TOP > お役立ちのまとめ記事 > インスタグラムの動画に使いたい著作権フリーのおすすめ音楽の探し方 5選

2017.10.13(Fri) DJ SHOTA お役立ちのまとめ記事

インスタグラムの動画に使いたい著作権フリーのおすすめ音楽の探し方 5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽しかった思い出動画を編集してビデオにし、Instagram (インスタグラム) に投稿して楽しむ人が増えていますが!
「動画に使用する音楽はどうしたらいいの?著作権の問題は?」とBGM探しに困ることもあるでしょう。

今回はインスタ動画に使いたい著作権フリーの音楽の探し方について、DJ HACKs的おすすめのYouTubeチャンネルを5つご紹介します!

djhacks_copyrightfreemusic

大人気SNS・インスタグラムで”動画編集”が流行っている!

誰でもきれいな4K動画が撮れる

#GoPro #GoProのある生活 #動画編集

GoProブームで、誰でも気軽に4K動画が撮れるようになりました。
自撮り棒にGoProを取り付けて、セルフィーしながら楽しい思い出を動画に残す人が増えています。
(新しく発表されたGoPro 6は特に本当すごい!!)

さらに私たちが普段から持ち歩いているiPhoneのカメラ機能も以前より格段に向上し、iPhone7以降の機種ではきれいな4K動画が撮れるしスローモーション動画も撮れるように!

ただ撮るだけで終わらない!動画編集してSNSに投稿して楽しむ時代

ただ撮るだけじゃなくて、その動画たちをお気に入りの音楽に乗せて組み合わせ、編集した動画作品をインスタグラムやYouTubeにアップするのが流行っているんです!

動画を簡単に編集できるスマホアプリも現在増えていて、パソコンではAdobe Premiere ProFinal Cut Pro、iMovieなどを使っている方も多いと思います。

GoProには、スマホの「GoPro App」と連携してビデオを自動で簡単に作成してくれるQuikStoriesという機能もあります!

「細かい作業は苦手で…」という方でも簡単にビデオが作れちゃう時代なんです。

BGMで使用する音楽は著作権フリーじゃなきゃいけない!?

(当メディア「DJ HACKs」を運営しているSHOTAって一体何者!?っていう動画をPVっぽく作ってみました!)
 

勝手にアーティストの楽曲を使って動画を投稿したら運営側に削除される!?

動画編集に挑戦していく上で、「BGMに使う音楽はどうしたらいいの?」という疑問にぶち当たります。

「自分の好きなアーティストの曲を使いたい!」と誰しも思うわけですが、どこにもアップせずに自分、もしくは大切な人との思い出に残すだけだったらどんな曲を使ってもいいでしょう。

ただし、そのビデオをSNSにアップするとなると話は変わってきます。
個人が投稿した動画で簡単に聴きたい曲が聴けちゃったらアーティストも黙ってないですよね?

現在はYouTubeやFacebookを中心に、SNSで楽曲の著作権問題について厳しく取り締まるようになっています。
Instagramの親会社はFacebookということもあり、インスタでも徐々に厳しくなってきました。
日本でもジャスラックの問題がよくニュースになっていますが、アーティストの権利を守ろうという動きは世界的にも強くなっています。

YouTubeの著作権のルールについてはこちらを参照ください。

著作権フリーの音楽が大活躍!

音楽の著作権が厳しいんだったら、著作権フリーの音楽を使えばいい!

著作権の問題はあるけど、「好きな音楽を使って動画編集してSNSにアップしたい!」という需要は大きくなる一方。
そこで最近では著作権フリーをうたった音楽が増えてきました!「Copyright Free」という表記があるのは著作権を気にせず使っていい音楽という意味です。

ただし著作権フリーの音楽を動画に使う際には、曲名、アーティスト名、著作権元、URLを必ず記載しなければなりません。(楽曲を使用させていただく際のマナーですね)

copyrightfreemusic

逆に言うと、このようにしっかりと情報を記載すれば個人で使用する分には構わないということです!(ブランドや法人の場合は著作権元に問い合わせる必要があります)

それでは、「著作権フリーの音楽はどこで探せばいいの?」という方におすすめの情報をご紹介していきたいと思います!

インスタ動画で使いたい!おすすめの著作権フリー音楽の探し方 5選

Copyright Free Music / Royalty Free Music と検索するといっぱい出てきますが、お金のかかるものがいくつかあります (中には月額制の登録サイトも)。
「たった1つの趣味動画にお金をかけてられないぜ!」ということで、できるだけコストのかからない著作権フリーの音楽をピックアップしてみました!

1.) NoCopyrightSounds (NCS)

NoCopyrightSounds-compressor

まずおすすめしたいのは、NoCopyrightSoundsという海外のレコードレーベル!

インスタ動画によく使われている流行りのFuture Bassだったり、かっこいい動画に合わせたいDubstepなどのベースミュージック、あとはゲーム音楽だったり。
ヴォーカルが入っているものも多いし、さまざまな映像・シチュエーションに対応できる豊富なジャンルのイケてる音楽ばかり!

ぼく個人でもよく使っていて、先ほど上に載せた動画「WHO IS SHOTA?」のBGM音源はNoCopyrightSoundsさんから拝借しました。

アーティストの名前、曲名、YouTubeのURL、著作権はNCSにあるよっっていうのをディスクリプション (説明欄) に記載すればOK!
1週間に3〜4本更新されるので、ぜひディグってみてください!

2.) Audio Library

Audio-Library-–-No-Copyright-Music---YouTube---YouTube-compressor

次におすすめなのが、Audio LibraryというYouTubeチャンネル。
ここには1000以上のコピーライトフリー音源があり、どちらかというとNoCopyrightSoundsのようなダンスミュージックというよりは、BGMに特化しているイメージ。
音楽の主張が強くないので、何気なくムードにあったBGMがほしいという方におすすめです。

かわいいわんちゃんが写っていたので思わずクリック!サムネイル通りのかわいくて楽しい音楽でした。

3.) Spinnin’ Copyright Free Music

Spinnin--Copyright-Free-Music---YouTube---YouTube-compressor

DJ HACKsのおすすめEDMコーナーでも毎週のようにご紹介している、世界のダンスミュージック名門レーベル「Spinnin’ Records」が今年からコピーライトフリーのレーベルを始めました!

Spinnin’ならではの有名アーティストが参加していて、EDM好きの人にとってはかなり豪華なラインナップなのでは?

Spinnin’ Copyright Free Musicに参加した人気アーティスト
Merk & Kremont / Matisse & Sadko / Marnik / Madison Mars / Mike Williams / Tom & James / Promise Land…etc

しかもMadison Marsの『Atom』という曲を使った動画コンテストを主催するくらいなので、Spinnin’も動画編集の需要に積極的にアプローチしていきたいっぽい!

もう少しバリエーションの幅が広がったり、ヴォーカル入りの曲が増えてくると人気が出そう!

4.) CHILL

Chill---Royalty-Free-Music---YouTube---YouTube-compressor

グアムやハワイ、バリ島など海外旅行に行って南国の海で遊んだ動画なんかには、トロピカルな音楽がほしいですよね!
そんな時にぴったりなのが、CHILLというYouTubeのキュレーションチャンネル。

アンビエントからトロピカルテイストの曲までチルな音楽が揃っていて、毎日更新されるというのも魅力的!

5.) NEW NOISE | Dim Mak

DIM-MAK---YouTube---YouTube-compressor

今年のウルトラにも出演していたEDMスター、Steve Aoki (スティーヴ・アオキ) の主宰するレーベル「Dim Mak」もコピーライトフリーの音源を提供しています。
“NEW NOISE”というシリーズはすべてコピーライトフリーで、最近ではJVST SAY YESなど人気のあるアーティストが出てきたり。

一般の方には使い勝手がよくないかも…?

メジャーレーベルのコピーライトフリー音源ということでご紹介しましたが、もしかしたら使い方が難しいかもしれません。
なぜなら、この”NEW NOISE”シリーズはダブステップ・トラップ、ベースハウスなどダーティーな音楽が多いからです。かっこいいんですけどね!

例えばディズニーランドで楽しんできた動画に、このエッジの効いた音楽を合わせたらシュール極まりないビデオになってしまう。。笑

まとめ

いかがでしたでしょうか?
動画編集に使う音楽を探しているという方に向けて、少しでも役に立てたらと思いまとめてみました。
ぜひ今回ピックアップした5つのYouTubeチャンネルを中心に、お気に入りの曲をディグって見つけてみてください!

これからもDJ HACKsでは音楽にまつわるタメになる情報をお届けしていきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事