TOP > ニュース > EDMニュース > あれから10年!マイケミの名曲『Welcome To The Black Parade』をスティーヴ・アオキがアレンジ!

2016.11.28(Mon) DJ SHOTA EDMニュース

あれから10年!マイケミの名曲『Welcome To The Black Parade』をスティーヴ・アオキがアレンジ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スティーヴ・アオキがなんと世界的有名ロックバンドのマイ・ケミカル・ロマンス (マイケミ) とコラボ!
今からちょうど10年前の2006年に大ヒットしたマイケミの代表曲『Welcome To The Black Parade』をトラップ風にアレンジしたそうです。

steveaoki_2016

出典:TIME

mychemicalromance_3

出典:Rolling Stone

マイケミの名曲がスティーヴ・アオキの手によって生まれ変わる!

mychemicalromance_2

出典:Rolling Stone

あれから10年の月日が流れました。

2000年代に一世を風靡した世界的人気ロックバンドのマイ・ケミカル・ロマンス。
彼らの代表曲といえば、2006年10月9日にリリースされた『Welcome To The Black Parade』でしょう。

マイケミカル・ロマンス『Welcome To The Black Parade』

mychemicalromance

出典:facebook

全英シングルチャートでNo.1、アメリカのアルバム・チャートでもNo.1を獲得し世界中を沸かせた歴史に残る1曲でした。

この曲はただ盛り上がるだけじゃなくて、曲の展開もおもしろいんです!
曲の最初は、ピアノのイントロに、ボーカルのジェラルド・ウェイがしっとり歌い上げるパート。
だんだんマーチングバンド風のドラムが入ってきて、いきなり曲調が変わり、エレキギターのパンク風のパートに移るという展開。
最後の方のキーチェンジして高くなるところも最高に盛り上がるんですよね〜今聴いても本当に最高!!「We’ll carry on〜!!」

ちなみに、この曲が収録されているアルバム『The Black Parade』は、”死”をテーマにした内容になっています。
ミュージックビデオも、死を目前にした患者が主人公ですからね。歌詞もかなり深い!

解説つきの日本語訳・和訳が載っているサイトがありましたのでご紹介しておきます。
こちら→ およげ!対訳くん: Welcome To The Black Parade マイ・ケミカル・ロマンス (My Chemical Romance)

日本では、車のスバル・フォレスターのテレビCMソングとしてお茶の間で流れていましたね!

サッカーファンの方にとっては、やべっちFCで、ドイツリーグ(ブンデスリーガ)・ドルトムント所属の香川真司選手のハイライトのときにいつもBGMで流れる曲、というイメージもあるでしょう (ぼくもそうですw)。

スティーヴ・アオキがトラップにアレンジ!

なんと、Steve Aoki (スティーヴ・アオキ) がこの『Welcome To The Black Parade』の10周年を記念して、アレンジを加えた復刻版をリリース!やばい最高!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

2013年3月にマイケミのバンド解散ニュースが出た時、「好きだったのになー」と惜しんだことを今でも覚えています。
この曲は現在24歳のぼくにとって、ちょうど中学2年生という青春真っ只中のときに大ヒットした思い出の曲でもありました。
なので、今回スティーヴ・アオキが今風なアレンジを加え復刻してくれて本当にうれしい!

と同時に、「もうあの頃から10年が経ったのか…」と、時の流れの速さを思い知ることに。笑
すばらしい曲はこうやってカバーされて、後世に受け継がれていってほしいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

icatch

thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


DJHACKsの最新情報をチェック!

Twitter、Facebookで最新情報発信中!


Mixcloudで最新MIX配信中!
WRITER
DJ SHOTA
“DJとお客さんの架け橋になる” そんな思いを込めてスタートしたDJ HACKsがいつの間にか月間60万PVを達成。Googleでの「EDM」検索順位1位と絶大な支持を集めるようになっていった。 そしてDJ HACKsの成長と共にDJ SHOTAは2015年夏、DJ歴2年という異例のスピードで世界でも最大規模の野外フェス「electric Zoo Beach Tokyo」へ出演を果たす。 さらに2015年リリースしたEDM BEST MIXはiTunesチャート2位を記録するなど勢いを見せた。 2016年1月にはメイドインジャパンの国内最大EDMフェスティバル「electrox」にて若手ながら単独でオープニングアクトに大抜擢され一躍注目を集めた。 DJ HACKsでのあらゆる音楽を追求する姿勢はプレイスタイルにもダイレクトに反映され、まさに架け橋の如く様々なジャンルの”GOOD MUSIC”を繋いでいく。そのオープンフォーマットなスタイルを武器に多様なお客さんを踊らせ続け現場での支持率も急上昇中である。 DJとして音楽をプレイし、ライターとして音楽の良さを伝える、まさに次世代型ともいえるクロスオーバーはすべてにおいて新しく、未知なる可能性を秘めたDJ SHOTAの活躍に今後目が離せない。
関連記事