TOP > イベント情報 > 【予習シリーズ】9月のAxtone Night @ CAMELOT に出演する海外ゲストDJ 3組をチェック

2017.09.09(Sat) DJ SHOTA イベント情報

【予習シリーズ】9月のAxtone Night @ CAMELOT に出演する海外ゲストDJ 3組をチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界的EDMアーティスト・Axwellが主宰する海外名門ダンスミュージック・レーベル「Axtone Records」と、東京・渋谷の人気クラブ「CAMELOT」がコラボ!
7月・8月・9月と3ヶ月連続でAxtoneファミリーから海外アーティスト3組ずつ毎月来日するコラボレーションナイトが開催されることになりました。

今回は9月16日(土)=ULTRA JAPAN 2017初日の夜に開催される、第3回目のAxtone Nightに向けてチェックしておきたい情報をご紹介します!
ウルトラに参戦したあと、夜は渋谷に移動してキャメロットにAxtoneファミリーたちを見に行くのがオススメコースです。

axtone_camelot_3

Axtone Nightの盛り上がりがとにかくヤバい!

camelot_axtone_snap1

Axtone Recordsによる来日ツアー「Axtone Night」が東京・渋谷CAMELOTにて7月1日(土)、8月5日(土)と2日間開催されました。

記念すべき第1回目はAxtoneファミリーから、Shapov / M.E.G. & N.E.R.A.K. / Dave Winnel の3組が出演 (アフタームービーで振り返る↓)。

第2回目は、KO:YU / NEW_ID / Will Kの3組が出演 (アフタームービーで振り返る↓)。

(↑ちなみにこちらはうちの映像チームで制作した動画です!)

参加したお客さんの声

9月のAxtone Nightのラインナップを予習しよう!

axtone_camelot_day3

出典:iflyer

7月・8月のコラボナイトに引き続き、9月16日(土)に第3回目が開催されます。

9月16日といえば、ULTRA JAPAN 2017の1日目ですね!
毎年恒例ですが、ウルトラの開催時期はお祭りムードになっていて、都内各クラブでも豪華なアフターパーティーがあります。
ウルトラには出ないけどウルトラの開催時期に来日する外タレもいるくらいです笑

「ウルトラの夜にクラブに行っちゃうと翌日のウルトラ2日目が…」と思われる方いると思います。
実際ウルトラで見たいヘッドライナー級のアーティストは夕方あたりからなので、オールしたとしてもしっかり睡眠とって参戦できるでしょう!
ウルトラに出たアーティストも、「Axtone Nightやってるからキャメロットに行ってみたい」ってなるかもしれませんしね (外タレ追っかけ組の方要注目)。

今回のAxtone Nightでは、ウルトラでは見られないレアなメンツが勢揃いしているのでチェックしていきましょう!
ゲストとして来日するのは、D.O.D / Klahr / Corey James の3組のアーティストです。

海外ゲスト1.) D.O.D

D.O.Dさん(@dj_dod)がシェアした投稿

今のトレンドを追っかけてる音好きの方にとっては大本命なアーティストなのでは!?

イングランド生まれのイギリス人DJ/プロデューサー・D.O.D (読み方: ディー・オー・ディー)。
本名はのDan O’Donnell (ダン・オドネル) から頭文字をとって、D.O.Dというステージネームに。

大ヒット曲『Sixes』でAxtoneデビューを飾る

フェスでもクラブでも一度は聴いたことあるでしょう、2017年の四つ打ちヒット曲『Sixes』。踊りやすさMAXのダンスアンセムです!

この曲で初めてD.O.Dを知ったという方もいるでしょう!
今年3月ののウルトラ・マイアミでは何度も聴いた覚えがあります。7月のTomorrowlandでもよくかかってましたね。
Axwell ∧ Ingrosso, Alesso, Fedde Le Grandをはじめとする多くのビッグアーティストがこぞってプレイしていました。

D.O.DはAxtoneでリミックスは出していたものの、シングルは『Sixes』が初めて。
Axtone Records以外でもビッグレーベルからリリースしていて、

Spinnin RecordsからFedde Le Grandとのコラボ『Love’s Gonna Get You』

Afrojackのレーベル・Wall RecordingsからAfrojackとのコラボ『Taking You Back (Afrojack Edit)』なども。

DJの中でもDJスキルで魅せられるタイプ

D.O.D、実はDJスキルが高いDJなんです!
以下の動画ではPioneer DJのRMX 1000という機材を使いながら、3台のCDJを操っています。

D.O.Dさん(@dj_dod)がシェアした投稿

2013年に公開された動画ですが、こちらもおもしろい!

【予習用】D.O.Dの最新プレイ動画

7月に開催されたTomorrowland 2017のフル動画です。
おそらく当日もこのセットに近い内容だと予想されるので、予習しておきましょう!

海外ゲスト2.) Klahr

Klahrさん(@johannesklahr)がシェアした投稿

独特の世界観に魅了される!

Klahr (読み方: クラー) は、スウェーデンの若きDJ/プロデューサーです。
彼の面白いところは、Axtone Recordsに在籍しながら、ハウス路線の曲だけでなくメロディのきれいなFuture BassやミドルテンポのElectronicaもリリースしているんです!

知名度的にはまだまだですが、他のAxtoneファミリーとはまたちがったタイプのサウンドプロデューサーということで、注目されている新進気鋭のアーティスト
上の写真を見ていただければわかりますが、スペイン・イビザの大人気クラブ「Ushuaia」にブッキングされたりもしてます (←結構すごい)。

なんてったって、あのAxwellが信頼を置いているくらいですからね!

Klahrさん(@johannesklahr)がシェアした投稿

Klahr、もしや日本が大好き!?

Klahrのリリース曲でAxtoneっぽい四つ打ちだったら、『Sapphire』や『lyon』などが代表曲として挙げられると思います。
しかし今年リリースしたばかりのデビューEP『Wild Dreaming』では、ミドルテンポのエレクトロニカ2曲、ジャージークラブっぽいの1曲、四つ打ち1曲という構成でした。
そして全曲ともKlahrの独特の世界観が伝わってくる内容です。

上の『Wild Dreaming』はEPのタイトルにもなっているシングルですが、PVに「野生を夢見る」という日本語のテロップが出てきます!外人的には日本語がかっこいいのでしょうか?

4 Klahr KEV Dreaming Wild Lyric Video YouTube

と思ったら、このEPに収録されている曲で『Shinjuku Speed Dating』というタイトルのものがありました!新宿!?
しかも「ありがとう!」っていう声のサンプリングも聴こえてきます。クラーは日本が好きなのか!?

【予習用】Klahrの最新ライブセット

7月に開催されたTomorrowland 2017でのライブセットです。プレイしている様子はわかりませんが、音だけでお楽しみください。
Future Bassやミドルテンポのエレクトロなどを最近リリースしているものの、フェスやクラブでは四つ打ちをプレイしています!ベースハウスが多いかな?

海外ゲスト3.) Corey James

こんなにかっこいい音が作れる若いプロデューサーはいない!

Corey James (読み方: コリー・ジェームス) はD.O.Dと同じくイングランド出身のイギリス人DJ/プロデューサーです。
1992年8月生まれの25歳です。アー写よりも実物の方がかっこいいタイプ!?

彼のジャンルは渋いProgressive House / Groove Houseで、縦ノリでも横ノリでも盛り上がれる!
音圧がかなり効いてるので、聴いた感じはハウスなんだけどEDM寄りに近いですかね。

Corey Jamesの曲をフェスで使っているアーティスト多数!

Steve Angelloがいつも自身のフェスセットで取り入れている『Make The Crowd Go』はCorey Jamesの曲です。
独特なベース音がめちゃくちゃかっこいいのと、ドラムパターンが巧妙に作られているのでずっと踊ってられる!

Corey JamesがWill Kとコラボした『Let Me See You』もSteve AngelloがTomorrowlandでプレイしていました!
Steve Angelloは相当Corey Jamesのこと気に入ってるぽいです (ラジオも誘ったりするくらい)。

Tom Staarとのコラボ『Bird Flu』も超かっこいい!

2015年のTomorrowlandではNicky RomeroがCorey Jamesの『Collage』をプレイ!

2015年のウルトラ・マイアミではDash BerlinがGalantisの『Runaway (Corey James Remix)』をプレイして爆踊りしてました笑

【予習用】Corey Jamesの最新ライブセット

7月にハンガリーで開催されたBalaton Sound 2017というビーチフェスでのライブセットです。
Corey Jamesは自身のオリジナル曲が踊れる曲ばかりなので個人的には一番楽しみ!

まとめ

Axtone初の3ヶ月連続・来日ツアーも最終日を迎えました。
今回出演する3組の海外アーティストをご紹介しましたが、なんとなくイメージがつきましたか?

今まで開催された2回とも評判がいいので、来年もアジアツアー期待したいところですね!
ウルトラのあとは、今年最後のAxtone Nightを渋谷CAMELOTで楽しみましょう!

Axtone Night 開催スケジュール
6/30 (金) @大阪JOULE 【終了】
7/1 (土) @渋谷CAMELOT 【終了】
8/4 (金) @大阪JOULE 【終了】
8/5 (土) @渋谷CAMELOT 【終了】
9/15 (金) @大阪JOULE
9/16 (土) @渋谷CAMELOT
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事