TOP > インタビュー > 妄想キャリブレーション × DJ FUMI★YEAH!「アイドルとDJが対談してみた」

2016.12.12(Mon) DJ SHOTA インタビュー

妄想キャリブレーション × DJ FUMI★YEAH!「アイドルとDJが対談してみた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイドルとDJのコラボについて

%e5%a6%84%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa_fumiyeah_5

SHOTA「”アイドル”と”DJ”って今日の対談を通じて共通点もちらほらあるのかなーって感じだと思うんですけど、コラボすることに関してはどう思いますか? 2015年に開催されたULTRA JAPANではSkrillexのステージでBABYMETALが登場したり、先日のニュースで見たんですけどきゃりーぱみゅぱみゅさんがDJの中田ヤスタカさんとステージ上でコラボしたりしていて、おもしろいかなと思ったんですけど。」

双葉苗「おもしろいですね!今年のロック・イン・ジャパン・フェスティバルでDJ’TEKINA//SOMETHINGさんのステージでシークレットゲストで私たち妄キャリが1曲歌わせてもらいました。」

FUMI★YEAH!「クラブでコラボしてもおもしろいと思うけどね。」

胡桃沢まひる「え!大丈夫ですかね、、、受け入れてもらえるかね?」

FUMI★YEAH!「そこは実力次第でしょ!笑」

妄キャリ「ハハハハハ笑」

SHOTA「いきなり妄キャリさん6人がサプライズで出てきたら、ファンの方もいると思うしブースが華やかになるしでいいと思います!」

FUMI★YEAH!「オールミックスのクラブにいる人は派手な人好きだからね。」

胡桃沢まひる「じゃあみんな金髪に染めて!笑」

星野にぁ「えーうそー!そこまでしなきゃいけない?笑」

桜野羽咲「でも異文化交流みたいな感じで、パフォーマンスしてみたい!笑

FUMI★YEAH!「そうそう、しかもEDMっぽい曲が多いんだからむしろやらない手はないんじゃないかな。そういう新しい挑戦したら、新しいファンができるかもしれないし。」

胡桃沢まひる「やってみたいんですけど、そういうのってどうやったら現実になるんですか…?」

FUMI★YEAH!「僕らに言っていただければ!笑」

妄キャリ「本当ですか!?お願いします!笑」

双葉苗「ツアーではEDMを3・4曲まとめてやってるんですけど、1曲目の1番が終わったらすぐ次の曲が入ってきて…みたいなDJミックスっぽいセットをやってみたいですね。お客さんを驚かせたいので。」

SHOTA「ライブ用に音源をエディットしたスペシャルバージョンってことですね? 編曲に関してはもう、スキルもセンスもFUMI★YEAH!さんが日本で一番すごいんで、ぜひここでコラボするのもいいですね!」

FUMI★YEAH!「お仕事ください笑」

妄キャリ「お願いします!(拍手)」

双葉苗「たとえば、EDMっぽい曲調以外もエディットできたりするんですか?」

FUMI★YEAH!「全然できますよ、元々はEDMのDJじゃないんで。」

双葉苗「他の曲つなげたらどうなるんだろう…!!」

雨宮伊織「たしかに、ね!どうなるんだろう!」

FUMI★YEAH!「妄キャリの曲だけを集めた”妄キャリミックス”とかね!」

胡桃沢まひる「ワンマンライブ全部続けてやってみる?」

妄キャリ「やりたい!やりたい!笑」

ファンの方へ、そして世間に伝えたいこと

SHOTA「お二方は全国にファンの方が多いと思うんですけど、改めて何かファンの方に伝えたいことってありますか?」

%e5%a6%84%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa_fumiyeah_10

星野にぁ「うーん…“アイドルってこういうものだよね”っていう先入観を取っ払って、私たちのことを見てほしいです。アイドルに興味なかったっていう方にも、興味を持ってもらえるようになりたいですね。私たちはアイドルっていう枠に捉われずに、いい音楽を届けて、皆さんを楽しませたいんだっていう思いをもっていつも活動しているので、ぜひ先入観を取り払って見てほしいです!」

SHOTA「それはファンの方だけでなく、これからファンになるであろう方へのメッセージでもありますね。ぼくはアイドルのライブに行ったことがなくて、アイドルとは無縁の人生を送ってきたんですけど、前回の妄キャリさんへのインタビューを通じて興味を持って、実際にライブに行ってみたら本当全然ちがうんですよ!いろんなことが新鮮で、見ていて楽しくて、マネージャーさんに”あれやばいですね!これやばいですね!”ばっか言ってたくらい笑 インタビューのときはお話させてもらうだけだったので、やっぱり実際に足を運んでみないと本当のアーティストのよさはわからないなと思わされました。」

雨宮伊織「じゃあうちらも行かないとね、クラブ!」

妄キャリ「クラブ!笑」

SHOTA「もし機会があれば”クラブ”っていう先入観を取っ払って見に来てもらえればと思います!笑」

FUMI★YEAH!「クラブに限らずフェスとか、EDMの盛り上がり方って勉強になると思うよ!妄キャリさんはそういう曲多いんだから。」

胡桃沢まひる「どんな感じなんですか!?」

FUMI★YEAH!「いや、お客さんいないとここでは無理!笑」

妄キャリ「ハハハハハ!笑」

FUMI★YEAH!「盛り上げるっていう意味ではDJもアイドルも一緒だから、”こうしたらもっと盛り上がるんだ”っていう新たな気づきもあると思うし。」

SHOTA「クラブのお客さんも基本的には長い時間いるので、アゲアゲな曲を続けるんじゃなくて、“あえてここはクールダウンさせて緩急をつけてさらに次盛り上げる”みたいなことをクラブDJはやっているんですよ。お客さんを疲れさせないで、気分の波を読むというか。アゲアゲだけがDJじゃないので、そういうのもわかるとおもしろいかもしれないですね。」

胡桃沢まひるアイドルもそうやってギャップを楽しんでもらいたいですね。しゃべったらこんな感じだけど、ライブしてたらまたちがう感じだし。多角的方面からいろんなことを伝えていきたいです!」

FUMI★YEAH!「多角的方面w」

SHOTA「FUMI★YEAH!さんは”こういうところをファンの方に見てほしい!”っていうのはありますか?」

%e5%a6%84%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa_fumiyeah_11

FUMI★YEAH!俺らがやってるDJって、曲と曲をつなげる部分、ミックスしている部分が一番の見せどころ・聴かせどころなのね。DJっていったら手を挙げてジャンプして煽って盛り上げて…みたいなところに注目されがちなんだけども。俺もSHOTAもそうなんだけど、ミックスの部分に意味を持たせることが多いのね。たとえば、同じフレーズの曲と曲をつなぐ工夫があったり、同じテイストやキーの曲をつないで”曲変わったの!?”って思わせるくらい自然につないだり。」

妄キャリ「ああーそうなんですね!」

FUMI★YEAH!「でもお客さんってミックスをなかなか聴かないことが多いんだよね。かかってる曲で盛り上がりがちっていうか。”なんでこの曲とこの曲をつないだんだろう?”ってミックスの意味を考えてもらったり、注目してもらえるともっと楽しめると思うから、そこを見てもらいたいかな。」

SHOTA木を見て森を見ずじゃないですけど、やっぱりぼくたち演出側は1曲1曲が楽しめるように全体の構成まで細かく考えてるので、そういうところも見てほしいってことですよね。アイドルさんのライブもセットリストがあって、その構成が大事だったりしますもんね。」

星野にぁ「そうですね、曲の順番とか、このライブでこの曲を歌う意味とか、私たちが全体のセットリストを考えてるので、そこにも注目してもらえるとうれしいです。」

胡桃沢まひる「ライブでは本当に1曲1曲でアガる下がるがあるんで、そういうところまで意識して聴いてもらえるともっと楽しめると思うんですよね。」

SHOTA「セットリストってちなみにどういうことを考えながら決めるんですか?」

桜野羽咲「対バンライブだと、他のアイドルさんがやらなそうな曲だったり。お客さんの層がどういうような感じか考えますね。妄キャリのことを知らない人が多そうだったら、”これやったら妄キャリっしょ”っていう曲を多めに入れるし、盛り上がり方がわかりやすいものを入れますね。」

星野にぁ「この曲で引き付けて盛り上げて、次の曲では妄キャリらしいビシッと決まったかっこいいところを見てもらって、その次の曲でまた盛り上げようっていう。さっきのDJのお話聞いててもそうですけど、やっぱりそこらへんは似てるなって思いますね。」

新曲『Bang Bang No.1』が12月14日にリリース

[2016年12月14日(水)、妄想キャリブレーションのニューシングル『Bang Bang No.1』がリリースされます。ミュージックビデオがYouTubeにて公開されました。]

SHOTA「新曲の『Bang Bang No.1』を聴かせてもらったんですけど、またまたすごいクオリティでしたね!」

胡桃沢まひる「私たちが作詞をしました!」

FUMI★YEAH!「ミュージックビデオがおもしろくて、売れそうな感じだよね!笑」

SHOTA「レコーディングやミュージックビデオの制作は大変でしたか?」

胡桃沢まひる「そんなに、、、ですね笑 その前に仮歌とってたので、すんなり入っていけました!」

SHOTA「”パリピ”っていうちょっと下世話な言葉が世間では広まってますけど、”ハッピーピーポー=ハピピポ”はいいですね!笑」

FUMI★YEAH!「曲もかっこいいし、ミュージックビデオも本当クオリティ高いよね!何も知らなくてYouTubeでこれ見つけたら普通に見るわ笑 ところで、どういうコンセプトで作ったの?」

桜野羽咲「タイトルが”Bang Bang No.1″なので、いろんなNo.1を集めてきました!」

雨宮伊織「”◯◯ No.1″って謳ってるもの多いじゃないですか?」

SHOTA「ああーなるほど!たしかに!」

FUMI★YEAH!「俺もそいえばこないだNo.1の曲だけを集めたミックスCDを出しました笑」

妄キャリ「ええー!もうちょっと早く言ってもらえればオマージュしてました!笑」

FUMI★YEAH!「俺が!?笑」

妄キャリ「DJみたいな感じで笑」

12月25日(日)、クリスマス・ワンマンライブにかける意気込み

SHOTA12月14日に新曲リリースで、12月25日に東京・新木場STUDIO COASTでワンマンライブ開催、っていう流れですよね!ぼくたちDJもよくこの会場でDJをやるのでなじみ深いんですが、このライブにかける意気込みを最後聴かせてください!」

胡桃沢まひる「この対談を見てくださる方はDJが好きな人や音楽が好きな人が多いのかな? 妄キャリのライブは”アイドル”という偏見や垣根を越えて、見に来てくれたお客さん全員を”楽しませる”、そして自分たちも”楽しむ”っていうのがモットーなので、ぜひ興味を持ってもらえたら一度ライブに遊びに来てほしいです。クリスマス、さみしい思いはさせないので!笑」

妄キャリ「ぜひよろしくお願いします!」

妄キャリ・全国ツアーファイナル
日時: 2016年12月25日(日) 開場17:00 開演18:00
場所: 東京・新木場STUDIO COAST
チケット: ローソンチケットチケットぴあe+
まとめ・編集後記

いかがでしたでしょうか?
アイドルとDJって、まったく別の畑で活動するアーティストのようで意外と共通点もありました。
この両者をかけあわせた対談をやってみて、改めておもしろかったです!

妄キャリさんがDJのことを理解し、DJ FUMI★YEAH!さんがアイドルのことを理解したように、この機会を通じてアイドルのファンの方にもDJに興味を持ってもらい、DJのファンの方にもアイドルに興味を持ってもらえたらうれしいなと思いました。
ダンスミュージックシーンでも、ちがうジャンル同士のクロスオーバーによって新たな化学反応を生み出してきた歴史があり、そうやってシーンが盛り上がってきました。

アイドル業界もDJ業界も、J-POPの業界もロックの業界も!
閉鎖的な枠に捉われずに外の世界とクロスオーバーしていけばおもしろいんじゃないかと思います!
今回は妄キャリさんもFUMI★YEAH!さんも、両者のマネージャーさんたちも、新たな試みをしたいっていう理解のある方たちだったので対談が実現しました。

また、ぼくたち音楽ファンも、食わず嫌いが一番もったいないです!
「クラブってなんだかこわそうだからな…」とか、「アイドルのライブって自分とはあわなそうだし…」っていう偏見・先入観に捉われずに、アーティストのいいパフォーマンスを見られるといいですね。音楽業界にはいろんなタイプのいいアーティストがいっぱいいます。
ぼくはもうすでに妄キャリさんのファンになってしまいました笑

妄キャリさんたちはアイドルらしさもありながら、アニメをはじめいろんなことに好奇心旺盛で、ぶっちゃけトークも多くてたのしい女の子たちです!
DJ FUMI★YEAH!さんは世間からしたらアゲアゲな選曲でイケメンDJというイメージがあると思いますが、実はいろんな音楽を超深いところまで掘っているくらい、音楽もの知りオタクです。笑

今回の対談では、両者のそういうなかなか知り得ないような一面を皆さんにお見せできたかと思います。
来年はもっとクロスオーバーを意識しておもしろい企画を考えていきますので、これからもよろしくお願い致します!

次のページへ 1 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事