TOP > ゲストライターシリーズ > ULTRA JAPAN出演DJが語る!今後のEDMフェスブームの流れはどこへいく!? ーマイアミと東京のULTRAを体感してー

2015.02.28(Sat) Takeru John Otoguro ゲストライターシリーズ

ULTRA JAPAN出演DJが語る!今後のEDMフェスブームの流れはどこへいく!? ーマイアミと東京のULTRAを体感してー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<DJ HACKs ゲストライターシリーズ’15 2月>

DJ HACKsをごらんのみなさん、こんにちは。

「DJ HACKs ゲストライターシリーズ」、2月のゲストライターを担当します、DJのTakeru John Otoguroです。

guest_writer_series (1)

自己紹介をしますと、僕は日本唯一のダンスミュージック専門ラジオ「block.fm」のプライムディレクター/ナビゲーターを務めながら、都内を中心にDJ活動をし、それこそこのDJ HACKSのDJ SHOTAくんとは渋谷T2で共演させてもらったり、最近はULTRA JAPANやelectroxなどの大型フェスにも出演したりしています。また、今月2月にはワーナー・ミュージックさんよりメジャー第2弾となるバレンタイン〜ホワイトデイ企画MIXCD「Love Choco Mix White」をリリースしたばかりです。

僕の活動は以下のウェブサイトにてチェックできます。

TJOさんの紹介まとめ
block.fm所属のDJ/プライムディレクター/ナビゲーター
・都内・地方の人気パーティーに多数ゲスト出演する日本のトップDJ
・2014年 ULTRA JAPAN出演 (2日目: UMF RADIO Stage)
・2015年 electrox出演 (IBIZA Stage)
WEB ▶︎ http://www.tjodj.com

今回SHOTAくんからゲストライターの話をもらった時、自分の出したばかりのMIX CDの宣伝を兼ねた「名曲バラード / メロウ特集」をゴリ押し気味でやろうかと考えたのですが、いつも読ませてもらってるDJ HACKSの親和性の高いストーリーで、僕なりの経験も活かした話題を取り上げようとシフトチェンジする事に。

そこで、今回のテーマはずばり!「フェスブーム到来!今後の流れはどこへいく?!」と題して、自分の経験談をシェアできたらと思います。

EDMブームに乗って、”DJ主体フェス”の大波が到来

まずフェスと言えば、国内であればフジロック、サマーソニック、タイコクラブなど良質で大規模なフェスは昔から開催されていましたが、今回僕が触れたいのは、もちろん“EDMムーヴメント以降のDJ主体のフェス”

自分にとって大きく意識するキッカケになったのが昨年の アメリカはマイアミで行われたダンスミュージックフェスの総本山「ULTRA MUSIC FESTIVAL」でしょう。

ultrajafter3

出典:YourEDM

<UMF 2014 体験記> 本家マイアミがやばかった!

ultratjo3

出典:block.fm

ultratjo1

出典:block.fm

毎年3月最終週の三日間に渡って開催されるこのイベントは、アメリカ・マイアミで行われる「Winter Music Conference (ウィンター・ミュージック・カンファレンス)」こと、WMCの期間に行われるフェスです。WMCはいわゆるダンスミュージックのレーベルやアーティスト達が年に一回集まって、3月下旬の約一週間にビジネスカンファレンスや、それに伴ったレーベルのパーティーが行われる一大イベント。世界中でこういったカンファレンスは数多く存在しますが、ここはすでに30年近くの歴史を誇る名物の一つです。

tjo3

世界中から大物DJが集まるから毎晩超絶ラインナップのパーティーがいたるところで開催され、例えばマイアミの「Mansion」というクラブでは、水曜: Zedd、木曜: Hardwell、金曜: Skrillex、と普通じゃ考えられない並びが当たり前のように乱立するというテンションの高さ。その中で本家の「ULTRA MUSIC FESTIVAL」を体感できたのはとても貴重な経験でした。

tjo4

僕のマイアミUMF体験談はblock.fmで全7回に渡って詳しくレポートしているので、ぜひチェックしてみてください。

EDM元年、日本初上陸「ULTRA JAPAN」に出演してみて

ultrajapan2014

そして、僕が日本において強く「EDM元年」「フェス元年」を意識したの昨年9月に開催された「ULTRA JAPAN」。驚くべきラインナップだけでも本気度が違いましたが、自分も出演させてもらう事ができ、表からも裏からも現場を体感し、ここからまた新しい波が来るのを強く感じました。

ultrajapantjo1

tjo5

これもblock.fmでレポートを書いているのでぜひチェックしてみてください。

出演者TJOさんによる、ウルトラ・ジャパン体験レポートはこちら
▶︎ ULTRA JAPAN 2014 REPORT (Day1)
▶︎ ULTRA JAPAN 2014 REPORT (Day2)

海外シーンでは、もうすでにEDMの次の流れが到来!? EDM → “◯◯ HOUSE” ?

ここが重要: EDMのみならず、テクノやハウスがフェスでかかる理由とは?

ultraresistance

個人的に、「ULTRA JAPAN」ではいわゆるEDM系アーティストのみならず、テクノ、ハウス勢をちゃんとフィーチャーされていたことが、このフェスの流れを読み解くキーになっていると思います。もちろんULTRA自体が昔からEDMのフェスではなくダンスミュージックのフェスであり、その時代時代の音と共に成長してきた歴史があるので、テクノやハウスといったジャンルがちゃんと押さえられてしかるべきなのです。近年の海外でのEDM → Houseへの流れは、ULTRA JAPANで来日したアクト達もセットの中にFuture Houseなどを盛り込んでプレイしていたことから伺えました。そして、2015年始めに開催された「electrox (エレクトロックス)」でもそれは顕著だったと思います。

electrox2015

エレクトロックスはEDMのみならず、日本のトランス人気をしっかり押さえたラインナップでレイヴ〜フェス層にしっかりとアピール。その中でDiploBauuerなどのベースミュージック、Don DiabloRobin SchulzClean BanditなどHouseアプローチで活躍するメンツも揃えたバランスの良い並びとなりました。ここも自分は出演させてもらい、早い時間から現場を観ることができたのですが、Sander van Doornは、EDMなどのセットの中にOliver Heldensとの共作Future House「THIS」をさりげなく挟む等、卓越したプレイでジャンルの壁を壊してくれました。

今海外では、”Tropical House”というジャンルが流行っている!

Kygo1

海外に目を向けると、昨年のTomorrowWorldAviciiのキャンセルに伴い、代打を担当したのが、いわゆるTropical Houseと称される新しいムーブメントの旗手で、Aviciiの秘蔵っ子でもあったKygo(カイゴ)。トップスターのAviciiに代わってBPM115前後の気持良いハウスを得意とする彼の起用、しかもメインステージで。この流れを意識させられずにはいられませんでした。

また今年のUMFのイメージビデオにもKygoの「ID (Ultra 2015 Anthem)」という楽曲が起用され、ULTRAが新しい可能性を提示しようとしている姿勢が感じ取れます。Kygoはもちろん今年のUMFにも出演決定。日本でのプレイも見たいですね。

また今年のUMFでは、例年のテクノやハウス勢を新たに「RESISTANCE」というカテゴリーで銘打ち、ポストEDMの流れを見越した動きを感じ取る事が出来ます

TJO的 2015年日本のEDMフェス予想

tjo2

2015年 ー 今年は日本でもULTRA JAPANが3日間に渡って開催され、新たに「electric zoo」も「electric zoo Beach TOKYO」と称してゴールデン・ウィークに開催されることが決定しました。「electric zoo」もすでに第1弾ラインナップが発表されましたが、もしかしたらポストEDMの追加もありえるのでは?と勘ぐっています。

2015年のテーマは、世界標準=ポストEDMの波をどこまで提示できるか?

よく「日本は数年遅れ」など言われますが、今年のULTRA JAPANも、また他に日本で開催されるであろうと噂される数々のフェスも、世界との時差なしに今年はこのポストEDMの波をどこまで提示できるかがキーポイントになってくると思っています。

もちろん、そこには僕達日本のDJも現場レベルでの常日頃からの意識付けが大切だと思っています。読者の皆さんも今後のDJ HACKSで紹介されていく新しい音楽をぜひチェックして、クラブ、そしてフェスでシェアしていきましょう。

僕もラジオや現場のDJで音楽を皆さんとシェアしていければと思うので、気になった人はぜひ以下チェックしてみてください。
ありがとうございました!

Takeru John Otoguro (TJO)
▶︎ オフィシャルサイト
▶︎ Twitter
▶︎facebook

<ゲストライター情報>

DJ Takeru John Otoguro (TJO)

Takeru John Otoguro_Artist_Pic_2015

Takeru John Otoguro (block.fm)
生年月日: 1979年9月19日
出身: パリ (フランス)

Takeru John Otoguro、通称TJO。
ジャンルを縦横無尽にプレイするミスター・オープンフォーマットDJ。日本、イギリス、タイ人の血を引きパリに生まれる。

2003年DJキャリアのスタート当初より、数々のトップDJ達のパーティーに名を並べて出演。日本唯一のダンス音楽専門ラジオ「block.fm」プライムディレクター/ナビゲーターという地位も築き上げる。都内を中心に日本各地でのレジデントパーティーを始め、ULTRA JAPAN、electroxなどの大型フェスにも出演を果たす。

現場のみならず制作では「TJO & YUSUKE from BLU-SWING」名義で、Earth, Wind & Fire, Frankie Valiなどの洋楽ビッグネームから FPM, CREAM, 倖田來未などの邦楽リミックスまでをオフィシャルで手掛ける。
2014年10月には初となるMIX CD「#エクバガ!パーティー!!」をWarner Musicよりリリース。続けて2015年には同レーベルよりバレンタイン企画MIXCD「Love Choco Mix White」をリリースするなど、勢力的な活動を展開中。

tjo6

LOVE CHOCO MIX WHITE mixed by Takeru John Otoguro
Takeru John Otoguroメジャー第2弾発売決定!
今回は、ヴァレンタイン~ホワイト・デイまで恋の季節にかかすことのできない洋楽ラブソング・ミックス盤!人肌恋しい季節にかかすことのできない胸キュン・ラブ・ソングから、永遠に語り継がれるであろうバラードの数々、さらには誰もが笑顔になれるダンス・ナンバーまで完全網羅。
選曲リスト↓
http://web.sugarbitz.com/post/108606179140

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
Takeru John Otoguro
Takeru John Otoguro、通称TJO。ジャンルを縦横無尽にプレイするミスター・オープンフォーマットDJ。日本、イギリス、タイ人の血を引きパリに生まれる。2003年DJキャリアのスタート当初より、数々のトップDJ達のパーティーに名を並べて出演。日本唯一のダンス音楽専門ラジオ「block.fm」プライムディレクター/ナビゲーターという地位も築き上げる。都内を中心に日本各地でのレジデントパーティーを始め、ULTRA JAPAN、electroxなどの大型フェスにも出演を果たす。現場のみならず制作では「TJO & YUSUKE from BLU-SWING」名義で、Earth, Wind & Fire, Frankie Valiなどの洋楽ビッグネームから FPM, CREAM, 倖田來未などの邦楽リミックスまでをオフィシャルで手掛ける。2014年10月には初となるMIX CD「#エクバガ!パーティー!!」をWarner Musicよりリリース。続けて2015年には同レーベルよりバレンタイン企画MIXCD「Love Choco Mix White」をリリースするなど、勢力的な活動を展開中。
関連記事