TOP > イベント情報 > EDMフェス > electrox 2015、タイムテーブル発表!4つのステージの見どころを解説

2014.12.20(Sat) DJ SHOTA EDMフェス

electrox 2015、タイムテーブル発表!4つのステージの見どころを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年1月4日(日)に開催される冬のEDMフェス「electrox 2015」の各ステージのタイムテーブルが発表されました。

electroxtt

electrox

4つのステージから繰り広げられる”エレクトロックス劇場”

electroxmap

出典:electrox

2015年の”音初め”、”踊り初め”といったら、冬のEDMフェス「electrox」でしょう。
世界スケールでのEDMブームの影響と、念願の日本初上陸を果たしたULTRA JAPAN効果もあいまって、日本のEDMフェスの需要は急激に高まっています。
そんな中で、エレクトロックスはウルトラの次に開催されるEDMフェスとして多くの注目を集めています。

今回のエレクトロックスには、4つのステージが用意されています。
それぞれのステージに特徴があり、どのステージも最初から最後まで楽しめるような内容になっています。
それでは各ステージのラインナップを見ていきましょう!

electrox STAGE

出演アーティスト: Armin van BuurenAbove & BeyondNEW WORLD PUNXDVBBSVINAIRobin SchulzDAISHI DANCE

いわゆる、”メインステージ”です。フェス感を一番感じられるステージといって間違いないでしょう。
ラストを締めくくるのは、このフェスで一番注目が集まるArmin van Buurenです。
その他にも、現在ノリにノっているDVBBSVINAIは見ものでしょう!
個人的には2014年世界的なトレンド曲となった『Waves』や『Prayer In C』のRobin Schultzが気持ち良いハウスでいい仕事をするんじゃないかと思っています。

SONIC BEATS STAGE

出演アーティスト: DiploSander van DoornQuintinoDon DiabloBAAUER☆TAKU TAKAHASHIYAMATO

“影のメインステージ”といった感じでしょうか。
このステージを一番楽しみにしている方も多いと思います。
大本命は、世界的プロデューサーDiploでしょうね!
2014年はSkrillexと組むことが多く、世界のダンスミュージックシーンの中心に常にいるアーティストです。
日本でどのようなおもしろいプレイを見せてくれるのでしょうか。
また、DiploのレーベルMAD DECENTに所属し、YouTubeで世界的に流行した『ハーレムシェイク』でおなじみのBAAUERや、ラスベガスの有名セレブクラブHAKKASANのレジデントを務めるQuintinoもいますね。
Sander van Doornはメインステージかと思っていたので意外でしたが、とても個性的な面々からなるステージです。

SUNRISE STAGE

出演アーティスト: KLAXONSAlunaGeorgeClean BanditSIGMAKRYOMAN LIVEDJ WILDPARTY

EDMの中でも、HOUSE色の強いステージといった感じでしょうか。
UKのミュージックシーンで大活躍中で2回目の来日となるAlunaGeorgeClean Banditが本命でしょう。
Clean Banditは世界的に話題となった曲『Rather Be』を歌っているアーティストグループです。
『Rather Be』を好きな方、生で聴くことができるチャンスですよ!
また、ドラムンベースのアーティスト、SIGMAにも注目が集まります。

IBIZA STAGE

出演アーティスト: TAKU-HEROKAZAUMA TAKAHASHIBANVOXTakeru John OtoguroDJ BABY-TALISA UENODJ MIKE-MASA

最後にご紹介するのが、日本人アーティストだけで構成されたIBIZA STAGEです。
このエレクトロックスというフェス、注目は海外アーティストばかりではありません。

個人的な話にはなりますが、自分はこのステージを一番たのしみにしています。
DJ HACKsイチオシのアーティストが、これからの日本のEDMフェスシーンでどんどん名前を知る機会が増えるであろう、DJ BABY-T
BABY-Tさんはクラブシーンで活躍しながら、エレクトリックランのオフィシャルDJを務めるなど活躍の幅を広げに広げまくっている大注目のジャパニーズホープです。
フロアを踊らせることを意識した繊細なプレイが魅力的で、ついつい彼の世界観に引き込まれてしまいます!
そして、block.fmのTJOさんことTakeru John Otoguroさんにも注目。
TJOさんも先日ご一緒させてもらう機会があり、DJを聴かせていただきましたが、汗かくくらい盛り上がってしまいました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ざっとですが、見どころを解説させていただきました。
エレクトロックスに遊びに行かれる方は画像を保存し、どの時間にどのステージに行くか予定を立てるときにどうぞ。

2015年、いいスタートを切れそうですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。