TOP > イベント情報 > EDMフェス > EDMの名門レーベル「Spinnin’ Records」が日本にやってくる!TDME (Tokyo Dance Music Event) がまもなく開催

2017.11.29(Wed) DJ SHOTA EDMフェス

EDMの名門レーベル「Spinnin’ Records」が日本にやってくる!TDME (Tokyo Dance Music Event) がまもなく開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダンスミュージックシーンを牽引し続ける世界の名門レーベル「Spinnin’ Records」の看板パーティー「Spinnin’ Sessions」が日本初上陸!
11月30日(木)・12月1日(金)・12月2日(土)に東京で開催される日本発のダンスミュージック・カンファレンス「TDME (Tokyo Dance Music Event) 2017」とのタイアップでスペシャル開催されることになりました!

TDME 2日目となる12月1日(金)の21:00〜25:00に渋谷ヒカリエ ホールAで開催されます。
Spinnin’を代表する豪華アーティストが登場するということで日本のEDMファンの間で話題になっていますので、チェックしていなかった方は要チェックです!

tdme2017

チケットはこちらから→ TDMEオフィシャルサイト

『Booyah』を生んだEDM最強レーベルが日本初上陸

spinnin_wide

EDMが好きな方の中で、この”S”のマークをどこかで見たという方は多いはず。
なぜならこのSマークのSpinnin’ RecordsはEDMシーンにおいて最高峰のレーベルで、今まで数々のヒットソングを生み出して来ました。

たとえば、日本で大ヒットしたパリピEDMの代表曲『Booyah』は2013年にSpinnin’ Recordsからリリースされました。

ヒットソングとともに、今世界の最前線で活躍するDJ・アーティストも輩出してきました。

たとえば、世界で人気No.1 DJと言われている若き天才・Martin Garrix (マーティン・ギャリックス) はSpinnin’ Recordsと契約してヒット曲を連発していきました。

djmag_1_martingarrix

あとはバウンス系EDMでおなじみのVINAI, R3hab, TJRなどもSpinnin’ Recordsの契約アーティストです!

最近はEDMからハウスの流れに

バウンス系やビッグルーム系のEDMで一時代を築いたSpinnin’ Recordsも、時代が変わるとともに最先端の音楽を常に提示し続ける立場として新しい方向性を示し始めました。
以前は重低音を効かせたフェスティバルアンセムが多かったですが、現在ではより軽めのFuture Bounce / Future House / Deep House方面のイメージの方が強い。
もともとSpinnin’ Recordsが発表しているミックスショーではダンスミュージックの伝統に沿ったハウスミュージックが多かったこともあって、激しいEDMからまた時代が戻って来たのかなといった印象です。

そんなタイミングで日本に初上陸が決まり、来日アーティストも現在のSpinnin’の看板でもある贅沢なラインナップ3名が揃いました!おさらいしていきましょう。

1.) EDX

EDX

ヘッドライナーとして最初に発表されたEDX (イーディーエックス)。

彼はヨーロッパ屈指のパーティーアイランド、スペイン・イビサ島をはじめツアーで世界各地を飛び回っているハウスのDJです。
キャッチーなDeep HouseやFuture Houseを作るのが上手くて、特にヨーロッパではものすごく人気!(アムステルダムに行った時EDXの人気を肌で感じました)

EDXの新曲と最新のミックスショーを聴いて雰囲気を掴んでおきましょう!

2.) Madison Mars

94a3eb615492c22ceb724bab2169995d-670x446

Future Bounceシーンの代表的アーティスト、Madison Mars (マディソン・マーズ)。

ビルボードヒットやビッグアーティストの楽曲のリミックスで名前を見たことがあるという方もいらっしゃるはず。

Spinnin’以外でも、Don Diabloが主宰するレーベル「Hexagon Records」からもよくリリースしています!

3.) Mike Williams

MikeWilliams

同じくFuture Bounceシーンの若き天才、Mike Williams (マイク・ウィリアムス)。

Spinnin’の未来を担うアーティストとして期待されていて、TiestoにもフックアップされているイケメンDJです。
メロディのあるキャッチーなFuture Bounceが盛り上がれるので個人的に大ファンでもあります!

これからくるアーティストとして世界的に期待されているので覚えておくといいですよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
Spinnin’を簡単に語ることはできないのでもっと話したい内容が山ほどあるのですが、簡潔にまとめてみました。
とにかくこの3名のアーティストはなかなか日本で見られないので、この機会を見逃すともったいない!ということだけ伝えておきます。笑

そして12月1日(金)に東京・渋谷ヒカリエ ホールAで開催される「Spinnin’ Sessions」では、なんとぼくDJ SHOTAもラウンジDJとして出演することになりました!!!

言っていいのかわかりませんが、TDMEの主催の方は本当にイケてて、「日本で初めてADEのようなダンスミュージックのカンファレンスを作りたい」と言って去年TDMEをスタートさせてから2年目でSpinnin’ Recordsとのタイアップを実現させてしまいました!
Spinnin’のファンが大歓喜しているのもうれしいことではありますが、何よりダンスミュージックという分野において日本が世界に着々と近づいているということがぼくは一番うれしい。

世界で流行っているものを輸入して商売にするのもいいですが、輸入してばかりではダメで、日本で作ったものを日本から世界へ輸出していかなければならない!
そんな意識を持って活動している方が近くにいることでとても勇気をもらえますし、日本のダンスミュージックシーン業界全体で共有していけたらいいなと思っています!

TDMEを応援したいので、ぜひ皆さんSpinnin’のイベントも含めTDMEに足を運んでみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事