TOP > イベント情報 > EDMフェス > EDC JAPAN 2017 初開催!どんなフェスなの?

2017.04.01(Sat) DJ SHOTA EDMフェス

EDC JAPAN 2017 初開催!どんなフェスなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年も4月に入り、EDC JAPAN 初開催まで30日を切りました!
世界三大EDMフェスのひとつ「EDC (Electric Daisy Carnival)」が4月29日(土)・30日(日)に日本初上陸します。

edc_20170407_15

出典:facebook

EDCって?

edc_20170407_1

出典:facebook

ULTRA (ウルトラ)、Tomorrowland (トゥモローランド) と並ぶ世界最大級のEDMフェス「EDC」をご存知でしょうか?
「いろんな名前のEDMフェスが世界中にあるけど、実際どうちがうの?」って思うところですよね。

las-vegas-adventures-strip.jpg.rend.tccom.1280.960

出典:Travel Channel

EDCは、世界のエンターテイメントの中心地と言われるアメリカ・ラスベガスで開催される都市型フェスなんです。
(ULTRAはアメリカのマイアミ、Tomorrowlandはベルギーのボームで開催されています)

ラスベガスっていうと、ネバダ州のだだっ広い砂漠の中にお金持ちたちが街をつくり始め、まるで”砂漠の中のオアシス”とでもいうかのようなイメージですよね!
ベガスに憧れた旅行者が世界中から訪れ、カジノをはじめ多くのエンターテイメントが栄えています。街全体がゴージャス!

“The Strip”という長い大通り沿いにいくつものおもしろいホテルが立ち並び、そのホテルの中にクラブがあるんです。
みなさんが知っているEDMアーティスト、HIPHOPのラッパーたちが毎日のようにどこのクラブでもラインナップされていて、音楽好きにとってはいつ行っても楽しめます!

そんな中心地から22キロほど離れた郊外にある「ラスベガス・モーター・スピードウェイ」というレース・サーキット場でEDCはゴージャスに開催されます!

広大なサーキット場の中には特設の遊園地があったりと、ラスベガスで開催されるだけあって多くのエンターテイメントが会場内に集結しています。
フェス会場に遊園地があるって普通だったらありえないですよね?笑

edc_20170407_7

出典:facebook

会場にはEDCの世界観を表現するダンサーや曲芸師など、オリジナリティにあふれたパフォーマーも登場。

edc_20170407_8

出典:facebook

edc_20170407_9

出典:facebook

写真を撮ってSNSにアップする、思い出に残すのもフェスの楽しみ方のひとつですよね!
派手な衣装・メイクに身を包みパフォーマンスをする彼ら彼女らと写真を撮ってるだけでも楽しいのです!

edc_20170407_10

出典:facebook

写真はパフォーマーさんたちもそうですが、特設されたアートモニュメントも見所!
EDCの世界観を形づくるド派手な装飾も、他のフェスと一線を画す工夫として知られています。

edc_20170407_11

出典:facebook

音楽がメインではあるものの、音楽以外でも十分に楽しめてしまう夢のような空間なんです。
ぼくも昨年EDCウィーク (6月中旬) のラスベガスに行きましたが、街全体がEDCムードでしたね。
お店の店員やタクシーの運転手にも「おお日本人か!EDCには行くのか?」って聞かれたり、「EDC! EDC!」って叫びながら歩いている若者が多かったのを覚えています笑

“ザ・エンターテイメント”なEDCが日本で開催されるなんて、考えただけでワクワクしてきませんか?
それではEDC JAPANの話に移っていきましょう!

EDC JAPANの舞台は幕張、ステージは3つ!

EDC_JAPAN_2017

EDC JAPAN 2017は、フェスやライブの会場としておなじみの千葉県・幕張で開催されます。
開催日時は4月29日(土)・30日(日)の2日間。

幕張の海に面した海浜公園と、千葉ロッテマリーンズの本拠地であるZOZOマリンスタジアムにEDCステージが特設されます。

1.) kineticFIELD

EDC_kineticfield

出典:EDC JAPAN

ZOZOマリンスタジアム内のステージ。
サマソニに行ったことがある方、Avicii来日公演に行った方は想像しやすいでしょう。

このステージに出演するアーティスト:
Afrojack (2日目) / Armin Van Buuren (2日目) / Axwell ∧ Ingrosso (2日目) / banvox / Daiki / DJ Ruppy / Kaskade (1日目) / Marshmello (1日目) / Martin Garrix (1日目) / Sander Van Doorn (1日目) / Seven Lions (2日目) / Shintaro / Sunnery James & Ryan Marciano (1日目) / TJO / Wataru / 中田ヤスタカ / Yamato / Yellow Claw (2日目)

2.) circuitGROUNDS

EDC_CircuitGrounds

出典:EDC JAPAN

幕張海浜公園の砂浜に特設されるビーチステージ。
Electric Zoo Beach Tokyoに行ったことがある方はおわかりいただけると思います。

このステージに出演するアーティスト:
Baggi (2日目) / Baumer / Bonnie X Cryde / Carnage (2日目) / Chace / Duke Dumont (1日目) / Fatboy Slim (1日目) / Galantis (1日目) / Gryffin (1日目) / Jauz (2日目) / Joyryde (2日目) / Knife Party (2日目) / Louis The Child (1日目) / Moe / Taku-Hero / Zedd (2日目)

3.) neonGARDEN

EDC_NEON

出典:EDC JAPAN

おそらく幕張海浜公園内に特設され、テクノやハウスメインのステージ。
ULTRA JAPANでいう、”RESISTANCE” (レジスタンス) ステージのような位置づけでしょう。

このステージに出演するアーティスト:
A.Mochi / Cut Snake (2日目) / DJ AK / DJ L / Dubfire (1日目) / Licaxxx / Mansun / Midori Aoyama / Nicole Moudaber (2日目) / Sekitova / Tresvibes Soundsystem

まだ間に合う!チケット購入について

edc7

チケットは2日通し券がお得!

チケット購入はこちらから

1日券: ¥15,000
2日通し券: ¥29,000 (¥1,000お得!)
VIP 1日券: ¥35,000
VIP 2日通し券: 売り切れ

年齢制限は18歳以上!

年齢制限は18歳以上とされています。
ウルトラで20歳以上という年齢制限の壁に泣いていた大学1,2年生の皆さんは大歓喜ですね!
(中高生のEDMファンの皆さんはまたもや残念ですが…)

まとめ

EDC JAPAN 2017は日本の大企業「GMO」が主催するフェスとしても話題となりました。
今まで大企業が名前を前に出してフェスをやることなんてなかったですよね?

GMOカルチャーインキュベーション代表の吉山さんは以前、TDMEという日本初のダンスミュージック・カンファレンスでこう言っていました。
「EDMフェスのPLURの精神 (Peace, Love, Unity & Respect: 平和・愛・団結・尊敬)、精神性・世界観を一番共感できたのがEDCだった。多くのフェスがあるが、ラインナップと同じくらいフェスの世界観や精神性が大事。これをブームやムーブメントに終わらせず、カルチャーにしていきたい。」

これから日本のダンスミュージックシーンを盛り上げていくフェスの主催者の頼もしいお言葉ですね!
たしかにEDC JAPAN 2017のラインナップはものすごく豪華。
一気に多くのアーティストが発表され、よく見ていくとその中には何人ものスター級アーティストが横並びになっていました。

でもラインナップだけが売りだったら他のフェスと変わらない (どのフェスに行っても代わり映えがなくなってしまう)。
だからこそ、そのフェスの世界観や精神性こそが大事なんです!
ディズニーランドもアトラクションだけが売りじゃないですよね、アトラクション・空間も含めディズニーの世界観が楽しいのであって。

EDC JAPAN 2017は日本初開催ということもあって、音楽ファンをはじめ多くの日本国民が期待しているフェスです。
ゴールデンウィークの初っ端からビッグイベントに参加して連休をフルに楽しみたいところです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事