いまさら聞けない Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ)の基本情報とオススメ曲まとめ

2020.03.17

こんにちは。DJ HACKsのソーオンです。

 

今回はまだ紹介できていなかった、”いま一番アツい洋楽アーティスト”であるBillie Eilish(ビリー・アイリッシュ)を紹介します。

 

Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ)は2020年のグラミー賞で10代としては異例の主要4部門受賞を果たしました。

もはや一般常識レベルにまで有名になったビリーですが、彼女の生い立ちなどについて知らない人は多いはず…

 

まずは、ビリー・アイリッシュについて知っておくべき情報を5つまとめてみました。

 

Billie Eilishについて知っておきたい5つの基本情報

①14歳でメジャーレーベルと契約

 

ビリー・アイリッシュはアメリカのロサンゼルス出身のシンガーソングライターです。

2001年12月18日生まれで、つまりこの記事を書いている2020年3月の時点でまだ18歳です。

 

ビリーは小さい頃から児童合唱団に参加していたり、曲を書いたりと、ずっと音楽に触れて育って来ました。

そして13歳の時にSoundCloudにアップした楽曲が口コミで話題になり、14歳でメジャーレーベルと契約しました。

 

そして、18歳でグラミー賞(世界最高峰の音楽賞)の主要4部門独占、計5つの賞に輝くのです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

BILLIE EILISH(@billieeilish)がシェアした投稿

 

②曲をプロデュースするのは兄のフィニアス

 

ビリー・アイリッシュの曲は自宅のベッドルームで作られています

ヒットソングを作るために完璧な機材が揃ったレーベルのスタジオを使っているわけではありません。

これまでにスマホで録音した歯医者の音を取り入れたり、録音した時に雨が降っているから雨の音が曲に入っていたりと、常識にとらわれないレコーディングが”ビリーらしさ”です。

 

そして、ビリー・アイリッシュの曲を作っているのはビリーの兄のフィニアス・オコンネル

ビリーとフィニアスは小さい頃から仲良しの兄妹で、デビューからこれまで一緒に音楽を作って来ました。

 

③ビリーはダボダボなファッションが好き

 

ビリー・アイリッシュはファションアイコンとしても有名です。

ビリーのSNSを見ていると「ザ・ノース・フェイス」や「シュプリーム」、「グッチ」など有名ブランドのアイテムを気に入っているようです。

 

そしてビリーといえば、ダボダボなオーバーサイズのファッション。

彼女がオーバーサイズファッションをする理由についてこう説明していました。

 

私のことを全部知ってほしいとは思わないわ。そうすると服の下に何があるか見えないから、何も言えないでしょ?誰からも『彼痩せてる』とか『太ってる』とか『お尻が大きい』なんて言われることはないの。実際の私を知らないから、言えないのよ

 

 

 

④日本のアニメが大好き!

 

この投稿をInstagramで見る

 

BILLIE EILISH(@billieeilish)がシェアした投稿

 

ビリー・アイリッシュは日本のアニメ好きとしても有名です。

以前、インタビューでスタジオジブリの「千と千尋の神隠し」に登場するハクの大ファンだと明かしていましたし、「セーラー・ムーン」や「ジョジョの奇妙な冒険」のキャラクターがプリントされた服を着ている写真もSNSに上がっています。

 

あとで紹介しますが、ビリーは日本のアーティストとコラボした、アニメ風のミュージックビデオを発表したこともあります。

 

⑤ビリーはいわゆる”ティーン女子”?

 

ビリー・アイリッシュの曲の歌詞は心の闇を映し出していたり、シリアスなワードがたくさん出てくるので、普段から暗くて気難しそうな人というイメージがあるかもしれません。

ですが、プライベートのビリーはいわゆる”ティーンの女の子”って感じで、SNSに友達とカラオケをしている様子や、ふざけている様子をアップしています。

 

バラエティ番組では楽しそうに「bad guy」を歌ったりウクレレを弾いたり、意外な一面をたくさん見せています。

 

Billie Eilishのオススメ5曲

①bad guy

 

ビリー・アイリッシュといえばこの曲でしょう。

日本テレビ系ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」のエンディングテーマに挿入されています。

2020年のグラミー賞では最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞を受賞しています。

 

ささやくような歌声と、あのメロディは絶対クセになるはず!

 

②lovely

 

khalid(カリード)とのデュエット曲。

Netflixのドラマ「13の理由」にサウンドトラックとして提供されていました。

 

どこか切ない雰囲気がまさに「lovely(素敵)」って感じですね。

ミュージックビデオはYouTubeで6億回を超えています。

 

③you should see me in a crown

 

この曲のミュージックビデオが先ほど話題に上がっていた、日本のアーティスト 村上隆とコラボした作品です。

アニメになったビリー、とっても可愛いですよね(笑)

 

曲もサビのうなるようなベースがクールで大好きです。

 

④COPYCAT

 

ビリーが有名になるきっかけになった、2017年の7月リリースの曲です。

 

「COPYCAT」は人のことを悪い意味で真似する人のことで、「私の真似ばかりしても無駄。「自分らしさを持って」というメッセージが込められています。

 

⑤everything i wanted

 

2019年に「bad guy」で注目を集めたリリースされたこの曲。

 

この曲はものすごく暗くて、悲しい歌声の曲です。

ビリーがある夜に見た夢がきっかけで、これから兄のフィニアスと助け合って生きていく決意を歌った曲です。

 

まとめ

いかがでしたか?

ビリー・アイリッシュはカッコいい曲が多いので、ぜひ曲を聞いてみてください!

 

ビリー・アイリッシュは今年の9月に横浜アリーナで来日公演を行うことが決まっています。

 

オススメ記事

▶︎【2020年2月版】いま海外で流行っている洋楽・ダンスミュージックまとめ