TOP > 音楽アプリ > ヤマハの高品質なハイレゾ再生対応・音楽ストリーミングアプリ「mysoundプレーヤー」

2016.08.12(Fri) DJ SHOTA 音楽アプリ

ヤマハの高品質なハイレゾ再生対応・音楽ストリーミングアプリ「mysoundプレーヤー」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンの普及により、音楽を”所有”する時代から、”アクセス”する時代へと移り変わろうとしている現在。
音楽ストリーミングサービスの市場は激戦化していて、新しく音楽アプリが出てくるたびに「どれがいいんだろう、ちがいがわかんない。。」というユーザーの意見も。

今回ご紹介するのは、「高品質なハイレゾ再生対応」が売りのヤマハの「mysoundプレーヤー」です!

↑ダウンロードはこちらをクリック

ヤマハ「mysoundプレーヤー」

yamaha_mysound2

音響機材や楽器でおなじみの会社「ヤマハ」が提供するmysoundプレーヤーとは…

mysoundとはヤマハが運営するスマートフォンを中心とした、音楽ポータルサービスです。 各サービスをご利用いただくには、スマートフォンサイトにログインし、月額コースに入会いただくことでハイレゾやハイレゾアルバム、シングルやアルバム等の音楽データをダウンロード購入いただけます。 支払い方法は各通信キャリアの決済をご利用いただけます。

出典:mysoundプレーヤー

2015年7月1日にローンチされた音楽サービスで、最近でてきた新しいサービスよりはずっと前からやっているイメージ。
AndoroidとiOSどちらにも対応しているため、スマートフォンであれば利用できます。
使い方はプロモーションムービーを見るともっとわかりやすい↓

なるほど、内容を見るとだいたい他の音楽サービスと機能は似たような感じ。
つまり、毎月定額の利用料を払うことで、スマホを通じてアプリ内の音楽にアクセスができたり、おすすめの楽曲や他のユーザーが聴いてる楽曲をレコメンドしてくれたり、歌詞も表示できて聴きながら口ずさめるってやつですね!
ただ、「他のアプリとどこがちがうんだろう」っていう視点で見ると、やっぱり”ハイレゾ“っていうのが一番気になる。

なぜハイレゾがいいのか?

musichealth2

ところで、「ハイレゾって何?」って思われた方もいるでしょう。
数年前からこの言葉が流行るようになり、だんだん注目を集めてきている言葉かな、と理解してます。

ハイレゾとは、「ハイレゾリューション・オーディオ」(高解像度音源)の略です。
つまり、音楽をレコーディングしたときの一番サイズが大きいデータ (消費者の元に届く頃にはだんだん圧縮されていく) により近い音質がクリアな高解像度の音源ということ。
DJもこの音質の問題に関してはかなりうるさくなる方で、音質にこだわってる人がDJする音楽はやっぱりクリアに聴こえます。

音質のよさはビットレートでわかる!

ビットレートという、音質のよさを表す数値をご存知でしょうか?
わかりやすいように、身近な例をあげてみましょう。

iTunesでMP3音源を買うと多くの場合は、256 kbps。
beatportでDJ用のMP3音源を買うと、320 kbps (DJをするときはこのビットレートが普通。256 kbpsより低いと音質の劣化が目立ってしまう)。
クラブよりさらに大規模なフェスステージでDJするときは、MP3音源よりはさらにサイズの大きいWAV音源やAIFF音源を使うといいと言われています (ビットレートは1411 kbpsが多い)。

CDを買ったりiTunesでダウンロードしたりして消費者・ユーザーの元に届く音楽というのは、元のレコーディングデータを音質に支障のない程度に圧縮されたものなんです (MP3というファイル形式)。
元のレコーディングデータはサイズが大きすぎて管理に大変というか、すぐデバイスの容量がいっぱいになっちゃって多くの曲を持つことができません。

最近消費者にも求められてきた”ハイレゾ”

ただ最近のトレンドとして、消費者も「より高音質で音楽を聴きたい!」というようにハイレゾを求める人が多くなってきました!
音楽が好きな人にとっては、とことん音質もこだわりたい!ですよね?
おうちのお気に入りのスピーカーで、もしくはお気に入りの車の中で、さらには高音質が売りのイヤホン・ヘッドホンで音楽を楽しむのは、趣味のひとつと言えるでしょう!
そのニーズに応じて、ハイレゾ再生対応のスマートフォンが出てきたり、こういうヤマハの音楽ポータルサービスが出てきたり。

ハイレゾの音源は、音質がよりきめ細やかで、CD音源では再現できない臨場感をもたらします。
まるでクラブにいるかのような「重低音」を求める方にとってはぴったり、はいどーぞ!って感じ。笑

まとめ

いかがでしたでしょうか?
音楽アプリって正直最近いっぱいありすぎてどれ使っていいか悩みますよね。
その中で選ぶ基準として、今回は”高音質”という切り口からおすすめサービスをご紹介しました。
「どうせ聴くなら普通のよりも高音質を選びたい!」っていう人にはかなりマッチする音楽アプリだと思います!

ダウンロードはこちらからできます↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事