TOP > 音楽アプリ > 仲間と盛り上がろう!どこでもフェス気分になれるアプリ「FESS」がいい感じ

2014.12.01(Mon) DJ SHOTA 音楽アプリ

仲間と盛り上がろう!どこでもフェス気分になれるアプリ「FESS」がいい感じ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

smartphone-407108_1280

2014年に入ると、日本でもロックフェスだけではなく、エレクトロックスやULTRA JAPANなどの大規模なEDMフェスが開催されるようになりました。

さらには、エレクトリックランやエレクトロダッシュなど、フェスとランニングイベントが合体したようなイベントもどんどん日本に進出していますね!

これだけフェスが増え、いろいろな人が参加することってやっぱり魅力的ですよね。

野外音楽フェスの醍醐味のひとつとして、ステージと客席との一体感がある。ただ聴くだけが音楽じゃない。
引用:サカナクション・山口一郎が語る野外音楽フェスの魅力

なんと言っても圧倒的な解放感がよかったです。野外で大好きな音楽とビールを飲める幸せ。あとは、多くの知らないアーティストを知ることができるのもよいですね。
引用:「今年こそフェスデビュー!」を考えているフェス初心者の皆様へ贈る“初フェスのススメ”

今回は、そんなフェスの魅力が手軽に再現できる便利なアプリをみなさんにご紹介します。

仲間と音楽を共有できるアプリ「FESS」

fess

皆さん”FESS”というアプリはご存知ですか?
FESSは友達や家族で集まった時に自分が普段聞いている音楽だけでなく、他の人が聞いている曲もみんなで共有してワイワイ楽しむことができちゃうアプリです。

iPhoneのBluetooth機能を利用して最大5人までの音楽を共有できる「FESS」は、これから鍋パシーズンで友達の家で集まった時やみんなでスノボに行くときのドライブ中など、いろんな用途で使うことができます。

集まればそこがフェスになる

集まればそこがフェスになる」というコンセプトで作られたこのアプリを直感的に把握できるサービス動画がこちら。

FESS from BMCL on Vimeo.

みんなで集まった時に音楽を流したりする時は今までだと1台のiPhoneをスピーカーに接続して音楽を流すのが一般的でした。
流れる音楽はそのiPhoneに入っている音楽だけ。

FESSを使うとその場にいる友達のiPhoneに入っている音楽も共有して聞くことができるので、さまざまな音楽を聞くことが出来ますね。

FESSの詳しい使い方はこちら
みんなの曲を1つのiPhoneに集めて聴ける音楽共有アプリ

使うのにおすすめなシチュエーション

advent-436135_1280

クリスマスが近い季節におすすめなシチュエーションは鍋パーティーの時ですね!
みんなで鍋をつつきながらさまざまな音楽が勝手に流れてくれば、ちょうどいい感じのBGMをずっと流してられます。

クリスマスソングが流れてきたと思ったらゴリゴリしたEDMが流れ、しっとりとしたR&Bが流れてくる、なんてことがあるかも!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
仲間うちで集まった時におすすめな音楽アプリ「FESS」のご紹介でした。

音楽好きな方はぜひダウンロードしてみてください!

FESSのアプリはこちら

FESS 〜集まれば、そこがフェスになる。〜
カテゴリ: ミュージック
現在の価格: 無料

関連リンク
音楽好きなあなたにおすすめしたい!スマホに絶対に入れておきたい6つの音楽アプリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事