフロアです!
全身ネオンペイントをしたバーレスクのダンサーたちも会場を盛り上げます!

WATER フロア

S__5038101

そしてまさに満月が見られる野外エリアのウォーターフロアでは、”PSYCHEDELIC RAVE”という名前でサイケのイベントが開催!
SkaziやShantiなど外タレの参戦も決定し、ワールドクラスなイベントとしての様相を呈しています。

ISLAND フロア

S__5038112

アイランドフロアでは、一世を風靡した男性ファッション誌「men’s egg」の歴代のモデルが30人以上大集結!

BOX フロア

S__5038110

ボックスフロアではフルムーンパーティーの代名詞である、”ネオン”をテーマにしたパーティーが開催。
フルムーンパーティーらしい、スペシャルなゲスト・アーティストが勢揃いです!

S__5038102

PARK フロア

S__5038111

野外エリアの一角に登場するパークフロアでは、”トロピカル・レイブ”が開催!
トランスやサイケの激しいビートに踊り疲れて一休みしたい時に、心地の良いトロピカル・ハウスが流れるこのエリアでチルするのもフルムーンパーティーの一つの楽しみ方です。

まとめ

タイ・パンガン島のフルムーンパーティーをご紹介しました。いかがでしたでしょうか?

僕はお隣のサムイ島のリゾートに1週間くらい泊まったことがあるのですが、まさに南国って感じで自然も最高、穏やかな時間を過ごすことができました。
島自体は簡単に一周することができるので、街でタイっぽい衣装を揃えてレンタカーで色々と探検していたのを覚えています。
もちろんサムイ島でもゾウに乗れますよ!

タイはバンコクやプーケットなどもいいんですが、この夏リゾート地に行きたいならタイの離島はおすすめです!
パンガン島のフルムーンパーティーは毎月やっているみたいなので、どこかのタイミングで行ってみるのもありじゃないですか?

そして日本でフルムーンパーティーが開催されると聞いた時は正直「おっ!来たか!」と思いましたが、海外のパーティー文化を日本に持ってくる動きは今後とも応援したい!
日本も規制ばかりでなく、海外みたいにもっと自由に遊べる国になるといいですね。
「FULL MOON RAVE 2017」は6月9日(金)、東京・新木場ageHaにて開催です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事