TOP > 音楽アプリ > EDMの今の流行りはこれを聴けばわかる!?4人の現役DJがラジオで答えた

2018.08.21(Tue) Junya Shimizu 音楽アプリ

EDMの今の流行りはこれを聴けばわかる!?4人の現役DJがラジオで答えた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DJ HACKsをご覧のみなさん、初めまして!
DJやRadio DirectorをしているJunya Shimizuです。

皆さんは普段、どんなところで新しい音楽と出逢いますか?
クラブ、ライブハウス、フェスで!というのは大前提だと思いますけど、個人的に音楽と出逢う場所といったら、近年は音楽ストリーミングが大半なのでは?と思います。

今回は、新しい音楽との出逢いの場所=“ラジオ”というメディアについてお話してみたいと思います。

スマホでラジオを聴く時代

「ラジオを知らない!」って人はさすがにいないと思いますが、電波を発して放送しているのが一般的に“ラジオ”ですね。

そんな“ラジオ”ですが、最近ではPCやiPhoneなどのスマホでラジオを聴く人が増えているんです。
おすすめのラジオアプリをご紹介します。

radiko

radiko.jp

unnamed

そして、地上波以外にもこんなデジタル放送も最近はあります。

TS ONE

2U5W5D5W_400x400

TS ONE

この「TS ONE」は主にPCやiPhoneなどのスマホアプリで聴く感じなんですが、普通の地上波より音質が良いっていうのはもちろんのこと、画面上に割としっかりした情報量が表示されるのもポイントの1つ。

TSONE-17

↑こんな感じ↑

んで、数ある“ラジオ”と呼ばれるモノの中で、今回ダンスミュージック好きの皆さんにおすすめしたいのはこの「TS ONE」です。

「TS ONE」でどんな音楽と出逢えるか?

J-Pop, 洋楽, アニソン, Dance Musicと色々なジャンルの音楽を聴くことができます。
時間帯によってジャンルや専門性が如実に色濃く出てるのも1つの特徴。

ダンスミュージックと出逢える番組は?

8月18日(土) ~ 9月15日(金) まで期間限定放送のスペシャルプログラム
WorldEDM supported by SMIRNOFF®

World EDM バナー+

EDMファン必聴、実はこれ僕自身がディレクターを務める番組です。
当初、スミノフさんと「“EDM”がテーマの番組やりませんか?」というお話があり、やるなら前線張ってる若手からワールドクラスの先輩まで絡めてノンストップミックスを流しながら対談する、みたいな感じで出来ないかなーと思って考えていました。

今の“EDM”シーンに重要な4人

「あれ?自分もDJでしょ???」と言われるところですが、僕は“EDM”というより、元来“Jazz, House, Crossover”という側面が強いので
以下の4人を選抜しオファーさせて頂きました。まぁ、ほぼ身内ですが(笑)

SHOTA

S H O T Aさん(@djshotamusic)がシェアした投稿

皆さんご覧いただいてる当サイト「DJ HACKs」のライターでもおなじみですが、彼はDJとしての勢いが凄い!
オープン・フォーマット・スタイルを軸にDJプレイを行い、今回のミックスでも“EDM”の要所要所に“Disco”感を盛り込むところは彼年下ですが非常にシンパシーを感じています。SHOTA君、迷惑だったらゴメンね(笑) あと、彼の勢いもあって、SNSでの拡散力も相当なモノ。なので、このスペシャルプログラムも良い感じに広げてくれるかな・・・と。

BABY-T

BABY-Tさん(@djbabyt_jpn)がシェアした投稿

年下だけど自分と歳近くて、今、割と旬な人。積み重ねてきたキャリアは僕以上の持ち主。
DJも上手いし、楽曲もカッコいいし、イケメンだし、リア充系DJですね(笑)
近年では自身のレーベル「ORIENTIS RECORDINGS」も立ち上げ、楽曲もガンガンリリースして、世界的評価も破竹の勢い!
そんな彼に今回オファーして収録してみたら、トークも上手くてビックリしました。
今後の進化によっては、色んなメディアで知られる事になるDJ/プロデューサーかも。

KSUKE

KSUKE_JPNさん(@ksuke_jpn)がシェアした投稿

彼もガッツリ若いんだけど、20代にして世界的に活躍するレベルのDJ/プロデューサー。
ルーツがRockだったりするところも彼の特徴かも。
一見、好青年なイケメンで、トークも音楽に純粋素直な感じですが、実は意外と体育会系で漢らしいRock Kidsというギャップも良いんだろうね(笑)
日本で“EDM”といえば彼といっても過言でないくらい、ガンガン活躍中です。

TJO

TJO (Takeru John Otoguro)さん(@tjo_dj)がシェアした投稿

この4人の平均年齢をグッと上げてるのが、このミスター・オープンフォーマットDJ(笑)
僕にとってはDJという部分も含め、公私ともに15年近くお世話になっている兄貴分でもあります。
TJOのDJ初期は“Jazz, House, Crossover”の印象もありましたが、今ではそんなルーツをわずかにしか感じさせないくらい“EDM”だけに限らず様々なジャンルをクロスオーバーさせるTJOスタイルというか、ジャンルとして確立させています。
あと、block.fmとかで知ってる方は知ってると思いますが、「歩く音楽百科事典か!」ってくらい音楽に詳しい。大概分からない事は聞けば答えてくれます(笑)
今もこれからも、日本のDance Musicシーンを引っ張っていくようなシンボル的な人です。

『ULTRA JAPAN 2018』までこの番組で“EDM”のトレンドを知ろう

先ほど紹介したDJ/プロデューサーの4人が、以下のような組み合わせで“EDM”をキーワードに最新トレンドやDJ/プロデューサー自身の作品についてこの番組でしか聴けないオリジナルのNonstop Mixと共に紐解いていく60分。
全4回なんだけど、それぞれ再放送が6回あるというゴリ押しっぷり(笑)

第1回 SHOTA ×BABY-T (DJ Mix:SHOTA)
第2回 BABY-T×SHOTA (DJ Mix:BABY-T)
第3回 TJO×KSUKE (DJ Mix:TJO)
第4回 KSUKE×TJO (DJ Mix:KSUKE)

てかね。このスペシャルプログラム、再放送最後の放送が9月15日(金)なんですよ。
『ULTRA JAPAN 2018』直前、コレはもう狙っているとしか・・・(笑)

というわけで、この番組を聴けば今の“EDM”トレンドが分かります!
ぜひ、聴いて予習してフェスへ足を運んでみて下さいねー!!!






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
関連記事