Hardwell @ULTRA MUSIC FESTIVAL 2016 in Miami [Live Set + Tracklist]

2016.03.21

EDMフェスシーズンの開幕を意味する、ULTRA MUSIC FESTIVAL。
2016年3月18日・19日・20日の3日間、アメリカのマイアミにて開催されました。
2日目のメインステージのトリを務めたHardwellのセットをご紹介します。
(聴いてる途中で「この曲なんて名前だろう?」って思ったときに便利な、トラックリストもつけておきます。)

hardwell_umf2016
出典:facebook

Hardwell @ ULTRA MIAMI 2016

hardwell_miami
出典:facebook
3月19日(土)ウルトラ2日目の、メインステージのトリを務めたHardwell (ハードウェル) の動画はこちら。

Tracklist

00:15
01.) Spelling Name Intro Acappella / Hardwell
イントロは「H.A.R.D.W.E.L.L.」コール!
ハードウェルは毎年ちがうフェス用のイントロを用意してくるから、密かに楽しみにしてました。
02:15
02.) Live Tonight (Instrumental Mix) / Hardwell & W&W ft. Lil Jon
お決まりのハードウェル、W&Wコンビの1曲!
ハードウェルのセットが始まったーって感じ。
05:30
03.) [ID/未発表曲] / Dannic
w/ [アカペラ] Me, Myself & I / G-Eazy & Bebe Rexha
このフェスはマイアミで行われているため、「Miami In Da House」ネタを使って煽りもバッチリ!
アカペラの『Me, Myself & I』はビルボードチャート上位のHIPHOPで、特にアメリカのお客さんの心を掴むには申し分なしのネタ。
08:12
04.) One vs. Calavera (Hardwell Mashup) / Swedish House Mafia & Garmiani vs. Hardwell & KURA
EDMフェスでは定番のSwedish House Mafiaの『One』はいわゆる、みんな知ってるアガる曲です。
ここで手を叩かせる煽りを入れてお客さんを引き込んでいます。
11:46
05.) [ID/未発表曲] / Hardwell
w/ [アカペラ] How Deep Is Your Love / Calvin Harris & Disciples
これまたフェスでは定番となったCalvin Harrisの『How Deep Is Your Love』のアカペラ。
10,9,8,,,とカウントダウンの煽りも入りながら、ビッグルームにもってく流れが気持ち良い!
15:02
06.) Blackout vs. The Wave (Hardwell Mashup) / Hardwell vs. VINAI vs. Chuckie
2016年しょっぱなにハードウェルが自身の誕生日に逆プレゼントとしてフリーダウンロードで配信した『Blackout』。
1バース目のドロップが終わったブレイクの部分では、VINAIの『The Wave』を使って、フェスお決まりの「Hey〜! Ho〜!」
18:00
07.) Mad World vs. Bomb A Drop (Hardwell Mashup) / Hardwell feat. Jake Reese & Quintino vs. Garmiani vs. MAKJ & Lil Jon
前の曲とビートミックスしたあと、抜けがきて、すぐに『Mad World』のヴォーカルが入ってきた。
「お、Quintino Remixか?」と気づく。最高。『Let’s Get F*cked Up』の煽りも最高。
[DJ Snakeが登場]
20:15
08.) We Wanna Party / TJR ft. Savage
w/ Propaganda (Nom De Strip & TJR Remix) / DJ Snake
前の曲のドロップ部分でTJRの『We Wanna Party』をミックスしてきてこの曲がくる前からテンションアガった!
ドロップがくる前に『Propaganda』のリードが聴こえてきて、さらにテンションが上昇。
『Propaganda』を作ったDJ Snake本人が登場し、テンション絶頂! DJ Snake背高い!
21:55
09.) Still D.R.E. (W&W Festival Mix) / Dr. Dre ft. Snoop Dogg
HIPHOPのクラシックネタを使ってきた! HIPHOPが大好物のアメリカ人ウケはまちがいなし。
W&Wはフェスで盛り上がれるエディットがうまい! 超絶ウェッサイです。(*しかしマイアミは東海岸)
23:44
10.) [ID/未発表曲] / Thomas Newson
w/ [アカペラ] Don’t Stop The Madness / Hardwell & W&W ft. Fatman Scoop
マイアミ・ミュージック・ウィークの水曜日に行われたハードウェルのレーベルパーティー。
ライブを見ていた人はわかると思いますが、この曲の途中でパーティーがいきなり終わりましたよね。おそらくは警察がきた?
(Hardwell 「Don’t Stop The Madness!」 ↔︎ Police 「Stop The Madness」 lol)
28:53
11.) [ID/未発表曲] / Tom & Jame
w/ Easy vs. One More Time (Tristan Garner Unfinished Bootleg) / Porter Robinson & Mat Zo vs. Daft Punk
Daft Punkの『One More Time』はよくフェスでも聴きますが、Porter Robinsonの『Easy』が入って来るエディットでした!
ドロップは今絶好調のTom & Jameの未発表曲だそうです。
29:38
12.) Run Wild / Hardwell ft. Jake Reese
ハードウェルの最新曲『Run Wild』。
この曲好きですが、フェスで見るとさらにかっこいいですね!
34:15
13.) [ID/未発表曲] / Olly James & Maddix
w/ Satisfaction / Benny Benassi pres. The Biz
ハードウェルがお気に入りのアーティスト、Olly Jamesの未発表曲。
フェスティバル・アンセム系の曲が得意な彼らしい、ベースとキック押しの1曲。
37:14
14.) [ID/未発表曲] / Joey Dale
w/ In The End / Linkin Park
「Everybody, Raise Your Hands!」で煽ってからの、またまたフェス・アンセム!
ブレイクが超やばい、Linkin Park!!! みんな大合唱です!!!
[Craig Davidが登場]
41:02
15.) No Holding Back / Hardwell ft. Craig David
DJ Snakeに続き、ゲスト2人目はCraig Davidでした!
歌うま!笑 ちょっとエモくて気持ちいいハウスがメインステージに響き渡ります。
と思ったら、ベース・ハウスで高速ラップ!?!?
44:32
16.) Going Crazy / Hardwell & Blasterjaxx
w/ Apollo (Hardwell Private Edit) / Hardwell ft. Amba Shepherd
Blasterjaxxとの新しいコラボ曲のようですね。クレイジー!
からの、ハードウェルのアンセム『Apollo』のシンセで観客は大歓喜!
48:11
17.) Get Down / Hardwell & Yellow Claw
またまたビッグなコラボ曲を投下してきました。今度のコラボはYellow Claw!
5月のゴールデンウィークに来日するYellow Clawのステージがたのしみですね!
51:23
18.) Raise Your Hands vs. Spaceman vs. Heroes (Hardwell Mashup) / Atmozfears & Audiotricz & ATMO vs. Hardwell vs. Alesso & Tove Lo
Alessoの『Heroes』のアカペラが流れてここでも大合唱。
このかっこいいドロップは、Raise Your Hands (ATMO Remix) / Atmozfears & Audiotriczだそうです!
54:12
19.) Wake Up Call (Working Title) / Hardwell & Atmozfears
ハードウェルの最後の曲といえば、BPM150の激しめハードスタイルですよね!
2曲連続でAtmozfears (Hardstyleを得意とするアーティスト) の曲をかけてきました。ちなみにAtmozfearsはWiwekも来日する4月1日に来日しますよ!