TOP > ニュース > 音楽アプリ「Shazam」がこの夏に流行るであろう12曲を予想!【2016年版】

2016.05.30(Mon) DJ SHOTA ニュース

音楽アプリ「Shazam」がこの夏に流行るであろう12曲を予想!【2016年版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐ6月に突入!すでに夏を感じる日もありますが、夏はこれからが本番です。
2016年の夏を席巻するであろう人気曲を音楽アプリ「Shazam」が大胆予想しました。

Shazam1

ソース: billboard

2016年夏、流行る音楽はこれだ!

Summer_beach_cocktails-1920x1080

出典:ODYSSEY

1.) One Dance

アーティスト: Drake feat. Kyla & Wizkid

Drake (ドレーク) 特有の、ミュージックビデオがない事件なので、しょうがなくこのカバーバージョンを載せておきます。
この曲はリリース後、アメリカとイギリスのShazamチャートですぐに1位を獲得、この夏はずっとトップで走り続けるであろうとShazamは予想しています!
ビートの打ち方が南国を思わせるようなリディムで、トロピカル要素も加わった夏向けのダンスミュージックになっています。

2.) Panda

アーティスト: Desiigner

もちろんのこと、この曲も絶対欠かせません!知らなかったらちょっとやばい!
あのKanye Westが一目惚れ、自分のレーベルに入れてしまうほどお気に入りの19歳Desiigner (デザイナー) くんがビルボード1位を初めて獲った話題曲。
『Panda』は超クールなのですが、ピンとこない方にはライブ映像を見てもらいたい。稀に見るおもしろライブパフォーマーなのでオススメ!笑

3.) This Is What You Came For

アーティスト: Calvin Harris feat. Rihanna

Calvin Harris (カルヴィン・ハリス) が2015年の『How Deep Is Your Love』ぶりに出した新曲で、これまたDeep House路線!
Rihanna (リアーナ) とコラボするのは『We Found Love』ぶりで、4年半の時を経て再びタッグを組むことに。
Justin Bieberの『What Do You Mean』の原曲とつなげてかけるDJも多いのでは? 夏っぽくていい曲ですね!

4.) Gold

アーティスト: Kiiara

恥ずかしながら、今までこの曲を知りませんでした。。
Kiiaraというイリノイ州出身の若手シンガーがちょうど1年前、2015年の6月にリリースしたデビューシングルがこの『Gold』。
ピーク時はオーストラリアチャートで5位までいったそうです。Shazamはこのアーティストに注目しているみたいですね。

5.) Spirits

アーティスト: The Strumbellas

ミュージックビデオ を見てるとなんでしょう、この和む感じ。笑
Shazamがこの夏のダークホースとなる、と予想するこの曲は”フォーク・ポップグラス”というカテゴリーになるジャンルだそうで。
やっぱり夏を感じるという意味では、フォークソングは最高ですね!

6.) I Hate U, I Love U

アーティスト: gnash feat. olivia o’brien

暗い。とにかく暗い。そして気だるそうな歌声がなんとなくしみる。
この暗い感じが、「嫌い、好き」という屈折した感情をうまく表現しているような気になりますね。
完全にダンスミュージックではありませんが、リスナーはこういう音楽も求めているんだ!とShazamは主張しています。

7.) If It Ain’t Love

アーティスト: Jason Derulo

ポップスター、Jason Derulo (ジェイソン・デルーロ) があいかわらずセクシーで。
40万回もShazamされているようで、Jason Deruloの曲はハズレがありませんね。
ぼくだけかもしれませんが、Jack UとAlunaGeorgeの『To U』と似てるなーって思ってしまいます。

8.) Hotter Than Hell

アーティスト: Dua Lipa

Dua Lipa (ドゥア・リーパ) はアルバニア人の両親を持つイギリス出身の女性シンガーです。
キャリアがおもしろくて、ロンドンで生まれてバルカン半島のコソボ共和国で育ち、15歳のときにロンドンに戻り歌手を志したようです。
まだ20歳という若さで、エキゾチックなオーラがあって魅惑的な女性ですね! Shazamも推してます!

9.) Bonbon

アーティスト: Era Istrefi

なぜかまたコソボ共和国にルーツを持つシンガーの曲がピックアップ!彼女は本当にコソボ人です。
リアーナやシアと比較されることも多い天才シンガーと言われ、アメリカのソニー・ミュージック・エンターテイメントとウルトラ・ミュージックとすでに契約を結んでいる彼女。
音楽は国境を越える、これを体現したのがこの『Bonbon』という曲です!

10.) Wasted Time

アーティスト: Keith Urban

アメリカで大人気のジャンル「カントリー」をご存知でしょうか? アメリカのポップミュージックのようなものですね。
この曲は早くも2016年を代表するカントリーミュージックと言われているようです!
シチュエーション的には、バーベキューやキャンプファイアーで聴くのがよさそう!?

11.) Don’t Let Me Down

アーティスト: The Chainsmokers feat. Daya

『#Selfie』で鮮烈なデビューを飾り、『Roses』で大ブレイクしたThe Chainsmokers (チェーンスモーカーズ)の次なるヒット曲がこれ!
なんと200万回以上もShazamされているようで、、、これは2016年を代表する1曲になるコースです。
ウルトラ・マイアミではHardwellやW&Wもかけていましたね、EDM勢も積極的に取り入れてます!

12.) Can’t Stop The Feeling

アーティスト: Justin Timberlake

「やっとキタ!!」感がやばいです。笑
DJ HACKs的に、正直この2016年の夏一番のアンセムは何?と聞かれたら、間違いなくこの曲が一番にあがります。
リリースから24時間も経たぬうちに10万回Shazamされてるって、驚異的なペースじゃないでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?
夏ということで、やはりトロピカルテイストのものが人気でしたね。

しかし、Shazamも言っているように、リスナーはみんながみんなダンスミュージック、ポップミュージックを求めているわけではない。
ゆっくりのテンポで暗〜い曲も求めているのです。

いまやShazamは世界共通の音楽アプリとなり、シェアは世界各国にまで広がっています。
音楽の好みは十人十色! 世界にはいろいろな人種、いろいろなルーツを持った人がいるんです。
世界的に人気のポップスターの曲もいいですが、どっかわからないような国のシンガーの曲がShazamされることだってありえてしまう。

そういう意味で、改めて音楽って本当におもしろいですよね。
この夏聴きたいお気に入りの曲をみなさんも探してみてください!
DJ HACKsがおすすめするこの夏イチオシアンセム特集も、しばらくしたらアップする予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事