TOP > イベント情報 > EDMフェス > ULTRA JAPAN 2017、第2弾出演アーティスト発表!

2017.08.02(Wed) DJ SHOTA EDMフェス

ULTRA JAPAN 2017、第2弾出演アーティスト発表!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年9月16日(土)・17日(日)・18日(月)の3日間にわたって東京・お台場で開催される日本のEDMフェス「ULTRA JAPAN 2017」の第2弾出演アーティスト発表がありました!

ULTRA JAPAN 2017 LINEUP

ウルトラ・ジャパン 2017のラインナップがさらに豪華に!

ultrajapan2016_20170802

海外からライブアーティストが3組、DJヘッドライナーが2組追加されました!

KSHMR / Tchami / Underworld

Knife Party / Nicky Romero

ULTRA JAPAN PHASE2

日程別のタイムテーブルも発表!

2017_Ultra_Japan_PH1_lineup_03-compressor

DAY1: 16日(土)

メインステージ

Alesso
Steve Angello
Nicky Romero
Deorro
Sam Feldt
Tokoto Mitomi
Raiden
Mykris
banbox

ライブステージ

Empire of the Sun
Porter Robinson
水曜日のカンパネラ
Xxxsss&Masia One
Chanmina
Teddyloid

レジスタンスステージ

Seth Troxler
Eats Everything
Takkyu Ishino
Naoki Serizawa
Terry

パークステージ

AK
Junkilla
DJ Baku
DJ Hokuto

DAY2: 17日(日)

メインステージ


The Chainsmokers
Hardwell
Knife Party
Slushii
Nick Martin
Ksuke
Justin Oh
Devarra
Junior & Royal

ライブステージ

Tchami
KSHMR
Monstar Rion
Habanero Posse
Moe

レジスタンスステージ

Sasha | John Digweed
Nic Fanciulli
Stephan Bodzin LIVE
Fumiya Tanaka
Osamu M
DJ Ogawa
Mushixxx

パークステージ

Vandal Rock
2 Wasted
DJ Maar
DJ Yogurt

DAY3: 18日(月)

メインステージ

Tiësto
Steve Aoki
Kygo
Rezz
Getter
Frank Walker
Yasutaka Nakata
Florian Picasso
TJO

ライブステージ

Underworld
Pendulum
Crossfaith
MIYAVI
DJ Aki & Yuuki
Yamato

レジスタンスステージ

Carl Cox
Joseph Capriati
Jon Rundell
Ken Ishii
Sekitova
Alyn
Bagagee Viphexi3

パークステージ

S2
Sesco
Monkey Timers
Okadada
Jommy
DJ Kekke
Yukibeb
Kazusa

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事